『PORTRAIT IN JAZZ』の5曲目は【WHEN I FALL IN LOVE】(以下【ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ】)。


 【ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ】のビル・エヴァンストリオは,実に“端正”で落ち着いた演奏。これこそピアノ・トリオの“お手本的な”名演である。

 普段ほとんどジャズを聴かない人たちが,それはもう勝手に抱いている“ジャズの流れるシチュエーション”として,お洒落なバーでブランデー片手に,という映像がある。管理人がジャズ好きだということが知られると,大抵,お奨めのジャズ・バーについて尋ねられてしまうからだ。
 あまり外で飲む習慣はないので,答えに窮していつも困るのであるが,その質問のイメージ自体はよ〜く分かる。

 管理人がジャズを聴くスタイルは「CDプレイヤー+ヘッドホン+正座」である(あっ,正座は冗談です。でも背筋を伸ばして聴いています)。あまり“ながら聴き”はしないたちである。
 しかし,それはCD1,2枚が限度。そのうちリクライニング・シートに移動し“ボーっと無心で”間接照明&ウイスキー。
 “ジャズ&ブランデー”という世間一般のイメージは管理人に関する限り“真実”なのである。

 そんな時“酒のつまみ”によく聴くのが,この【ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ】だったりする。この“端正”な演奏が実に心地よい瞬間があるからだ。

 今夜は真面目に?その秘訣を探るべく正座して聴いてみた。まず,このよく知られたテーマに“ホッと”させられる。覚えにくいメロディだとこうはいかない。
 次に2分24秒から2分32秒までの一瞬の盛り上がり! ここが絶妙の“スパイス”となっている。その後はすぐにクール・ダウン。この“緩急自在の大人の演奏”が“ほろ酔い”加減にちょうどいい。
 そう。【ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ】の“中の上”あたりを狙った(と思われる?),ピアノ・トリオの模範的な演奏から来る,安定感! そこに今夜も癒やされている。

BILL EVANS : Piano
SCOTT LaFARO : Bass
PAUL MOTIAN : Drums