アナログレコード

 『WAY OUT WEST』の3曲目は【COME, GONE】(以下【カム・ゴーン】)。


 【カム・ゴーン】こそ,最初から最後まで全開で飛ばしまくる“世紀のアドリブ王”ソニー・ロリンズの真骨頂!
 この演奏はトリオの“それ”というよりも,ソニー・ロリンズの“突出した”ロング・ソロにリズム隊が“服従”させられた印象を受けてしまう。
 当時の人気NO.1! レイ・ブラウンシェリー・マンをもってしても,ついて行くのが“やっと”。ロリンズの桁違いな才能を推し量ることができる。

 一瞬一瞬で七変化するソニー・ロリンズアドリブを解説するのは至難の業! 右に行くのか左に行くのか予測不能の大展開! 正に【カム・ゴーン】。
 1秒1秒が聴き所ゆえ,読者の皆さんは,近くの“ロリンズ通”に手ほどきをお願いしながら聴くのがよいと思う。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SONNY ROLLINS : Tenor Sax
RAY BROWN : Bass
SHELLY MANNE : Drums


WAY OUT WEST
ランキングを見てみよう!