『MINT JAMS』の5曲目は【DOMINO LINE】(以下【ドミノ・ライン】)。


 【ドミノ・ライン】とは正にピッタリのネーミング! スリル満点! ノン・ストップで全てのリスナーを「なぎ倒していく」このビートに,もう乗っかるしかないでしょう。

 野呂一生ギターがメイン・テーマをかき鳴らし,向谷実キーボードがアクセントをつけていく。フロント二人による絶妙のユニゾンに“狂喜乱舞”してしまう。
 特に6分21秒からの野呂フレーズから“独り立ち”した,向谷実キーボード・ソロが高らかに飛翔し,グルグルと中天を旋回するのだが,6分50秒から「1オクターブ上」のユニゾンとして再び地上へ舞い降りてくる。
 もう我慢できない。ここでいつも心拍数が上昇してしまう。

 最強のユニゾンを支える最強のリズム・セクションには全世界からの賛辞が殺到した! 「ドミノ倒し」〜ベース・ソロ〜ドラム・ソロは,CD収録ライブにおける“現場”でのハイライトであろう。
 
 【ドミノ・ライン】は,カシオペアの4人全員が主役である!
 超カッチョイイ“キメ”のオンパレードゆえ,細かい点を“根掘り葉掘り”解説したくなるのだが【ドミノ・ライン】は,全てを忘れて“アドリブの洪水”にただ,身を委ねてみてほしい。一気に聴き通すことが感動に浸るコツである。

 そして最後に称賛すべきは,野呂一生のメロディ・ラインと,それを“具現化”するカシオペアというスーパー・バンドの表現力! この一点に尽きる。

CASIOPEA
ISSEI NORO : Electric Guitar
MINORU MUKAIYA : Keyboards
TETSUO SAKURAI : Electric Bass
AKIRA JIMBO : Drums