アナログレコード

 『THE LITTLE GIANT』の3曲目は【LONLY ONE】(以下【ロンリー・ワン】)。


 【ロンリー・ワン】は『THE LITTLE GIANT』唯一のワン・ホーン&テナー・トリオ。そこへ持ってきてこの楽曲だ。
 このトラックだけ明らかに異質であり,完全に浮いている。

 その要因が“拍子外れ”のマイナー・メロディ。27秒からのジョニー・グリフィンの重〜い掛け声と共に,アルバート・ヒースドラムが動き出す。“不気味な雰囲気”のリズムが鳴り続く。
 さて,このリズムにばかり気を取られてしまうのだが,1分26秒からはいつも通り“声を張った”ジョニー・グリフィンがいる。
 ジョニー・グリフィンも,ソニー・ロリンズと同系統のソロイストであり,バックに余り左右されない。“我が道を行く”タイプの特徴が良く出ている。

 あっ,そうそう。この重苦しいテーマに似合わず,2分17秒から20秒まで“残念!”で多用されるメジャー所が入っていて,クスッと笑える。細かいですが,お聴き逃しなく!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JOHNNY GRIFFIN : Tenor Sax
SAM JONES : Bass
ALBERT HEATH : Drums


ザ・リトル・ジャイアント
ランキングを見てみよう!