アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

渡辺 貞夫 / ライヴ・イン根室 19775

LIVE IN NEMURO 1977-1 39年の時を越えてリリースされた『LIVE IN NEMURO 1977』(以下『ライヴ・イン根室 1977』)。
 このような過去音源のリリースは渡辺貞夫にとって初めてのことではなかろうか?

 この理由についてあらぬ憶測をしたものだが,要は渡辺貞夫の衰えから来たものではなく,渡辺貞夫の耳に初めて届けられた秘蔵音源が世に出た,という理由に胸を撫で下ろした( 事の詳細は大川正義氏が執筆したライナーノーツを参照のこと )。

 つまり渡辺貞夫のファンにとって『ライヴ・イン根室 1977』とは,単なる過去音源の発掘として片づけるのではなく,本気で渡辺貞夫の最新作として聴くべきアルバムであり,聴き込めば聴き込むほどにいいアルバムである。

 『ライヴ・イン根室 1977』が,公式録音でなかったという事実は,則ち,毎夜『ライヴ・イン根室 1977』クラスの名ライブが,日常的に演奏されていた証拠である。

 『ライヴ・イン根室 1977』の録音時期は,ちょうど渡辺貞夫が世界に登り詰める途上に当たる。
 『ライヴ・イン根室 1977』の半年前が『MY DEAR LIFE』で2週間後が『AUTUMN BLOW』。ナベサダフュージョンの間と間に行なわれた本格的なジャズライブというスタンスである。

 そう。『ライヴ・イン根室 1977』の真実とは,渡辺貞夫ジャズジャズ・ロック→フュージョンへの過渡期特有の魅力が1枚に詰め込められている。ライブだから,いつも以上に自由にアイディアを試している。

 渡辺貞夫の頭にあったアイディアの中には,アフリカがありボサノヴァがある。そしてアメリカの流行に影響を受けたクロスオーヴァーなジャズがある。

 実はナベサダさん。翌年の『CALIFORNIA SHOWER』の大ヒット以降は,アルバム制作は有名海外ジャズメンとの共演一色。その意味でも日本人で構成されたレギュラー・バンドの良さを堪能できる『ライヴ・イン根室 1977』のクロニカル的な価値は高い。
 
LIVE IN NEMURO 1977-2 とは言え『ライヴ・イン根室 1977』のハイライトは【ON GREEN DOLPHIN STREET】と【RHYTHMANING】のストレートなジャズ・ナンバー。

 オール日本人による渡辺貞夫グループがスピード豊かに疾走している。福村博トロンボーン本田竹広ピアノエレピ岡田勉ベース守新治ドラムのレギュラー・クインテットが一体化して押し寄せてくる。ハーモニーを重ねて楽しむスピリットみたいなものが伝わってくる。

 最高にグルーヴする渡辺貞夫のレギュラー・グループが色褪せていない。逆になんだかこれって新しい!? 『ライヴ・イン根室 1977』は渡辺貞夫・ファンにとっての「温故知新」なのである。

  01. MASSAI TALK
  02. HUNTING WORLD
  03. CHELSEA BRIDGE
  04. ON GREEN DOLPHIN STREET
  05. BOSSA NA PRAIA
  06. RHYTHMANING
  07. MY DEAR LIFE

(JVC/JVC 2016年発売/VICJ-61751)
(ライナーノーツ/小川隆夫,大川正義)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリス・マルサリス & 小曽根 真 / ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ5

PURE PLEASURE FOR THE PIANO-1 こんなピアノデュオは初めてである。四角四面な管理人はデュエット・アルバムは2人が対等だと思い込んでいた。
 しかしエリス・マルサリス小曽根真の『PURE PLEASURE FOR THE PIANO』(以下『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』)は,ほぼ小曽根真ばかりである。
 エリス・マルサリスの方が先に名前が出て来ているというのに,デュエットの間中,エリス・マルサリス小曽根真の伴奏役を務めている。まっ,このエリス・マルサリスのサポートが素ん晴らしいのであるが…。

 ただし『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』におけるエリス・マルサリスの“小曽根推し”は,エリス・マルサリスの計算された演出である。
 ニューオリンズ・ジャズのドンであるエリス・マルサリスは,事あるごとに「とにかくお前ら一回,この真というピアニストの音楽を聴いてみろ」と,ニューオーリンズ・センター・フォー・クリエイティブ・アーツの学生たちに薦めていたというエピソードが残されている。

