アナログレコード

 『SOLO MONK』の3曲目は【SWEET AND LOVELY】(以下【スウィート・アンド・ラヴリー】)。


 【スウィート・アンド・ラヴリー】は,アップテンポ+メロディアス=明るいはずなのに,どことなく暗い。二重人格のように「裏と表」「陰と陽」が同時に交錯している。

 イントロからいきなり上機嫌で入ってくるものの,17秒から24秒のフレーズで,すぐさま腰を折られてしまう。出だしから2度同じ事を繰り返されるのだから,リスナーが情緒不安定になってしまうのも,致し方ないであろう。
 そう。一気に頂上まで上ってしまいたいのだが,なんだか足下を一歩一歩確認しながらでないと足を踏み外しそうで恐い。そんな感じ。← いいんですよ〜。どうせ管理人以外には分からないんだから…。

 ただでさえ“調子外れ”のセロニアス・モンクピアノが,この見事な“ズッコケ”と相まってたまらない。聴き終わっても,ず〜っと耳から離れない。しかも幸か不幸か“落ちる”アドリブばかりを“ヘヴィー・ローテ”してしまう。
 モンク中毒者にとってはカタルシス! そうでなければ拒絶反応! セロニアス・モンクの世界を受け入れられるか“リトマス試験紙”的トラックの代表格であろう。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THELONIOUS MONK : PIANO


ソロ・モンク
人気blog ランキング バナー