アナログレコード

 『SOLO MONK』の1曲目は【DINAH】(以下【ダイナ】)。


 【ダイナ】でのセロニアス・モンクは“あか抜け”た印象。単純に「明るい」「ノー天気」というのとは訳が違う。
 例のモンク“くささ”が“いい感じ”なあんばいなのである。

 【ダイナ】と言えば,左手の芸術“ストライド奏法”。全編に渡る「ズン・チャ、ズン・チャ」のリズムがチョー気持ちいい! この影響でセロニアス・モンク特有の“間”や“崩し”が薄められ,ちょうどいい感じの味付けなのである。口の中でフワーっと,あるいはパット広がる“おいしさ”。これこそ右手によるアドリブ

 1分20秒から52秒までのリズム感あふれる“はじけた”プレイに,セロニアス・モンクの高いジャズ・センスが感じ取れる。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THELONIOUS MONK : PIANO


ソロ・モンク
人気blog ランキング バナー