『TO THE STARS TOUR EDITION/DISC 1』の8曲目は【ALAN CORDAY】(以下【アラン・コーデイ】)。


 【アラン・コーデイ】は,チック・コリアの「スペイン嗜好&アコースティック指向」が入り交じった大作である。
 全体的には落ち着いたトーンの“聴かせる”ナンバーであるのだが,フラメンコ風“キメッ”のテーマがアクセントとして随所に登場! その瞬間にトリップしてしまう。

 10年程前に一世を風靡した,懐かしい「アンプラグド」な世界に,スペインの“情熱”が織り込まれたテーマに心奪われてしまう。アドリブとユニゾンの“波”が交互に押し寄せては消えてゆく。刹那的な美しさが全編を支配する。

 4人のソロが“揃いに揃って”全員饒舌! しかし饒舌すぎることはない。いいところで,全ては流れるように消え去ってゆく…。
 2分35秒からのチック・コリアピアノ・ソロは珍しく音数が多く,しっかりと鍵盤上を転げ回る。“ピアニストチック・コリアを久々に聴ける。
 3分24秒からのフランク・ギャンバレギター・ソロが【アラン・コーデイ】のハイライト! 早弾きなのにムーディなアコギは,これ見よがしにテクニックをひけらかさない,エレクトリック・バンドの“ポリシー”を代弁した快演である。

 個人的には6分7秒から15秒までのユニゾンが「帰ってきた,チック・コリア・エレクトリック・バンド!」を感じて,ついつい熱狂してしまう。

CHICK COREA ELEKTRIC BAND
CHICK COREA : Keyboards, Piano
FRANK GAMBALE : Guitar
ERIC MARIENTHAL : Sax
JOHN PATITUCCI : Bass
DAVE WECKL : Drums