《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。
 トランペットマイルス・デイビスによって,アルト・サックスチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。
 最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》

 「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」。
 今回は6位〜11位の発表なのですが,実は7位の記録が紛失中のままです。
 一連の発表を楽しみにしておられた読者のみなさん,一部ランキングに穴が空いてしまい大変申し訳ございません。
 筋金入りジャズ・ファンのそこの“あ・な・た”,ご存じでしたら是非ともコメント OR トラックバックお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------------

★11.THE KOLN CONCERT
キース・ジャレット


----------------------------------------------------------------------------

★10.PORTRAIT IN JAZZ
ビル・エヴァンス


----------------------------------------------------------------------------

★8.FLIGHT TO DENMARK
デューク・ジョーダン


----------------------------------------------------------------------------


★8.COOL STRUTTIN'ソニー・クラーク


----------------------------------------------------------------------------
           ★7.( 捜 索 中 )
----------------------------------------------------------------------------

★6.RAY BRYANT TRIO (PT)
レイ・ブライアント


----------------------------------------------------------------------------

 『クール・ストラッティン』『レイ・ブライアント・トリオ』の2枚を筆頭に“日本人好み”と言われる名盤のオンパレード! この辺りはしっかりと押さえておきたい超有名どころ。
 さて,謎(?)の7位も気になりますが,TOP5の発表が待ち遠しいことでしょう。
 皆さんの“お気に入り”は,もうランクインしましたか?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)