アナログレコード

 『WYNTON MARSALIS』の5曲目は【SISTER CHERYL】(以下【シスター・シェリル】)。


 【シスター・シェリル】は,5人の高い表現力が結実したミディアム・ナンバー。特にロン・カータートニー・ウイリアムスが創りだすグルーヴ感はジャズ特有のアーシーな“あれ”である。

 1分37秒から始まるウイントン・マルサリスのソロ,2分49秒からのハービー・ハンコックのソロ,3分56秒からのブランフォード・マルサリスのソロは互いに自己主張してケンカするのではなく,協調・調和のインタープレイに徹している。
 最初にウイントンが作った流れを,ハンコックブランフォードが引き継いで,自分のアドリブの中に組み入れていく。

 ロントニーのリズム隊も,フロントとの協調・調和を基本としながら“百戦錬磨”の二人だけが感じるであろう,自由かつ堅実なビート! 5人全員が“超一流”! “流石”の一言しかでない。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON MARSALIS : Trumpet
BRANFORD MARSALIS : Soprano Saxophone
HERBIE HANCOCK : Piano
TONY WILLIAMS : Drums
RON CARTER : Bass


ウイントン・マルサリスの肖像
ランキングを見てみよう!