『MINT JAMS』の1曲目は【TAKE ME】(以下【テイク・ミー】)。


 【テイク・ミー】は実にエレガントでエクセレント! 決してバラードとは呼べない熱い演奏なのだが,甘く切ないメロディーと向谷実エレピに誘われ,思わず涙してしまう。そんな「パブロフの犬」的な1曲。

 もう出だしのハイハット1発で持っていかれるのだが,中盤,1分47秒から始まる野呂一生の“泣きのギター”まではなんとか持ちこたえられるように訓練してきた。
 しかしそこをクリアーした直後の2分42秒から始まるエレピの連打からのバックの盛り上がり。特に神保彰ドラミングが最高! ここで,いまだハンカチを濡らしてしまう。

CASIOPEA
ISSEI NORO : Electric Guitar
MINORU MUKAIYA : Keyboards
TETSUO SAKURAI : Electric Bass
AKIRA JIMBO : Drums