『MELODY BOOK』の1曲目は【EYES OF THE DRAGON(OVERTURE)】(以下【アイズ・オブ・ザ・ドラゴン(オーヴァチュア)】)。

 
 ザ・スクェア・ファンの読者なら,1曲目と9曲目のトラック名が同じで,1曲目が9曲目の“チラリズム”という構成を見て『ADVENTURES』を思い浮かべるかもしれない。そう。ザ・スクェア初の大ヒット・アルバムである。
 つまり【アイズ・オブ・ザ・ドラゴン(オーヴァチュア)】は,安藤まさひろにとっては【アドヴェンチャー】的位置付けと見た!
 仮にそうではないとしても,無意識にそうしていたとしたら“大ビンゴ”! ビンゴの方がうれしいので,この推論が外れていますように…。 ← 管理人の文脈の方が本論を外れている…。

 【アイズ・オブ・ザ・ドラゴン(オーヴァチュア)】は,7/8拍子という変拍子に上を,それはそれは“白馬の王子様”のように素敵な,極上のメロディー・ラインが自由に駆け巡っていく!
 37秒からのテーマ1と53秒からのテーマ2が繰り返し交錯し,うねうね前進する感じが“ドラゴン”ぽくて,気持ちいい。
 管理人の中での,この“ドラゴン”のイメージは「まんが日本昔ばなし」のオープニングに登場する“坊や”を背中に乗せた龍! さあ【アイズ・オブ・ザ・ドラゴン(オーヴァチュア)】の背中に乗って,いざ“安藤ワールド”探検の扉を開きましょ。

 ん? 白馬なのか,龍なのか? お好きな駄獣をお供に…。 

MASAHIRO ANDOH : Electronic Guitar, Acoustic Guitar
MASANORI SASAJI : Synthesizers, Keyboards
DAREK LANE JACKSON : Bass
JUN AOYAMA : Drums