 そんな小曽根真の良さを知り尽くしたエリス・マルサリスだから『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』で,まさかの“小曽根推し”ピアノデュオを成立させることが可能になったのだと思う。
 とは言え『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』は,エリス・マルサリス小曽根真ジャズメン・シップで制作されたわけではない。

 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』制作の理由は,小曽根真サイドからの東日本大震災の復興支援のチャリティー・アルバム第2弾となるのだが,エリス・マルサリス・サイドからすれば2005年のハリケーン・カトリーナからのニューオリンズの復興支援チャリティーともなっている。
 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』の収益の全額が「半分は東日本大震災の復興支援へ,もう半分はエリス・マルサリス・センター・フォー・ミュージックという復興支援の中心的建物へ寄付されたようである。

 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』の性質がチャリティー・アルバムゆえ,鎮魂歌的な選曲であるし,ジャズ発祥の地としてのニューオリンズ所縁の選曲も目に付く。
 そう。クリティカルな小曽根真がバッチリ楽しめる仕組み。エリス・マルサリスがプロデュースする,小曽根真の仮想ソロ・アルバムと称して差し支えない。

 エリス・マルサリスの懐の中に小曽根真がクリティカルに飛び込んでいく様は,まるで親子共演のような印象を受ける。これはたまたまなのだろうがエリス・マルサリス小曽根真のお父様=小曽根実は同い年。
 互いにリスペクトしつつも,エリス・マルサリス小曽根真ジャズメン・シップに強い信頼関係と絆が感じられる。

( ちなみに『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』にエリス・マルサリスの長男=ブランフォード・マルサリスが【STRUTTIN’ WITH SOME BARBECUE】でゲスト参加。ブランフォード・マルサリスにしては珍しくアルトサックスを吹いている。これぞマルサリス・ファミリーの血の掟!? )

PURE PLEASURE FOR THE PIANO-2 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』における小曽根真は「世界のOZONE」にふさわしい“王者のジャズ・ピアノ”を弾いている。理知的で内省的な演奏が半分,そして半分は悲しいのに底抜けに明るい。
 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』における名演小曽根真のキャリアを代表する1枚になったと思う。素晴らしい。

 一方,エリス・マルサリスジャズ・ピアノは,ある時はメロディー・ラインを流麗に奏で,ある時は小曽根真の才気溢れる挑発に端正なバッキングで応じている。
 ジャズ界のレジェンドの語り口は,ラグタイムのストライド奏法にはじまり,ブルースで泣き,ワルツで踊って,やがてスイングの強烈なグルーヴ感に収斂している。こちらも素晴らしい。

 そう。「攻めの小曽根真と受けのエリス・マルサリス」。2人の長所が絶妙のバランスで混じっている。「小曽根真エリス・マルサリス=8:2」のバランスゆえに光っている。

 いや〜,聴けば聴くほど『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』がチャリティー・アルバムとして制作されたとは信じ難い。災害は2度と生じてほしくないが,エリス・マルサリス小曽根真デュエットの続編を大いに期待している。

  01. Confusing Blues
  02. Do You Know What It Means to Miss New Orleans?
  03. Sweet Georgia Brown
  04. Moment Alone
  05. Emily
  06. Longing for the Past
  07. What Is This Thing Called Love
  08. Struttin' With Some Barbecue

(ヴァーヴ/VERVE 2012年発売/UCCJ-2104)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/エリス・マルサリス,小曽根真)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

トッキーニョ & 渡辺 貞夫 / メイド・イン・コラソン5

MADE IN CORACAO-1 渡辺貞夫“最高傑作”は『エリス』である。それは良いとして『エリス』と同日発売の『MADE IN CORACAO』(以下『メイド・イン・コラソン』)とはリリース直後の30年前,人気・実力・扱いともに大きな開きがあったように記憶する。

 渡辺貞夫名義でトッキーニョがゲストとして参加したのが『エリス』であり,トッキーニョ渡辺貞夫の共同名義の『メイド・イン・コラソン』は,トッキーニョソロ名義では売れないからコラボになったとかならなかったとか…。
 事実,良作の『エリス』は,アメリカのジャズ・チャート4週連続の第1位獲得。二卵性双生児ゆえ,どうしても比較される『エリス』と『メイド・イン・コラソン』の評価は9:1で『エリス』の圧勝だったと記憶する。

 あれから21年。リマスタリングされた『エリス』と『メイド・イン・コラソン』の両盤を買い直してみた。そうして聴き直してみると,印象がガラリと変わってしまった。
 管理人の『エリス』=“最高傑作”の評価は揺らがないが『メイド・イン・コラソン』の,ほっこりとした温かな歌心に心が揺さぶられる。一気に『メイド・イン・コラソン』が『エリス』と同じレベルで肩を並べてしまったのだ。

