アナログレコード

 世の中には“絶対音感”と呼ばれるものを持つ人がいる。ドレミファを完璧に聴き分ける能力のことだ。
 “無い物ねだり”で憧れたりもするのだが,当の本人たちの中には“絶対音感なんて不必要,むしろ邪魔”と述べる人もいる。なぜだろう?
 答えは「音程のずれが気になって音楽を楽しむことができない」から…。なんとも皮肉な能力である。
 この絶対音感者のやるせない気持ちは,管理人のジャズ批評にも当てはまる。時にソニー・ロリンズの“天才っぷり”が邪魔をして“並のアドリブ”では,狂喜乱舞しなくなってしまったのだ。

 “アドリブの天才”と言えば,この人,ソニー・ロリンズの右に出る者はいないだろう。管理人にアドリブのイ・ロ・ハを教えてくれたのは,ソニー・ロリンズに他ならない。
 ソニー・ロリンズに関しては一時期相当聴きまくったし,ジャズ批評も読みあさった。ゆえに管理人のジャズ批評の規準は,知ってか知らずか“ロリンズと比較してどうか”になってしまった。
 これは幸いなこと? それとも不幸なこと? 読者の皆さんはどう思われますか?

 もし「それは幸福なことだ」と思われたのであれば『WAY OUT WEST』(以下『ウェイ・アウト・ウエスト』)を聴き込み“アドリブの絶対音感”を身に着けることをお奨めしたい。
 もし不幸だと思われたのであれば,このCDはその人にとっては“劇薬”となります。決して手を出してはなりませぬ。

 さて“ジャズ通”の中には,なぜ『ウェイ・アウト・ウエスト』なのか? ソニー・ロリンズアドリブ名盤,定番と言えば『サキコロ』で決まり,と思う人も多いことと思う。
 管理人もアドリブの最高教則は『サキコロ』だとの認識は持っている。しかし『ウェイ・アウト・ウエスト』には『サキコロ』にはない“自由度”がある分,よりジャズ的アプローチがなされている。

 基本的にソニー・ロリンズのプレイ・スタイルは“オンリーワンの自己完結”である。ロリンズの関心事は“いかに自分らしく楽曲の魅力を引き出すか”にある。
 ゆえに今回の“ピアノレス・トリオ”と言う斬新なフォーマットを手に入れたロリンズは,正に“水を得た魚”! リズム隊の間を“自由なアドリブ姿”で泳ぎ回っている。この演奏こそ“天才インプロバイザー”の面目躍如である。ここが管理人の指摘する“自由度の高さ”なのである。
 “アドリブ職人”という重い鎧を脱ぎ捨てた“素”のソニー・ロリンズが聴こえてくる。朗々と軽やかに,しかも“優雅さ”を加えてテナー・サックスを操り続ける。アドリブの一つの完成形であろう。

(1957年録音/VICJ-23532)

人気blog ランキング バナー