グラミー賞! いやはや,発表から4日も経ってしまい,読者の皆さんも少し興ざめ?するのかもしれませんが,年末のお約束を果たすため,第48回(2005年度)グラミー賞についてレポートしてみます。「速報!」版が多数出ている中での「遅報!」版の発行で〜す!

 “年に一度の音楽の祭典”今年のグラミー賞は,復活を果たした“マライア・キャリーのための”グラミー賞と言われていましたが,残念だったようで…。U2の方は…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


★ The Way Up
Pat Metheny Group


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


★ Good Night, And Good Luck.
Dianne Reeves


----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


★ Why Was I Born?
Sonny Rollins, soloist /
Track from: Without A Song - The 9/11 Concert

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


★ Beyond The Sound Barrier
Wayne Shorter Quartet


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


★ Overtime
Dave Holland Big Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


★ Listen Here!
Eddie Palmieri


----------------------------------------------------------------------------

 ここでそれぞれのCD批評と行きたいところですが,ナニブン受賞作は一枚も所有していませんでした。メセニーロリンズショーターホランドとメジャー所が目白押しだったのに…。
 B級ジャズばかりを追いかけてきた弊害が見事に出ました。今年はもう少し話題作も追いかけよっかなぁ。でもなぁ…。

 レビューを心待ちにしてくださった読者の皆さんがいたのでしたら,今回はどうもすみません。何ヶ月後かには入手しようと思っていますので,次期「CD批評」へのUPをお待ちいただければと思います。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)