 この全てはトッキーニョのヒューマンな音楽性に尽きる。ハッキリ言えばトッキーニョより上手なヴォーカリストトッキーニョより上手なギタリストは五万といる。
 でもどんなに超一流のヴォーカリストギタリストが集まろうともトッキーニョ1人のヒューマンな音楽性の魅力にはかなわない。渡辺貞夫トッキーニョに惚れ込んでいる理由を管理人も21年かかってようやく理解できた思いである。

 いいや『メイド・イン・コラソン』の真実とは,トッキーニョから捧げられた渡辺貞夫への“賛歌”である。
 『メイド・イン・コラソン』の全10トラック中,渡辺貞夫の楽曲が6曲。つまり『メイド・イン・コラソン』とは「TOQUINHO PLAYS SADAO WATANABE FEATURING SADAO WATANABE」なのである。

 『エリス』で新録された渡辺貞夫の【ELIS】【O QUE PASSOU PASSOU】の2曲にトッキーニョが詩を付けた。それだけではなく【BLUE LOVE LETTER】【MORNING ISLAND】【SERENADE】【STRAY BIRDS】の渡辺貞夫の既発4曲にもトッキーニョが詩を付けた。

MADE IN CORACAO-2 作曲家,メロディー・メイカーとしてつとに評価の高いトッキーニョがここまで渡辺貞夫の曲を歌うことに執着しているのは,2人の友情の証しであるばかりでなく,渡辺貞夫の音楽にブラジル音楽と共通するメロディー・センスを有することの証しでもある。

 そう。渡辺貞夫トッキーニョに惚れ込み,トッキーニョ渡辺貞夫に惚れ込んで制作されたのが「TOQUINHO PLAYS SADAO WATANABE FEATURING SADAO WATANABE」=『メイド・イン・コラソン』。

 いつの日か『メイド・イン・コラソン』が『エリス』を凌駕する日がやってくることを,実はひそかに期待しちゃったりして…。

  01. SAUDADES DE ELIS
  02. MINHA PROFISSAO
  03. MADE IN CORACAO
  04. O QUE PASSOU PASSOU
  05. FILHO MEU
  06. SAMBA DA VOLTA
  07. CARINHOSO
  08. SENTIMENTOS IGUAIS
  09. BONS MOMENTOS
  10. INQUIETO AMOR

(エレクトラ/ELEKTRA 1988年発売/WPCL-10648)
(ライナーノーツ/中原仁)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ヒギンズ・トリオ / 美しすぎるあなた4

YOU ARE TOO BEAUTIFUL-1 マイルス・デイビスの『COOKIN’』『WORKIN’』『RELAXIN’』『STEAMIN’』に対応するのがエディ・ヒギンズの『A FINE ROMANCE』『A LOVELY WAY TO SPEND AN EVENING』『SECRET LOVE』『YOU ARE TOO BEAUTIFUL』(以下『美しすぎるあなた』)。
 そう。「ロマンス4部作」とはマイルス・デイビス「マラソン・セッション4部作」のエディ・ヒギンズ版である。

 ただしこのような「4部作」企画が通るのもエディ・ヒギンズだからである。なぜならマイルス・デイビスの「マラソン・セッション4部作」の4枚はその全てが名盤だからである。
 “名盤量産請負人”のエディ・ヒギンズだからこそ許された「ロマンス4部作」。

 (そしてこちらが没テイク)。ビル・エヴァンスの『PORTRAIT IN JAZZ』『WALTZ FOR DEBBY』『EXPLORATIONS』『SUNDAY AT THE VILLAGE VANGUARD』に対応するのがエディ・ヒギンズの『A FINE ROMANCE』『A LOVELY WAY TO SPEND AN EVENING』『SECRET LOVE』『YOU ARE TOO BEAUTIFUL』(以下『美しすぎるあなた』)。
 そう。「ロマンス4部作」とはビル・エヴァンスリバーサイド4部作」のエディ・ヒギンズ版である。

 上記の2案で管理人がエディ・ヒギンズが同じピアニストビル・エヴァンスではなくマイルス・デイビスを選んだのは「ロマンス4部作」のレコーディング時間である。
 マイルス・デイビスの「マラソン・セッション4部作」は1956年5月11日と10月26日の都合二日間で25曲。そのほとんどがワンテイクだった。そしてエディ・ヒギンズの「ロマンス4部作」の場合はマイルス・デイビスの2倍=4日間で50曲。
 ねっ,エヴァンスではなくマイルスに近いでしょ?

