アナログレコード

 『HEAD HUNTERS』の1曲目は【CHAMELEON】。


 イントロからして,いかにも,という感じの【CHAMELEON】に,新時代の息吹を感じた懐かしさがよみがえる。
 さすがに今聴くと古くさくも思えるが,とても30年前の作品とは思えない。まだ十分に楽しめる余地がある。この辺りの感覚が,さすがはハービー・ハンコック

 15分44秒という長いトラックなので,曲全体が何度も転調していくのだが,シンセの音色の変化やアドリブへの期待感が上回り,一気に最後まで聴けてしまう。
 個人的には4分4秒から始まるシンセ・ソロが一番のお気に入り。また8分0秒からのベースと絡みあい盛り上がっていく,ハービー・ハンコックアドリブは何度聴いてもあきることがない。名トラックである。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

HERBIE HANCOCK : Fender Rhodes Electric Piano, Clavinet, Arp Odyssey Synthesizer, Arp Soloist Synthesizer, Pipes
BENNIE MAUPIN : Soprano and Tenor Saxophone, Saxello, Bass Clarinet, Alto Flute
PAUL JACKSON : Electric Bass, Marimbula
HARVEY MASON : Drums
BILL SUMMERS : Congas, Shekere, Balafon, Agogo, Cabasa, Hindewho, Tambourine, Log Drum, Surdo, Gankoqui, Beer Bottle
 

ヘッド・ハンターズ
人気blog ランキング バナー