『FIRST DECADE』の2曲目は【BIENVENIDOS AL MUNDO】(以下【ビエンヴェニードス・アル・ムンド】)。


 【ビエンヴェニードス・アル・ムンド】は,小曽根流「トムとジェリー」 (「噂の刑事トミーとマツ」でも可)! ドタバタ劇の“追いかけっこ”を楽しめる。

 と言うのも,小曽根真の“ドライブ全開”のアドリブもあれば,童謡〜ジャズラテン〜バロックと目まぐるしく変化していく曲想! 何よりも“チャーミング”なテーマ! そう。【ビエンヴェニードス・アル・ムンド】は,小曽根真の“ユーモア”という個性が,ジャズピアノと見事にフィットした名演である。

 イントロから流れ出すテーマは,遠い昔に“きっとどこかで耳にした”童謡メロディ…。9秒や36秒のピアノのアタック音は,合図に合わせて“半身で振り返る”ピンク・パンサー!?
 主人の様子を“こそっと”伺う安堵感が,愛くるしいペットへの思いで溢れ出す。
 1分55秒からのピアノ・ソロと共に「トムとジェリー」の大登場! 一気に“追いかけっこ”開始となり,2分29秒からは第4コーナーを猛スピードで駆け抜けていく。

 【ビエンヴェニードス・アル・ムンド】は,小曽根真ピアノに“楽しくじゃれ合う”ジェームス・ジーナスクラレンス・ペンからの“愛情表現”! ムツゴロウ王国の世界観! “バロック風”ラテンジャズ・ビートが“たまらない”!

 いやぁ。この“爽快感”の体感者としては「アサヒ・黒生」のCMイメージ・ソングは【ビエンヴェニードス・アル・ムンド】の方が良かったのでは? と,酒場で勝手に論争を引き起こす毎日である。
  
THE TRIO
MAKOTO OZONE : Piano
JAMES GENUS : Bass
CLARENCE PENN : Drums, Percussion