アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

TRIX / FORCE4

FORCE-1 カシオペアスクェアのイメージから徐々に離れ出したTRIXDIMENSION“その2”を感じ始めたきっかけが『FORCE』である。

 なぜだろう。理由はきっと演奏に漲る“超絶技巧”である。遅まきながらTRIXに開眼した管理人にとって,長らくTRIXを聴くという行為は,熊谷徳明のPOPなインストを聴くという行為であり“JET”のギター・フュージョンを聴くという行為であったが『FORCE』以降は,TRIX=演奏力を聴くという行為に変わってきたように思う。

 ハードで複雑な変拍子なのにキメッキメッの演奏力は,熊谷徳明須藤満の“超絶技巧”あればこそ! 『FORCE』のリズム隊とはDIMENSIONのリズム隊なのか!? 凄い&凄い!

 TRIXDIMENSIONの“超絶技巧”を重ね合わせた別の理由は【PASSION】【PUMA】【DOUBLE UP】【JUSTICE】の神曲4トラック全てが高速テクニカル・ナンバーであること。
 高速テクニカル・ナンバーにあるまじき「余裕の雰囲気」が,練り上げられたアイディアと即席のサービス精神につながっている〜。

 ただし「ズンチャッチャー」の【LABYRINTH】と「パー,チ●コー」の【パチンカーZ】と「ドンドコドンドコからのヨッ!」がクセになる【MA−TSU−TA−KE】のお笑い系が「いつになくカッコ良い」と感じたのも事実でインパクト有り。

 【MA−TSU−TA−KE】って,これまで二枚目路線だった“貴公子”窪田宏の作曲なんだよなぁ。ああー,おおー。
 「窪田さん,お前もか〜!」でTRIXの「ハイパーテクニカルコミックフュージョンサービス団体」を強く意識した。

 演奏だけは“COOL”なDIMENSIONとは違って,TRIXは“COOL”な演奏から敢えて視線を逸らさせる「お笑い系」を前面に掲げている。“超絶”な演奏力を隠そうとしている。
 (ファンとしては余り語られる機会がないのが残念でたまらないのだが)TRIXの演奏力は,あのDIMENSIONが演奏しても四苦八苦の難曲多し。TRIXの演奏力とは,水面下では足バタバタの白鳥なのである。

FORCE-2 さて,TRIXファンからは人気の高い『FORCE』であるが,正直,個人的に『FORCE』を愛聴してはいない。

 決め手は泣きのバラードの不在と【ADIOS】の不発にあるのだが,それ以上に『MODE』『ART』のようなアルバムとしての「キャラ立ち」を感じないのが大きい。
 『FORCE』で感じた「バラバラの楽曲寄せ集め」のイメージが,自然と演奏力に目が向いてしまう仕掛けだったのかも? 管理人はアルバム・ジャケットのアートワーク同様に気付いてしまったんだもん!

 『FORCE』は“遊びすぎ”ですぞ,熊ちゃん&ストさん!

  01. Passion
  02. puma
  03. パチンカーZ
  04. Labyrinth
  05. Double Up
  06. Justice
  07. 夕暮れ
  08. MA-TSU-TA-KE
  09. adios

(キングレコード/KING RECORD 2007年発売/KICJ-519)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・クラズノ / レミニス4

REMINISCE-1 管理人の3ピース“アイドル”ファンク・バンドがソウライブソウライブは「完璧なトライアングル」バンドである。
 ドラムでリーダーのアラン・エヴァンスオルガンニール・エヴァンスエヴァンス兄弟2人だけではソウライブは成り立たない。

 エリック・クラズノーギターが“ガンガン鳴っての”ソウライブである。
 (エリック・クラズノーの1stソロREMINISCE』(以下『レミニス』)では突然の「エリック・クラズノ」表記ですが,管理人は馴染のエリック・クラズノー表記で行きます)。

 ギタリストエリック・クラズノーが弾くオルガン・トリオは,グラント・グリーンに代表されるソウルやファンク一辺倒とは異なる「メロディアス型」である。
 そう。ソウライブの3分の1をエリック・クラズノーが彩るゆえのジャム・バンドなのである。

 ソウライブのメンバーと共に制作された『レミニス』は,そんなエリック・クラズノーの幅広い音楽性がストレートに表現されたアルバムである。思うにアラン・エヴァンスニール・エヴァンスが「自分たちの勝手知ったる」エリック・クラズノーを世に紹介したかったのだろう。
 GROOVEよりもアンサンブルに軸足を置いたギターがメロディーをしっかりと歌い上げている。

 そんな“変芸自在の”ギター・ワークを聴いていると,エリック・クラズノーがあのバークリー音大出身だったことを想起させるに十分なテクニック。
 POPS有,ソウル有,ブルースの弾けるジャズ・ファンカーだからこそ作れた【GET BACK】は「SATURDAY MORNING EYE」のBGM!

