アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の1曲目は【NO BLUES】(以下【ノー・ブルース】)。


 【ノー・ブルース】こそ,ジャズギターの金字塔! このトラックを聴いてジャズギターに目覚めた人もいれば“もう手が出ない,自分には無理だ”とあきらめさせられた人も数知れない。
 何せ,ウェス・モンゴメリーギター・ソロが余りにも素晴らしいので,ウイントン・ケリーがバッキングをするのを忘れて,聴き入ってしまったとかしないとか…。それ程“曰く付き”の名演なのである。

 ウェス・モンゴメリーも最高だが,6分16秒からのウイントン・ケリーピアノ・ソロには,ウェス・モンゴメリーに負けじと“張り切る”大物ピアニストの“本気”のプレイが聴こえてくる。
 2大スター“がっぷり四つ”の熱演は,聴き応え十分である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!