 それにしても『美しすぎるあなた』は『秘密の恋』の数倍いい。選曲も有名曲ばかりだしアレンジもこれしかない感じでキッチリと決まっている。
 これって「ロマンス4部作」の最後の最後まで名演を“お取り置き”していた感じ? …って『素敵なロマンス』と『恋に過ごせし宵』は1回も聴いたことがないのだけれど…。

YOU ARE TOO BEAUTIFUL-2 最後に名盤に出会えてよかった。好きなジャズメンの後味が悪くなるのは嫌なので『美しすぎるあなた』を「エディ・ヒギンズの最後」にしたいと思います。今のところですが…。

 最後の最後にプチ情報。エディ・ヒギンズという偉大なジャズメンは,一度録音した曲は二度と録音しない主義のお方です。演奏のクオリティは安定していますので(余りこういうのは好きではないのですが)自分の好きな曲が収録されているかどうかの基準でアルバムを選んでも大丈夫です。
 聴かないのがダメ絶対。騙されたと思って,是非,エディ・ヒギンズを1枚は聴いてみてください。

 「一家に1枚」はエディ・ヒギンズなのですぞ〜。

  01. A Nightingale Sang In Barkeley Square
  02. All The Things You Are
  03. Lover Man
  04. Like Someone In Love
  05. Histria de Una Amour
  06. Anything Goes
  07. In A Sentimental Mood
  08. In The Still Of The Night
  09. Georgia On My Mind
  10. Blue Bossa
  11. You Are Too Beautiful
  12. I'll Be Seeing You

(ヴィーナス/VENUS 2007年発売/TKCV-35413)
(ライナーノーツ/皸羶成)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ヒギンズ・トリオ / 秘密の恋4

SECRET LOVE-1 2002年リリースの『DEAR OLD STOCKHOLM』以来なので,5年振りにエディ・ヒギンズCDを買ってしまった。( ← ウソです。本当はその1年後ぐらいに2割引きになった頃に買いました )。

 一度は「エディ・ヒギンズは過去作だけで十分だな」なあんて思っていたはずなのに「ロマンス4部作」の触れ込みには我慢できず,やっぱり新緑を買ってしまった。

 手に取ったのは「ロマンス4部作」の3作目『SECRET LOVE』(以下『秘密の恋』)。1作目の『素敵なロマンス』ではなく2作目の『恋に過ごせし宵』でもなく『秘密の恋』を選択した理由は単純に【ラウンド・ミッドナイト】を聴いてみたい一心であった。
 ロマンスとは対極にある【ラウンド・ミッドナイト】がロマンスする演奏ってどんなものか? 読者の皆さんも怖いもの見たさで?ちょっと惹かれてしまいませんか?

 思うにエディ・ヒギンズという“ジャズ・ピアニスト”はいつだって【ロマンティックが止まらない】( by C-C-B )!
 エディ・ヒギンズの場合は「ロマンス4部作」だけではなく,リーダー・アルバムの全てがロマンスしている。ゆえに暗い哀愁ナンバーにこそ逆に愛着を覚えてしまうもの?

 やったね。エディ・ヒギンズさん。【ラウンド・ミッドナイト】がロマンスしている。肩の凝らないロマンティシズムが漂う【ラウンド・ミッドナイト】である。
 甘すぎない楽曲に,塩味がピリリと効いた「情熱的なオトナ」の【ラウンド・ミッドナイト】がロマンスしている。とってもロジカルなのに耳に優しく広がっていく。快感である。

SECRET LOVE-2 他の11曲のロマンティック・スタンダードも安定の「ヒギンズ節」が中々良い演奏だと思う反面,個人的にはどうしても今までの思い入れが強かっただけに(『DEAR OLD STOCKHOLM』は名演集だったにも関わらず)アンチ商業主義の気持ちが優勢になってしまうため,以前のようにピュアな?気持ちでエディ・ヒギンズを聴くのは難しかった。そのことを再確認できただけでも『秘密の恋』を買って良かったと思っている。

  01. Secret Love
  02. Ghost Of A Chance
  03. Star Eyes
  04. Round Midnight
  05. East Of The Sun
  06. Always
  07. Blue And Sentimental
  08. I Let A Song Go Out Of My Heart
  09. But Beautiful
  10. Cheek To Cheek
  11. But Not For Me
  12. Avalon

