『STUDY IN BROWN』の1曲目は【CHEROKEE】(以下【チェロキー】)。


 【チェロキー】は,全編マックス・ローチの“裏拍子”ドラミングに乗せられて,コンボ全体が“ズンズン”と加速するスイング感! これだからハード・バップはやめられない。

 ユニゾンによる「インデイアンの雄叫び+のろしの白煙」がゆっくりと立ち昇った瞬間,突然のギア・チェンジ! アップダウンに急カーブ+悪路!
 【チェロキー】の聴き心地=乗り心地は,正にオフロードを突っ走る“ジープの【チェロキー】”と重なるものがある。 

 これは多分に超高性能エンジン=マックス・ローチの大排気量&大馬力のおかげであろう。
 4分15秒から55秒までと5分17秒から28秒までの2種類のソロの違いは,ホンダとフェラーリのF1エンジン音の違いである。 ← ハテナ?

 マックス・ローチがエンジンなら,クリフォード・ブラウンはハンドルである。この軽快なハンドリングは悪路も一切おかまいなし。決してジャズの“王道”を踏み外すことはない。
 1分18秒からのアドリブは,トランペッターなら決して避けて通れない,模範的なコース取りである。ジープの【チェロキー】改めロータス・ヨーロッパである。アウトロの“吹き流し”感が実にグレート!

CLIFFORD BROWN=MAX ROACH QUINTET
CLIFFORD BROWN : Trumpet
MAX ROACH : Drums
HAROLD LAND : Tenor Saxophone
GEORGE MORROW : Bass
RICHIE POWELL : Piano