『TO THE STARS TOUR EDITION/DISC 1』の4曲目は【MISTRESS LUCK−THE PARTY】(以下【ミストレス・ラック−ザ・パーティ】)。


 【ミストレス・ラック−ザ・パーティ】は,3曲目から一転“ラテン系”! サルサ?のリズムで艶やかに“お色直し”!
 とにかく全員ノリにノッテいる! レッツ・ダンシング!のウネウネ・ビートは“ザ・パーティ”そのものだ。

 チック・コリアピアノがバッキングにまわり,エリック・マリエンサルフランク・ギャンバレを後ろからあおりまくっている!
 久々にチック・コリアの“スパニッシュ”なピアノの味を堪能できて,ヒデキカンゲキ( ← 分かるかなぁ )っと,フランク・ギャンバレが感傷ギャグに浸ったかは定かではないが,彼のエレキ・ギターチック・コリアから発せられる“刺激&指令”にダイナミックに反応している。
 最初から最後までレッド・ゾーン入りっぱなしなのであるが,1分52秒からの“節回し”こそフランク・ギャンバレの専売特許。気分爽快のジャズギターである。

 【ミストレス・ラック−ア・ポートレート】の1.5倍速?で繰り広げられるアドリブの応酬は聴き応え十分! やはり【−ア・ポートレート】が“抑えめ”の好演であったことが,結果よく分かる。

CHICK COREA ELEKTRIC BAND
CHICK COREA : Keyboards, Piano
FRANK GAMBALE : Guitar
ERIC MARIENTHAL : Sax
JOHN PATITUCCI : Bass
DAVE WECKL : Drums