(ヴィーナス/VENUS 2007年発売/TKCV-35409)
(ライナーノーツ/皸羶成)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

渡辺 香津美 / KYLYN4

KYLYN-1 管理人は『KYLYN LIVE』を聴いた後に『KYLYN』を聴いた。そのせいなのだろう。『KYLYN』について語ろうと思えば,巷で言われているような名盤評価にはならない。

 『KYLYN LIVE』は真に最高のライブ盤である。ゾクゾクする。しかしあの大興奮を『KYLYN』からは感じられない。
 ズバリ『KYLYNレコーディングの時点では,渡辺香津美坂本龍一,そして日本の音楽界の精鋭たちとのコンビネーションがまだこなれてはいないのだ。

 そう。『KYLYN』の音楽の本質が,あの「青と赤」真っ二つのアルバム・ジャケットに象徴されている。『KYLYN』はLPのA面が渡辺香津美ジャズフュージョン・サイド,B面が坂本龍一のテクノ・ポップ・サイドで構成されている。
 ステージ上の楽器の配置を「青と赤」で表現した『KYLYN LIVE』のアルバム・ジャケットがお見事。「青と赤」が分断されていた『KYLYN』が『KYLYN LIVE』でついに融合したことを絵画的に表現しているように思う。

 さて,そんな渡辺香津美ソロ名義のアルバムを坂本龍一がプロデュースした『KYLYN』であるが,ギターフレットレスベース渡辺香津美フェンダー・ローズピアノシンセサイザー坂本龍一フェンダー・ローズ益田幹夫ピアノキーボードヴォーカル矢野顕子ベース小原礼ドラム村上“ポンタ”秀一ドラム高橋ユキヒロパーカッションペッカートロンボーン向井滋春アルト・サックスソプラノ・サックス本多俊之テナー・サックス清水靖晃という,当時すでに自らのリーダー・アルバムをリリース済メンバーによる「オール・スター・セッション」こそが『KYLYN』の“伝説”である。

 つまり渡辺香津美坂本龍一の『KYLYN』における功績とは,これだけの精鋭たちを集めきった人脈にあるのであって,2人がリードしたフュージョン志向の音楽性は後付けで良い。

 才能豊かなメンバーが同じスタジオに集まって,同じ空気同じ方向性で自由にクリエイトできたからこそ,後刻『KYLYN LIVE』での爆発が生じたのだろう。
 「KYLYN」という名の「オール・スター・セッション」が,やがては「KYLYN BAND」を名乗れるほどに,一体感ある音の交歓に喜びを感じながらメンバー全員が「次なるステージへとステップアップできた時間と場所」としての趣きを感じる。

 ちなみに「KYLYN」というプロジェクト名は,渡辺香津美坂本龍一の双頭バンドという意味合いもあって,Kは渡辺香津美のK。Yは&の意味。Lは「RYUICHI SAKAMOTO」のRをLと表記したもの。Nは仲間のN。

 面白いのは「KYLYN」から後のYMOが誕生し,渡辺香津美もYMOのサポートを務めるようになった事実もあって「KYLYN」の主導権は常に「LYUICHI SAKAMOTO」が握っており,渡辺香津美サイドが坂本龍一サイドに呑み込まれてしまったような印象で聴こえるところである。うん。教授&アッコちゃん!

KYLYN-2 管理人の結論。『KYLYN批評

 『KYLYN』は2つの別々のコンセプトが合体したコンパイル盤にして,それぞれのコンセプトの括りも曖昧で曲想がバラバラな実験作。『KYLYN』は,コンビニ的な凄腕メンバーの才能豊かなソロを楽しむためのアルバムである。

 ただし,この「暗中模索的」な『KYLYNセッションから,後の『KYLYN LIVE』なる大名盤が誕生し『KYLYN LIVE』で発芽した「音の種」が,J−ジャズフュージョン界に満開の花を咲かせる結果につながったのだから「分水嶺的」なアルバムとして(音楽性とは別の分野で)評価されて然るべきだと思っている。

  01. 199X
  02. SONIC BOOM
  03. WATER WAYS FLOW BACKWARD AGAIN
  04. MILESTONES
  05. E-DAY PROJECT
  06. AKASAKA MOON
  07. KYLYN
  08. I'LL BE THERE
  09. MOTHER TERRA

(ベター・デイズ/BETTER DAYS 1979年発売/COCB-53837)
(☆HQCD仕様)
(ライナーノーツ/松下佳男)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.