《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。
 トランペットマイルス・デイビスによって,アルト・サックスチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。
 最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》

 この印象的なナレーションで始まる「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」は,FM東京でオンエアされた「特別番組 / SELECT JAZZ WORKSHOP SPECIAL 6」でのカウントダウン
 このランキングは全国のジャズ・スポットのマスターたちの投票によって決められたという,何とも恐ろしくもあり,有難くもある,そんなランキングとなっている。

 さて,この結果に管理人は一切異論などございません! と言うより,大変勉強になりました。激しく賛同の嵐です。
 ジャズ・ピアノについて語りたい人は,まずこの31枚を聴き込まれてからの方がよくってよ。オホホ。

 以下,発表されたランキングの覚え書き。今回は27位〜28位の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

★28.THE BUD POWELL TRIO
バド・パウエル


----------------------------------------------------------------------------

★28.STANDARDS LIVE
キース・ジャレット


----------------------------------------------------------------------------

★28.HERE COMES EARL “FATHA”HINES
アール・ハインズ


----------------------------------------------------------------------------

★28.WHEN THERE ARE GREY SKIES
レッド・ガーランド


----------------------------------------------------------------------------

★27.JAZZ GIANT
バド・パウエル


----------------------------------------------------------------------------

 早くもバド・パウエルの2枚がランクインモダン・ジャズ・ピアノに最大の影響力を持つバド・パウエルのこと,名演名盤が多いのもうなづける。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)