アナログレコード

 『BALLADS』の1曲目は【SAY IT (OVER AND OVER AGAIN)】(以下【セイ・イット】)。


 管理人は,いつでも・どこでも・何をしていても,このトラックにやられてしまう。【セイ・イット】のワンフレーズが流れるだけで,ジャズの“甘〜い”世界へとトリップしてしまう。
 これは初恋の味? ミルキーの味? 自分自身でもよく分からないが【セイ・イット】が流れ終わるまでは“金縛り”にあったかのごとくフリーズしてしまう。何も手につかなくなってしまう。

 ゆえに【セイ・イット】の“ここがどうのこうの”と解説する気など全く起こらない。たった一言。エモーション! それだけ!

 にしようと思ったが,自称ジャズ批評家としての“虫”がどうしても疼いてしまった。
 え〜と,ジョン・コルトレーンの出来は完璧+1分56秒からのマッコイ・タイナーの“溜めに溜めまくった”ピアノ・ソロが快感!
 
CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JOHN COLTRANE QUARTET
JOHN COLTRANE : Tenor Sax
McCOY TYNER : Piano
JIMMY GARRISON : Bass
ELVIN JONES : Drums


Ballads
ランキングを見てみよう!