『FINE』の3曲目は【FREE】(以下【フリー】)。


 【フリー】は“二刀流”小林香織の面目躍如。アルト・サックスをサイドで鳴らし,フルート勝負のトラック!

 中学のブラバンでフルート担当だったという小林香織。年季の入ったフルートの音は,元気に“吹き鳴らす”アルト・サックスとは異なり“しっとり”と歌い上げる感じのプレイ。
 【フリー】は,ブラバン・香織嬢の思い出の一曲ということで,余計に「思い入れタップリ」の情感がたたずんでいる。“笛吹き”としてのテクニックも一流である。

 しかし,正直,聴き所は1分16秒からのアルト・サックスであろう。この短いフレーズでこんなに印象的に吹けるなんて…。
 抑えの効いた,珍しくも“物静かな”アルト・サックスは音色がいいので,つい“うっとり”と聴き惚れてしまう。
 そう。チリバツなフルートと,変幻自在なアルト・サックスは,もはや二刀流の域を超えた“四,五刀流?”である。
 【フリー】はポップスの超名曲であるが,管理人にとっては,小林香織を“本格派”ジャズメンと認識させてくれた“J−フュージョン”思い出の一曲である。

 ところで,CDのクレジットにベーシストの名前がない。なかなかの名演ゆえ,単なるミス・プリントではもったいない。どなたかベーシストについての詳細キボンヌ。

KAORI KOBAYASHI : Alto Sax & Flute
MASANORI SASAJI : Keyboards
TAKAYUKI HIJIKATA : Guitar
SHUICHI "PONTA" MURAKAMI : Drums