アナログレコード

 『HERE’S LEE MORGAN』の4曲目は【RUNNING BROOK】(以下【ランニング・ブルック】)。


 【ランニング・ブルック】は,ハード・バップ的なモードの香りが聴き所。“熱気”あふれる激しいハーモニーと,細かいフレーズをビシビシ決めながらも“自由奔放”なアドリブが飛び交っている。

 冒頭からイキのいい2管ユニゾンがバトルしていく! イントロから37秒までのメイン・テーマが燃えるのだが,38秒からのセカンド・テーマで,アート・ブレイキードラムが大炸裂! 全員が一気にスパークしていく! ここまでが完全なハード・バップ。

 その後のソロ・タイムでのアドリブがモード・エッセンス。クリフォード・ジョーダンテナー・ソロは,やや消化不良だが“似てない”ウェイン・ショーターと思えなくもない。
 リー・モーガンもモード・トランペットクリフォード・ブラウンの再来と言われたリー・モーガンクリフォード・ブラウンが吹くモード・トランペットってこんな感じなのかなぁ,と想像させるに十分の出来である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

LEE MORGAN : Trumpet
CLIFFORD JORDAN : Tenor Sax
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
ART BLAKEY : Drums


ヒアズ・リー・モーガン
人気blog ランキング バナー