WATERMELON DANDIES-1 なんとなく,夏と言えば“ラテン・フュージョン”! “ラテン・フュージョン”と言えば“大御所”松岡直也である。やはりホットな夏には,この“分厚いリズム”が恋しくなる。

 基本的にラテン,サルサ系のリズムは大体どれもワン・パターン? リズムの微妙な違いは管理人には正直よく分からない。
 ではどれも同じに聴こえるかと言うとそうではない。同じリズムが鳴っているようで,そこにはトラック毎の個性がある。
 イントロの数音で「あっ,このトラックだ」と判別できる。不思議なものである。

 この“なぞ”を解くカギがある。そう。それこそ松岡直也ピアノシンセサイザーが織りなす“唯一無二”の音作りにある。
 音楽活動50年以上のキャリアを有する歴戦のツワモノは,ジャズフュージョンのみならず,映画・TV・CM界でも大活躍。他のアーティストのプロデュースもするし,日本レコード大賞の作曲賞&編曲賞も受賞している。なんともマルチな才能である。

 しかし松岡直也,最大の才能こそ“ラテン・フュージョン”! ラテンのリズムの使い方が上手いのだ。
 無理なくスイスイ,極上のメロディを“分厚いリズム”へと乗せていく。彼自身のピアノの音だけではない。強力なリーダーシップでバンド全体をもコントロールしていく。
 この優れたバランス感覚が,イントロの数音でそれと分かる,トラック毎に特有の“彩り”を添えているのである。

 そんな松岡直也が強力に“夏”を意識したのが『WATERMELON DANDIES』(以下『ウォーターメロン・ダンディーズ』)!
 しかしこの夏は「盛夏」「汗だくの夏」「情熱の夏」と言った“燃える”世界ではない。もっと“ほのぼの”とした,きらめく夏の想い出! 何と言っても「スイカ男」がテーマなのですから…。
 金魚売り,風鈴売りのような,それはそれは“風情”感じる「小学生の頃大好きだった」夏の音なのである。楽しい長〜い夏休みの音。スイカ割り? スイカの丸かじり?

 夏休みの想い出が多岐に渡っているように『ウォーターメロン・ダンディーズ』も実にカラフル!
 “ラテン・フュージョン”と一言で片づけるのは実に勿体ない。タンゴサックスボーカルなど,いつもの松岡直也では“お耳にかかることの少ない”編成も新鮮だ。

WATERMELON DANDIES-2 『ウォーターメロン・ダンディーズ』の“目玉”は3曲のボーカル・ナンバーだろう。歌入りだから好きとか嫌いとか,そんな次元を飛び越えて無条件に楽しめる。自然と身体が反応してしまう。「ボーカル=リズム楽器」説もまんざらウソではない。

 『ウォーターメロン・ダンディーズ』で感じる,いい感じのJAZZYさ,けだるさこそ,松岡直也の夏=“ラテン・フュージョン”の夏! 「いよっ,スイカ男〜」!

  01. ワクワク・ソンゴ!
  02. A FIRST FLIGHT
  03. TANGO RENGUE
  04. A MIDNIGHT LAMENT
  05. SUN DOWN
  06. ペリエにレモン
  07. MAMBO ISLAND
  08. WATERMELON DANDIES

(ワーナー・パイオニア/WARNER-PIONEER 1986年発売/32XL-151)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)