アナログレコード

 『THIS IS THIS』の6曲目は【CONSEQUENTLY】(以下【コンセクエントリー】)。


 【コンセクエントリー】はビクター・ベイリーの自作自演。
 “ベーシストビクター・ベイリーが,スローなベースでドラマを演出している。“泣きのギター”という表現は多いが,ここでのビクター・ベイリーは“泣きのベース”!

 全編そうなのだが,特に2分57秒から3分12秒までが“大泣き”している。
 加えて,ビクター・ベイリーの掛け合い相手,ジョー・ザビヌルのエキセントリックなキーボードが“泣き”に追い打ちを掛けている。
 3分47秒から50秒の音のかぶせ方が絶妙である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WEATHER REPORT
JOSEF ZAWINUL : Keyboards
WAYNE SHORTER : Saxophone
VICTOR BAILEY : Bass
MINO CINELU : Percussion, Vocals
PETER ERSKIN : Drums


This Is This!
ランキングを見てみよう!