アナログレコード

 『PAT METHENY GROUP』の5曲目は【APRIL JOY】(以下【エイプリル・ジョイ】)。


 【エイプリル・ジョイ】は4曲目【エイプリル・ウィンド】の組曲として語られることが多い。
 もちろん,タイトルからしてもCDの構成からしても,それが“正解”ゆえ異論を唱えるつもりなどないのだが,全体として感じる曲のテイストは【エイプリル・ウィンド】よりも,2曲目【フェイズ・ダンス】に近いかな?

 実際に曲の後半で【フェイズ・ダンス】のフレーズが割って入ってくる。それで何分何秒からフィルインするのか調べてみようと,繰り返し聴いてみる。
 しかしそんなの無意味! 毎回【エイプリル・ジョイ】のメロディ・ラインに注意を奪われ,何分何秒からなのかは判別不能。あきらめざるを得なかった。この辺りが【エイプリル・ジョイ】の魅力である。
 よろしければ読者の皆さんにも,是非挑戦して欲しい。そして結果をお教いただければ,これ幸い。ただし相当な集中力が求められますが…。

 【エイプリル・ジョイ】は2部構成。4分8秒からのシンセによって第2幕が切って落とされるが,このライル・メイズの奏でるテーマが,ボディ・ブローのごとく“じわじわと”身体に効いてくる。
 第1部のイントロがまたいい。メロディアスなマーク・イーガンベース・ソロからパット・メセニーギター・ソロへのつなぎっぷりが最高。二人ともよく歌っている。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

PAT METHENY GROUP
PAT METHENY : 6-and 12-String Guitars
LYLE MAYS : Piano, Oberheim Synthesizer, Autoharp
MARK EGAN : Bass
DAN GOTTLIEB : Drums


想い出のサン・ロレンツォ
人気blog ランキング バナー