『NOW’S THE TIME』の12曲目は【CONFIRMATION】(以下【コンファメイション】)。


 【コンファメイション】を聴き終えた後の“爽快感”が実に気持ちいい! ノリノリの“流ちょうな”アドリブは正に,チャーリー・パーカーの真骨頂&専売特許!

 さすがに現代のジャズ・ジャイアントたちの“洗練された”ジャズには“力負け”してしまうが,チャーリー・パーカーの“切れ味”は未来永劫・別格だ。
 簡単に言えば“パーカー節”なのだが“急発信&急停車”の連続で,凡人には危険キワマリナイ“命懸け”のドライブなのだが,天才は涼しい顔して,アルトサックスを意のままに操っていく。(辛い車酔いではなく)この音にいつも酔いしれてしまう。

 よく聴くと“熱演”であるはずなのに,印象としては“軽快&すがすがしさ”を感じてしまう。
 そう。キーワードは「透明感」だ! やはり,チャーリー・パーカーは“空高く舞う・BIRD”である。

 【コンファメイション】は,ノッケから最後まで一気に聴かせてくれる,チャーリー・パーカーにとっての“鼻歌”である。
 実は超絶技巧が求められる難曲なのだろうが,チャーリー・パーカーのプレイには,一生懸命さを感じない。“こんなのおちゃのこさいさい”とばかりに笑っている。楽々と歌っている。

 聴き所は180秒,つまり3分0秒の一曲丸ごとである。もう無心で“パーカー・フレーズ”に耳を這わせるしかあるまい。
 このレベルの名演になると読者の皆さんも,批評どころの“騒ぎ”ではなくなってしまうはずなのだから…。

CHARLIE PARKER : Alto Saxophone
AL HAIG : Piano
PERCY HEATH : Bass
MAX ROACH : Drums