WELCOME TO THE MINORU'S LAND-1 「トレイン・シュミレーター」系の発売ラッシュで“売れっ子”となった向谷実であるが,彼のソロCDの歴史は『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』(以下『ミノル・ランド』)から始まった。

 すでに現在の向谷実を予感させるトラックもあって大変興味深いのではあるが,一人多重録音による徹底した音楽へのこだわりは“鉄道おたく”を越えた“音楽おたく”そのものである。
 CD全編「これぞ向谷実」の音世界。個人的趣味丸出し=素・本性・地の丸出しの完全に“自己満足の世界”ではあるが“由緒正しいソロCD”なのだから誰にも遠慮はいらないはず。ここまで“やり切る”のが至極当然。ゆえに出来には文句な〜し。
 この“潔さ”そして“ハート・ウォーミング+陽気な音”が,カシオペア・ファンとしてはたまらなくうれしかった。

 最近の向谷実の“突出ぶり”ははなはだしい。以前から音楽活動以外でも,例えばFM東京「ビート・カフェ」でDJをやったり,NHKへの出演も多かったりと“正統派の話し手=司会屋実”としても大活躍していたのだったが,近年の向谷実のファン層が“キーボードおたく&MCおたく”以上に“鉄道おたく”で埋め尽くされてきたからもう大変。
 今では旧友のよしみか「タモリ倶楽部」への出演も果たし,もはや向谷実を“カシオペアキーボード・プレイヤー”と紹介する人の方が少なくなってしまったのでは?

 そこで『ミノル・ランド』! このソロCDは,カシオペアの絶頂期にリリースされたこともあり,純粋に向谷実の“フュージョン愛”が感じられる。やはり向谷実の原点は“カシオペアキーボード・プレイヤー”に違いない。

WELCOME TO THE MINORU'S LAND-2 さて『ミノル・ランド』発売時のカシオペアは,しばらくバンド活動を休止して,各自のソロ活動真っ盛り! メンバー4人全員がソロCDを同時期に制作していた。

 管理人はメンバー全員のソロCDを購入し聴き比べてみたのだが,この『ミノル・ランド』が,一番フュージョンからは遠く,しかし一番カシオペアの音に近かった。
 それは向谷実キーボードの“響き”がカシオペア・サウンドの特徴となっていたからであろう。普段はギターベースを耳で追っているつもりだったので,こんな感想を持つなんて,正直,自分でも驚いてしまった。潜在意識の中では「カシオペア向谷実」がインプットされていたのかもしれない。

 この“意外な新発見”に気付いてからというものカシオペアの聴き方が変わったものである。向谷実カシオペアの「司会担当」などではなく「彩り担当」であった。
 尤も,一人多重録音は音質的にはNG。管理人は後年,高音質なゴールドCD盤仕様の『ミノル・ランド』を買い直してみたのだが,どうにも“薄っぺらい”機械音が嫌いで,未だ真剣に聴き込む気にはならない。読者の皆さんにも“カシオペア流の響き”が勝負のゼネラル・オーディオ向きと割り切って聴いてもらいたい。

WELCOME TO THE MINORU'S LAND-3 ところで,8/1,ついにカシオペアの29年に渡る活動に終止符が打たれた!
 “青春の1ページ”が終わった寂しさで一晩中涙に明け暮れてしまったのだが,近年の“スカスカ状態”を知る者としては,やがて来るこの日の覚悟はできていたのだろう。一晩泣き明かして迎えた“朝焼け”時には「やっぱりなぁ」と言う感想しか持ち合わせていなかった。
 こうなったらこうなったで「災い転じて福となす」だ。野呂さんも向谷さんもガンガン,ソロCDでも作っておくれ〜!

  01. 2つのピアノのためのプレリュード
  02. ASIA
  03. TAKE THE SL TRAIN
  04. SPACE TRIP
  05. RECOLLECTION
  06. ROAD RHYTHM
  07. KAKEI
  08. FAMILY LAND
  09. 1940

(キングレコード/ELECTRIC BIRD 1985年発売/228E6015)
(ライナーノーツ/向谷実)
(☆ゴールドCD盤仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)