《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は446位〜450位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★450.ALL THE THINGS YOU ARE
THE TRIO VOL.1
ハンプトン・ホーズ

--------------------------------------------------------------------------------------

★450.AUTUMN LEAVES
CONCERT BY THE SEA
エロール・ガーナー

--------------------------------------------------------------------------------------

★446.ON GREEN DOLPHIN STREET
OUTWARD BOUND
エリック・ドルフィー

--------------------------------------------------------------------------------------

★446.STARDUST
STARDUST
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★446.FACES AND PLACES
AT GOLDEN CIRCLE VOL.1
オーネット・コールマン

--------------------------------------------------------------------------------------

チェット・ベイカー・シングス★446.THAT OLD FEELING
CHET BAKER SINGS
チェット・ベイカー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ドルフィーコルトレーンオーネットと続く,フリー・ジャズ“第1世代”の“超大物”3人が見事に同時ランクイン
 “開祖”オーネット・コールマンが「フリー・ジャズ宣言」した同時期に発表された,エリック・ドルフィジョン・コルトレーン名演。まだまだオーネット・コールマンからの影響は感じられないが,この3曲を続けて聴いてみると,そこには必然性を感じさせる“一本の糸”があることに気付く?
 と,無理矢理にでも“ジャズ・ジャーナリズム風”に書いてみたいところでしたが,やっぱり管理人には無理でした。
 管理人の代わりに“こじつけではない”解説ができる方,いらっしゃいますか? いらっしゃるのでしょうか?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)