アナログレコード

 またしてもジャズ・ジャーナリズムへの苦言で申し訳ないが,サックス・シーンやピアノ・シーンでは,次世代のスターが“雨後の筍”のごとく登場する。
 確かに騒がれるだけあって,皆,水準以上の実力者。“箸にも棒にも掛からない偽物だ〜”とか“金返せ〜”とかの“ハズレ”はないが,こうも続々とスターが誕生してしまうと,真の“NEW”スター=矢野沙織ブラッド・メルドーが“かすんでしまう”というものだ。
 管理人もジャズ批評家の端くれ。“いいものはいい”としか表現できない気持ちも良く分かる。しかしジャズ・ジャーナリズムに,プロとして携わっている方々には,プロである以上,もう少し紹介の仕方に工夫が必要ではなかろうか?

 さて,その点,トランペット・シーンは安心できる。ウイントン・マルサリスの大ブレイク直後は,やれウォレス・ルーニーだ,テレンス・ブランチャードだ,と相変わらずであったが,今では“まっとうな評価”で落ち着いている。近年ではティル・ブレナーがブレイクしたのが最後であろう。
 では,トランペット・シーンは“パッとしない”のだろうか? そのようなことは断じてない。いや,むしろ事実はその逆である。トランペット界のスター=ジャズ界のスターなのである!
 サッチモブラウニーマイルスウイントン! どうですか? いずれも納得のジャズ・ヒーローたちでしょ? サックスピアノほど“タマ”は多くなくとも,やはりジャズの花形はトランペット! 少数精鋭の激戦区を勝ち抜いて来た超大物でなければ,トランペットの第一位を占めることなど不可能なのだ。

 さてさて,前置きが長くなってしまったが,今回はリー・モーガンの紹介である。リー・モーガンの紹介のために,ジャズ・ヒーローの話を振ってみた。
 その心は,ズバリ,管理人にとってトランペットの“NEW”スターは何年経っても,リー・モーガンなのだから…。
 真面目に考えれば支離滅裂も甚だしい。第一,音がいかにも古臭い。今更“NEW”スターだなんて…。でも,でも…。

 リー・モーガンの特徴は,トランペット=金管楽器=メタリックな輝きである。リー・モーガンの音は,いつも“突き抜ける”感じで,ただただカッコイイ。なぜかリー・モーガンの音に“江戸っ子”の「イキ」を感じてしまう。
 あの“タイガー・ウッズ似”の容姿は,ただの棒立ちではイケテないが,彼がラッパを手にした瞬間,なんともサマになる。
 実にいい男だ! 憧れる! 鬼に金棒ならぬ“リー・モーラッパ”なのである。

 『HERE’S LEE MORGAN』(以下『ヒアズ・リー・モーガン』)は,そんな“音イケメン”の秀作である。
 “バリバリ”のド迫力プレイもあれば“シットリ”哀愁を帯びたバラードもある。トランペットはその性質上,ただでさえ目立つ楽器であるが,名うてのサイドメンたちが「リー・モー」を盛り上げるものだから,もう大変!
 リー・モーガンアドリブは“若気の至り”の絶頂期で,きっちり決まった“フォーマルな”演奏ばかりなのに,印象としては「自由で快心のアドリブ合戦」なのである。
 そう。『ヒアズ・リー・モーガン』は,リー・モーガンの特徴的な音世界が,ストレートにユニゾンしているのだ。
 サイドメンの音までもが“艶っぽく”聴こえてしまう程,全員で「リー・モー」している。CDの頭の一音から最後の一音に至るまで“ワクワク&ゾクゾク”してしまう。

 この感覚はウイントン・マルサリスの時にも感じたものだが,ウイントン・マルサリスの場合は,既に完成された,熊本名物“いきなり団子”状態でのデビュー。今後の“ノビシロ”などイメージできない,史上最高・最強のトランペッターの“おでまし”であった。
 その点,リー・モーガンはいい。若くして亡くなったゆえ“伝説”と化した。いつまでたっても円熟しない“早熟の天才”のままである。そう。“ワクワク&ゾクゾク”。(現実には有り得ない)次回作を楽しみにさせてくれるのだ。

 トランペット好きの読者の皆さんの中には,この管理人の気持ちに少なからず同意していただけるのではなかろうか?
 さあ,皆さんご一緒にコール&レスポンス! 「早く出てこい! 出でよ! リー・モーガンを越える,トランペットの“NEW”スター!」。

(1960年録音/BSCP-30050)

人気blog ランキング バナー