アナログレコード

 『WAY OUT WEST』の4曲目は【WAGON WHEELS】(以下【ワゴン・ホイール】)。


 一貫して“いかにも田舎者”の雰囲気が流れる【ワゴン・ホイール】は,ソニー・ロリンズのスケールと“懐の深さ”を感じさせてくれる。

 のっけからドラムベースのほんわかテンポで“助走”が続くが,9分0秒からのアドリブ! ソニー・ロリンズの“最後の一刺し”にやられてしまう。
 ここだけ覚えて,曲の頭から聴き直してみて欲しい。実に素晴らしい! グレート! 心からの賛辞が湧き上がってやまない。

 と,つい批評に熱がこもってしまったので,最後にオチでクールダウン。1分51秒から55秒までの4つの音が,どうしてもウルトラ・セブンに聞こえてならない。わたしだけ?

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SONNY ROLLINS : Tenor Sax
RAY BROWN : Bass
SHELLY MANNE : Drums


WAY OUT WEST
ランキングを見てみよう!