『FINE』の2曲目は【ENERGY】(以下【エナジー】)。


 【エナジー】で感じる“ポップ感”は,笹路正徳プロデュースの賜物。そう。正に豪華なポップ・チューン! う〜む。
 【エナジー】の持つ,メジャー&キャッチーの連続は嫌いじゃないが,ここまでの“ポップス寄り”のアレンジはどう考えても笹路の“やりすぎ=オーバー・ファンク?”である。
 お陰でフュージョン特有の“ドキドキ感”が薄められてしまっている。マジで“アイドルのシングル曲”っぽくて管理人的にはNGである。

 “アイドル”小林香織を売り出したいのであれば,サックスを取り上げてマイクを持たせるべきである。
 こんなにもポップス風では,純粋に“フュージョンの王道”を追求している小林香織がかわいそう。ブラスを始めとするJ−FUSIONのオールスター・メンバーにも失礼であろう。
 そう。小林香織には“正々堂々”とアルト・サックス一本で勝負させてあげてほかった。小林香織ならそれができる! 小林香織のテクニック&ハートは“ジャズメン”と呼ぶに十分ふさわしいレベルにあるのだから…。

 例えば2分22秒から始まるアルト・ソロは,バリバリのフュージョンサックス。ここで聴かせる“迫力満点”のアドリブは,ポップなバックなどお構いなし。【エナジー】を魂に吹き込む,フュージョン特有の“ホット”なアドリブである。この路線をもっとフューチャーしてくれたなら,管理人の評価は最高点だったかもしれない。
 4分35秒からのラスト・テーマでのアドリブでは“完全燃焼”で吹ききった感が漂っている。この演奏は良い。

 【エナジー】の持つメジャー&キャッチーな魅力を,一度,かなり“ジャズ寄り”のアレンジで聴いてみたいものである。

KAORI KOBAYASHI : Alto Sax & Flute
MASANORI SASAJI : Keyboards
TAKAYUKI HIJIKATA : Guitar
KENJI HINO : Bass
SHUICHI "PONTA" MURAKAMI : Drums
ERIC MIYASHIRO : Trumpet
TOSHIO ARAKI : Trumpet
MASATO HONDA : Alto Sax
OSAMU YOSHIDA : Tenor Sax
EIJIRO NAKAGAWA : Trombone
KOICHI NONOSHITA : Bass Trombone