REMINISCE-2 ただし,間口の広いエリック・クラズノーには,オールラウンダーなギター・ワークを突き進むのではなく,アラン・エヴァンスアラン・エヴァンストリオオルガン・ジャズを演ったように,エリック・クラズノーにもグラント・グリーンの流れをくむようなインストでオルガン系のジャズ・ファンクをやって欲しい!
 お願い! 大好きだから! エリック・クラズノー

  01. ROLL OUT
  02. 76
  03. GET BACK
  04. BE ALRIGHT
  05. ENHORABUENA
  06. TILT
  07. MANIC DEPRESSION
  08. SONG FOR DILLA
  09. UP AND OUT
  10. END OF THE MOVIE
  11. DOMINO

(ロイヤル・ファミリー/ROYAL FAMILY 2009年発売/PCD-93287)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/松永誠一郎)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 2002年度(第36回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は2002年度(第36回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ディレクションズ・イン・ミュージック〜マイルス&コルトレーン・トリビュート★【金賞】.ディレクションズ・イン・ミュージック〜マイルス&コルトレーン・トリビュートハービー・ハンコック=マイケル・ブレッカー=ロイ・ハーグローブ

----------------------------------------------------------------------------

SMOKE GETS IN YOUR EYES-1★【銀賞】.煙が目に染みる
エディ・ヒギンズ&スコット・ハミルトン


----------------------------------------------------------------------------

KEIKO LEE SINGS SUPER STANDARDS★【日本ジャズ賞】.ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズケイコ・リー


----------------------------------------------------------------------------

アスク・ア・ウーマン・フー・ノウズ★【ボーカル賞(海外)】.アスク・ア・ウーマン・フー・ノウズナタリー・コール


----------------------------------------------------------------------------

ソフトリー★【ボーカル賞(国内)】.ソフトリー
小林桂


----------------------------------------------------------------------------

THE COMPLETE LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD 1961-1★【編集企画賞】.コンプリート・ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガードビル・エヴァンス


----------------------------------------------------------------------------

マドンナの宝石★【製作企画賞】.悲しみのアンジー,マドンナの宝石
ヨーロピアン・ジャズ・トリオ


----------------------------------------------------------------------------

ライヴ・イン・パリ【一部日本語字幕付: BD】 [Blu-ray]★【最優秀ジャズ・ビデオ賞】.ライブ・イン・パリ
 ダイアナ・クラール


----------------------------------------------------------------------------

アフロ・ブルー★【最優秀録音賞(ニューレコーディング)】.アフロ・ブルー笹路正徳&LAオールスターズ


----------------------------------------------------------------------------

ジャズ・ギター+1 (紙ジャケット仕様)★【最優秀録音賞(リマスタリング)】.東芝EMI SUPER BIT JAZZ CLASICCS SERIES


----------------------------------------------------------------------------

ヴォラーレ★【ニュー・スター賞(海外)】.ヴォラーレ
ステファノ・ボラーニ


----------------------------------------------------------------------------

フロム・ニューヨーク★【ニュー・スター賞(国内)】.フロム・ニューヨーク
アキコ・グレース


----------------------------------------------------------------------------

 2002年のジャズ・シーンは“ビル・エヴァンス一色”である。
 ビル・エヴァンスと言ってもマイルス・デイビスのバンドでプレイしていたサックスビル・エヴァンスの方ではない。
 死後,22年経過して,ますます存在感を増してきたピアニストビル・エヴァンスの方である。

 本来ならハービー・ハンコックマイケル・ブレッカーロイ・ハーグローブ,あるいはエディ・ヒギンズスコット・ハミルトン,またはステファノ・ボラーニとか笹路正徳とかにコメントすると思う。そうすべきだとも思う。

 しかし,管理人はその誰よりもビクターの制作チームに最大限の賞賛を送りたい! 日本独自規格の『THE COMPLETE LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD 1961』は,全世界のビル・エヴァンス・ファンにとっての「夢の贈り物」になったからだ。

