TIMELESS-1 「逆輸入」という言葉がある。「MADE IN JAPAN」が海外で高く評価され,その人気ぶりから我が国でもブレイク,という図式。
 SONYの“WALKMAN”。TOSHIBAの“DynaBook”。TOYOTAの“レクサス”…。数え上げれば,枚挙にいとまがない。

 しかし「MADE IN JAPAN」の逆輸入は,なにも“ハード”に限定されたものではない。“ソフト”例えばミュージシャン!
 倖田來未も全米でまずブレイク。デビューCD【TAKE BACK】はビルボードの “ホットダンスミュージック・マキシシングル・セールスチャート”で堂々の初登場20位を記録している。
 倉木麻衣(Mai−K)の全米デビューCD【BABY I LIKE】も即日ソールドアウト!
 今をときめく歌姫二人も,きっかけは「逆輸入」だったのだ。

 そして,ここに一人の“ピアノの歌姫”がいる。Sayaである。
 Saya斉藤栄弥)も,まずアメリカで認められ,後に日本デビューを果たした「逆輸入」ジャズ・ピアニスト
 Sayaの奏でるジャズ・ピアノは日本人以上に日本人っぽい音を出す。ワビサビ+西洋かぶれ+ジャズ。そこがアメリカでも受け入れられた理由なのだろう。

 『TIMELESS』はSayaのルーツである,クラシックをジャズにアレンジした曲とクラシックの香り漂うオリジナルで固めた,新録音4曲を含むクラシック・ベスト盤! しかし『TIMELESS』のテイストは間違いなく“ジャズそのもの”である。

 昔からジャズとクラシックの融合を目指した多くの駄作が制作されては消えていったが『TIMELESS』はその数少ない成功例! それこそ“アレンジャー”Sayaの成せる技!
 軽やかな8ビートにエレガントなピアノを乗せた温かいタッチがメロディ・ラインの美しさを引き出している。Saya独自の解釈&ハーモニーが原曲を崩しすぎず,それでいてアドリブを随所に織り交ぜた“絶妙のバランス”で聴かせてくれている。

 管理人にとって,こんなに楽しくバッハやベートーベンを聴いたのは実に久しぶりの経験だった。『TIMELESS』と初めて接した時の“心地良さ”に興奮した日のことを今でも覚えている。Sayaの書き出すバッハやベートーベンの楽譜には,最高の一音が,時に加えられ,時に間引きされている。
 『TIMELESS』=PRICELESS!

 無い物ねだりで欲を言えば“ジャズ・ピアニスト”としてのSayaをもっと全面に押し出して,バックとのガチンコ・バトルを聴かせて欲しかったのだが…。

TIMELESS-2 しかし,それでは『TIMELESS』のコンセプトにはそぐわない。そう。『TIMELESS』の聴き所は“天才アレンジャー”としてのSayaにある。
 ここでのSayaはクラシックも弾く“ジャズ・ピアニスト”として“ポップ&キュートな”ジャズの表情で聴かせてくれる。ジャズとクラシック融合の“舵取り役”に徹している。

 野球で言えばキャッチャー。キャッチャーと言えば古田。今年の古田はプレイング・マネージャー。正に『TIMELESS』でのSayaの役所である。
 ん? 城島の方が近いかな? 単身アメリカへ渡った城島であるが,数年後にはSayaのように,ホークスへ「逆輸入」してもらいたいものである。ねっ,孫さん。

PS Sayaファンにとっての『TIMELESS』の真価は,本邦初登場の【VIA SPRING】【CHOPIN IN CARIBBEAN (NOCTURNE OP.9 NO.2)】【BUTTERFLY】収録にある。幻の『DESTINATION FARAWAY』から3曲も聴ける〜。

  01. Air
  02. Flower Walz
  03. Piano Sonata Op.8 No.2
  04. Gymnopedies No.1
  05. Clair de Lune
  06. Via Spring
  07. Chopin In Caribbean
  08. Butterfly
  09. Simple Poem
  10. Prelude
  11. Etude Op.10 No.3
  12. Pavane
  13. Timeless

(ポニーキャニオン/LEAFAGE JAZZ 2005年発売/PCCY-30072)
(ライナーノーツ/Saya)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)