『PORTRAIT IN JAZZ』の6曲目は【PERI’S SCOPE】(以下【ペリズ・スコープ】)。


 【ペリズ・スコープ】は,親しみやすい“メジャー”テーマとジャズ・ピアノの“強さ”を兼ね備えた,エヴァンス・ファンにはお馴染みの名トラック!

 イントロから“ノリノリ”のビル・エヴァンストリオの演奏が“軽快&快調”に進みゆく。16秒から20秒までの,小声で静かな“ピアノピアノ”がアクセント!
 29秒から,ビル・エヴァンスアドリブが始まると,そこはすっかり“ジャズピアノの世界”。ビル・エヴァンスの左手が名サポーターとなり大活躍。右手は相変わらず雄弁だ。ず〜っと聴き所が持続する。
 2分38秒からのテーマは,ワン・オクターブ上の“弾んだ”音色で語り出す。ビル・エヴァンスの高揚感が感じられて,愛おしい。
 
BILL EVANS : Piano
SCOTT LaFARO : Bass
PAUL MOTIAN : Drums