《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。
 トランペットマイルス・デイビスによって,アルト・サックスチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。
 最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》

 「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」。
 ついに栄光のTOP5の大発表!

----------------------------------------------------------------------------

★5.KELLY BLUE
ウイントン・ケリー


----------------------------------------------------------------------------

★4.THE SCENE CHANGES
バド・パウエル


----------------------------------------------------------------------------

★3.THE COMPLETE“OVERSEARS”
トミー・フラナガン


----------------------------------------------------------------------------

★2.GROOVY
レッド・ガーランド


----------------------------------------------------------------------------

★1.WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス


---------------------------------------------------------------------------

 納得の『ワルツ・フォー・デビイ』! やはりこのCDの人気には根強いものがあるようです。
 TOP31の個別の詳細については「CD批評」をご参照ください。それではジャズ・ピアノ究極の名演名盤をどうぞご堪能あれっ!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)