『WATERMELON DANDIES』の1曲目は【ワクワク・ソンゴ!】。


 【ワクワク・ソンゴ!】は,典型的な松岡サウンド! イントロから始まるパーカッションのアタックにドラムキーボードのユニゾン・バッキング!
 このわずか2秒の音だけで「あっ,松岡直也だ」と識別できてしまう。その後のグルーヴ感と言ったら…。正に“松岡ワールド”全開である。

 【ワクワク・ソンゴ!】の前半は菅野真吾カルロス菅野ボーカルがメロディーを綴っていく。ビートに言葉が乗っかっていくので,ボーカルが不思議と気にならない。ラテン・フュージョンの持ち味そのまんま。邪魔していない。

 1分56秒からのJAZZYなピアノベースの“絡み”が合図となって,後半はメンバーの短いソロ回しが大フューチャー。
 「ん〜快感」のフレーズに合わせパーカッションギターが唸り出す。聴き所は松岡直也キーボード・ソロ直後,3分24秒の「ヘイ!」で一応の盛り上がりを見せた後の二巡目のソロ回し。
 特にウィリー長崎菅野真吾へと続く幾分長めのパーカッション・ソロ。二人のプレイ・スタイルを聴き分けられる絶好のチャンスである。

 しかし真の聴き所は,最高のソロ回しを支える的確なユニゾン・バッキング。この“ノリ”こそが,松岡直也の醍醐味!
 フュージョンのハイテク・ソロに熱狂するのは頭の中。身体はラテンのリズムに反応している。身体は実に正直である。

NAOYA MATSUOKA : Keyboards
GETAO TAKAHASHI : Bass, Vocal
HIROMICHI TSUGAKI : Keyboards
NORIYUKI HIROSE : Drums
AKIRA WADA : Guitar
WILLIE NAGASAKI : Timbales
SHINGO KANNO : Congas, Vocal