『PARKER’S MOOD』の1曲目は【STELLA BY STARLIGHT】(以下【星影のステラ】)。


 【星影のステラ】の名演は多いが,キース・ジャレットチック・コリアの代名詞的ナンバーなので,ピアノによる“静かな”プレイ向きという印象を持っている。
 しかし【星影のステラ】には,パーカーマイルスミンガスといった“ハード・バップ”の“ホットな”名演が残されていることも忘れるわけにはいかない。 

 さて,渡辺貞夫である。ナベサダ流の【星影のステラ】は断然後者! イントロの“スーッ”とした印象はご愛敬。すぐにバックを引っ張る(バックにあおられ?)熱気を帯びてくる。そう。メンバー全員馴染みの曲なのだろう。よく歌っている。
 3分35秒からのジェームス・ウィリアムスピアノ・ソロは非常にダイナミック! 6分25秒からのチャーネット・モフェットベース・ソロもハイ・テクニックでメロディーを奏でていく。

 しかし,このトラックの主役は“格上”渡辺貞夫である。【星影のステラ】の持つロマンティックな響きを“あの”渡辺貞夫アルト・サックスの音色が飾り付けしていく。“世界一”のアルト・サックスの音色に“グッと”きてしまい,あれだけのバックの好演も耳には残らない。
 そう。【星影のステラ】は,渡辺貞夫の「次元を超えた名演」である。

SADAO WATANABE : Alto Sax
JAMES WILLIAMS : Piano
CHARNETT MOFFETT : Bass
JEFF WATTS : Drums