アナログレコード

 『SOLO MONK』の4曲目は【NORTH OF THE SUNSET】(以下【ノース・オブ・ザ・サンセット】)。


 【ノース・オブ・ザ・サンセット】は,セロニアス・モンクの“音・遊び”である。
 セロニアス・モンクは“不遇の時代”にピアノの響きを,来る日も来る日も,一人自室で研究していたと言う。
 管理人は,そんなセロニアス・モンクの実験結果が【ノース・オブ・ザ・サンセット】に色濃く出ている,と思っている。

 このメチャ自由な奔放さ! “飛び跳ねた”感じのアタック音はセロニアス・モンクピアノを“おもちゃ”として楽しんだ足跡!
 そう。遊びまくって,ピアノの超・おもしろい鳴り方をモンクは一人,アトリエで見つけたのだ。

 イントロの“行ったり来たり”にやられてしまう。やっと歩き出したかと思うと,すぐにまた寄り道してしまう。まるでジャッキー・チェンの“酔拳”! 意識がはっきりした状態での“千鳥足”! これぞ“ザ・ユニーク”の決定版である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THELONIOUS MONK : PIANO


ソロ・モンク
人気blog ランキング バナー