アナログレコード

 『COOL STRUTTIN’』の1曲目は【COOL STRUTTIN’』(以下【クール・ストラッティン】)。


 “洗練された都会の女性が,自分の魅力を嫌味なく誇示しながら,颯爽と歩いている。向かうはデートの待ち合わせ場所?”
 こんな感じで,自由にイマジネーションを膨らませてくれる最高のジャケット写真は【クール・ストラッティン】のモチーフそのもの。
 
 一発で覚えてしまうであろう,キャッチーなテーマの狭間を,自由にピアノスイングする。正に【クール・ストラッティン】!
 モダンに気取ったようでいて,どことなく古くささをも感じさせてくれる。NYの五番街で“昔ながらのステップ”を踏んでいるかのような…。

 ソニー・クラークピアノを随所に挟みながら,アート・ファーマートランペットジャッキー・マクリーンアルト・サックスポール・チェンバースベースがソロを取る。全員がゆったりとしたリズムに乗せられて“伸びやかに”歌いまくっている。素晴らしい! これぞJAZZY

 51秒からの入りと1分43秒からのテーマ作り。5分42秒からのソロ。バックに廻っての伴奏づけ。“ピアノ職人ソニー・クラークの本領発揮である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SONNY CLARK : Piano
ART FARMER : Trumpet
JACKIE McLEAN : Alto Sax
PAUL CHAMBERS : Bass
“PHILLY”JOE JONES : Drums


Cool Struttin'
ランキングを見てみよう!