MINT JAMS-1 よみがえる青春! 管理人にとって,カシオペア抜きに青春など語れない!
 メチャメチャ思い入れがあるのでレビューするのをためらっていましたが,数名の読者の皆さんからリクエストをいただき,背中を押されて?ついに登場!
 でも下手なこと書けないと思うと,筆が重くなるものなんですね。プロのライターは大変でしょうねっ。( ←他人事 )
 こんなプレッシャーは,まだ若かりし頃に書いた,ラヴ・レター以来です。でもこの記事もカシオペアへのラヴ・レターを書くようなもの。全世界へ公開するラヴ・レター。自分で自分にプレッシャーかけてどうするの? では,失笑しないとお約束いただけるのでしたら,以下を“のぞき見”されてもよいですよっ。

 拝啓 カシオペア 様

 私があなたを愛するようになったのは,中1の頃。すっかりフュージョン好きの友達に影響されてしまい,NHK−FMの『セッション’83』をエア・チェックしたのがきっかけでした。
 その頃のあなたは,既にクラスの(フュージョン界の)人気者であり,ギター小僧,ドラ息子たちの“憧れの的”でした。
 最近は“エア・ギター選手権”なるものが話題になっていましたが,私もよくやった口です。カシオペアのエア・カヴァー!
 楽器ができないのは,ある意味有利でした。ある時は野呂さん,またある時は桜井さん,と好き勝手に,しかもワン・トラックの中でメンバー全員になりきることだってできるからです。
 どれか特定の楽器を演っていたなら,こんな楽しみを持つことなどなかったと思います。今も夜中に一人でこっそりと楽しんでいます。ハイ。
 
MINT JAMS-2 そんな私がもっともハマッタのが『MINT JAMS』(以下『ミント・ジャムス』)です。
 あの頃みんな若かった! 音楽に思いの丈をぶつけていた! ライブ録音+スタジオ・ワークということもあり“ほとばしる”パワーが見事に封入されたCDでした。
 そうです。『ミント・ジャムス』はあなた様の代表作であるばかりか,J−フュージョンの不朽の名盤として,代々語り継がれてゆくことでしょう。
 あなたと共に過ごした青春時代を忘れません。素敵な贈り物をありがとう。
敬具
セラビー

  01. Take Me
  02. Asayake
  03. Midnight Rendezvous
  04. Time Limit
  05. Domino Line
  06. Tears of the Star
  07. Swear

(アルファ/ALFA 1982年発売/32XA-112)
(ライナーノーツ/野呂一生,宮住俊介)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)