《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は484位〜490位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★490.IT NEVER ENTERED MY MIND
MILES DAVIS ALL STARS VOL.2
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★488.MILESTONES
MILES DAVIS IN EUROPE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★488.OUT OF THIS WORLD
COLTRANE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★487.LONNIE'S LAMENT
CRESCENT
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★484.ORNITHOLOGY
CHARLIE PARKER ON DIAL VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

★484.OLD FOLKS
QUIET KENNY
ケニー・ドーハム

--------------------------------------------------------------------------------------

★484.EUROPEAN ECHOESAT
THE "GOLDEN CIRCLE" IN STOCKHOLM,
VOL.1
オーネット・コールマン

--------------------------------------------------------------------------------------

 このランキングを占めたのはジャズ・ジャイアントの名トラックばかり。ちょっと“ジャズ通”を気取りたいなら,マニアにこの辺の話を振ってみましょう。メジャーなんだが,第一声には上らない,そんな絶妙な選曲に,がぜん喰いついてくること請け合いですよ。
 ただし話を振ったが最期,その後は“マニアなうんちく”の洪水にさらされることを覚悟してくださいね。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)