『PORTRAIT IN JAZZ』の4曲目は【WITCHCRAFT】(以下【ウィッチクラフト】)。


 【ウィッチクラフト】は名トラックである。読者の皆さんには,まずこの点をしっかりと押さえておいていただきたい。
 管理人の“ジャズ批評家”としてのプライドをかけてここに提言するが,世間の下す【ウィッチクラフト】への評価は余りにも低すぎる!

 『ポートレイト・イン・ジャズ』と言えば,世間では【枯葉】【降っても晴れても】【いつか王子様が】【スプリング・イズ・ヒア】【ブルー・イン・グリーン】の名が挙がる。この結果は至極当然のこと。さして異論はない。
 残念なのが【ウィッチクラフト】についての評価を尋ねた場合。ほとんどの場合,ハテナ?あるいは“ああ,そう言えば”的な反応に終始する…。

 NO.1に挙げろ,とまでは言わない。ただ,もっと評価のしようがあるだろうに,と思ってしまう。真にガッカリである。いや,この低評価に憤りさえ感じてしまう。全てのジャズ・ファンに,もう一度“評価の見直し”をお願いしたいほどなのだ。
 なぜならば,管理人的には『ポートレイト・イン・ジャズ』の中で,エヴァンス“らしさ”を色濃く感じるのが,何を隠そう【ウィッチクラフト】だからである。

 このエヴァンス“らしさ”を説明するのは難しいのだが,互いに剣を交えることで剣を“研ぎ合う”的なこと。勝つ負けるの勝負ではなく,腕を上げるための“手抜きなし”の腕試し的な…。そう。ここは命懸けの寸止めの世界。ここに“美”が宿っている。

 【ウィッチクラフト】の構図はこう。( エヴァンスの左手 < リズム隊 < エヴァンスの右手 )+ 耽美主義!

 序盤は左手一本でリズム隊の頭を押さえつけていたビル・エヴァンスピアノであるが,スコット・ラファロベースが暴れだすと,もはや押さえが効かなくなる。
 なんとなく「暴動を制圧にかかる政府」の描写のようであるが,ビル・エヴァンスジャズ・ジャイアントであることを忘れてはならない。
 ビル・エヴァンスは暴動を力業ではなく自分の右手で,それはそれは美しいフレーズを奏でて制圧にかかる。スコット・ラファロポール・モチアンも納得の,最高のアドリブで静まりかえったのである。

 NO.1とは言わないが…。by 「アドリブログ」+【ウィッチクラフト】評価向上委員会。

BILL EVANS : Piano
SCOTT LaFARO : Bass
PAUL MOTIAN : Drums