アナログレコード

 読者の皆さんは,ある音楽を耳にして映像のイメージが脳裏に浮かび上がる,という経験をしたことがおありですか?
 よくある過去の出来事と当時流れていた音楽とのフラッシュバックとは別の話です。風景でなくとも,色とか空気感とか香りとか…。抽象的なイメージの話。

 管理人がパット・メセニーについて語る時はどうしても,この手の話しになってしまう。伝わらない人には全く伝わらないけれど,分かる人には分かる的な…。

 じゃあ,いきますよ。北欧の透明感ある空気を胸いっぱい深呼吸した“すがすがしさ”。晴れわたった,でも絵画的な雲はあって,時間帯は夕陽かな? 森の中のようでもあり,見渡す限りの地平線も広がっていて,ゆったりと時間が流れているような…。うん。すごい贅沢な時間。こんな感じです。
 もちろんCDによって多少の色合いや質感の変化は感じるものの,基本的に,管理人の中でのパット・メセニーはいつでもこんな感じなのです。どうです? 同じ風景を描くことができますか? あっ,まだ聴いたことがない人には当然理解不能なお話でしたね。

 でもこの紹介の仕方,かなり気に入っているんです。そして結構好評なんですよ!
 当然,人それぞれ脳裏に浮かび上がる映像は違うんです。ある人にとっては,しとしとと降る雨音だったり,春先の暖かい空気や息吹だったり,逆に秋のもの悲しさであったり,緑とかオレンジとかって言った人もいました。でも皆さん,なんらかのイメージを感じたという点では共通しているんです。

 管理人が普段CDを聴く時にイメージするのは,そのアーティストが目の前で演奏している姿! 真剣にCDに魂を吹き込もうとしている姿!
 音で感動する時はいつでも,きっとこんな感じで録音したんだ,と。まあ,こちらも勝手な思い込みなんですけどね…。

 それで思うんですけど,自分の中で風景をイメージできるCDって実は少ないんです。風景をイメージできるって,もの凄いクリエイティブなことなんでしょうね。
 本当,パット・メセニーは,ギタリストである前に,ジャズメンである前に,まず偉大な音楽家,芸術家なのです!

 『PAT METHENY GROUP』(以下『想い出のサン・ロレンツォ』)はパット・メセニー・グループ名義のファーストCD
 パット・メセニーのアルバムには,ソロ名義とグループ名義の2系統が存在する。グループ名義の音楽は“盟友”ライル・メイズとの“コラボレーション”が特徴と言える。
 『想い出のサン・ロレンツォ』でもライル・メイズの活躍が素晴らしい。堂珍&川畑のケミストリーを超える,本家ケミストリーである。ジャズ界で言えば,ビル・エヴァンススコット・ラファロね。そこんとこ,よ・ろ・し・く。
 パット・メセニーが骨組みを描いた白黒のキャンパスにライル・メイズが絶妙な彩りを添えていく! これがパット・メセニー・グループが織りなす繊細な映像世界!

 では皆さんも『想い出のサン・ロレンツォ』で,最高のジャズフュージョン,最高の映像世界へと旅立ってみませんか?

(1978年録音/UCCE-9029)

人気blog ランキング バナー