 『THE COMPLETE LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD 1961』の音楽的な意義としては,初登場のテイク【グロリアス・ステップ】が1曲。これは突然の停電のため,録音が途中で途切れてしまいオクラ入りになっていた不完全テイクだが,ファンがその発表を熱望していた伝説的な演奏がついに日の目をみた意義は図りなく大きい。

 しかしそれ以上に『THE COMPLETE LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD 1961』発売の意義とは,当夜のしゃべりやアナウンス,メンバーとのやりとりまでを含め,そのままの状態で完全に再現した点にあると言ってよい。
 そう。生身のビル・エヴァンスに肉薄できるドキュメント性のこそ価値がある。

サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード』と『ワルツ・フォー・デビイ』の2枚を所有していれば音楽的には十分であろう。
 しかし管理人は思う。『THE COMPLETE LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD 1961』は『サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード』と『ワルツ・フォー・デビイ』の2枚を所有してるマニアにこそ聴いてほしい。

 『サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード』と『ワルツ・フォー・デビイ』への思い入れが強ければ強いほど『THE COMPLETE LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD 1961』の感動が迫ってくる!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

TRIX / ART5

ART-1 『MODE』では(『BESTRIX〜THE BEST OF TRIX』を聴いた時にも)TRIXが元カシオペア熊谷徳明と元T−スクェア須藤満が組んだバンドだということを意識することはなかった。

 しかし『ART』を聴いて,初めてTRIXの中のある“カシオペアらしさ”や“スクェアっぽさ”に触れてしまった。
 …と同時にTRIXの中の“TRIXらしさ”や“TRIXっぽさ”も意識できた。『ART』はそんなアルバムだと思う。

 『ART』の名演によって,熊谷徳明から元カシオペアの冠が取れ,須藤満から元T−スクェアの冠が取れた。
 胸を張ってTRIX熊谷徳明,自信を持ってTRIX須藤満と紹介できるようになったと思う。← 後追いのお前が言うな?

 その理由が平井武士ギター・サウンド! “JET”の美メロこそがTRIXの個性!
 平井武士ギターが,時にカシオペアっぽくもあり,時にスクェアっぽくもあり,いいや,平井武士こそがCCEBの「日本のフランク・ギャンバレ」でもあり,管理人の大好きな“ロック・ギター鈴木賢司のようにも聞こえてしまう。
 平井武士のメラメラでキラキラな個性に萌え萌え〜。

 管理人は『ART』の時点で「TRIXとは平井武士ギターを聴くこと」になったと思う。
 だ・か・ら・TRIX平井武士ギター & 名コンポンザーの熊谷徳明 WITH 「ハイパーテクニカルコミックフュージョンサービス団体」の須藤満」というバンドである。 ← キーボード窪田宏の存在感を感じるのは『MODE』『ART』以降のことですが,窪田宏がいてのTRIXなのも間違いありません。

 『ART』のハイライトは“JET”が大活躍する【TRIP WONDERLAND】〜【WAITING FOR YOU】〜【LUNA PARK】の中盤3連弾!

 何回聴いても自然とCCEBをイメージしてしまう,異国情緒漂う【TRIP WONDERLAND】。キラキラとしたエレピに涙誘われる【WAITING FOR YOU】。軽めのキメが連発する【LUNA PARK】は文句なしにカッコイイ。この3連弾に恍惚〜。

ART-2 ただし『ART』のクライマックスは【SEE YOU】に違いない。TRIXのパターンとして,他のバンドだったら恐らくアルバムの顔である1曲目にもってくるに違いない「耳に残るスーパー・キャッチー&メロウ・ナンバー」がアルバムのラストを飾るパターン。
 『ART』の【SEE YOU】も相当耳に残り相当頭に残る。なんだかTRIXのアルバムってラスト・ナンバー1曲に総括される感じ? 

 【BON VOYAGE】がいいから『MODE』がいい! 【SEE YOU】がいいから『ART』がいい!

  01. Jungle Circuit
  02. Turkey
  03. 毛根ファンク
  04. Trip Wonderland
  05. Waiting for you
  06. luna park
  07. Redress
  08. Jumping Flash
  09. See you
  10. 「くりくり祭り!!」のテーマ

(キングレコード/KING RECORD 2006年発売/KICJ-506)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・ゲイル / フォアキャスト5

FORECAST-1 「スタッフ」の2枚看板であるエリック・ゲイルコーネル・デュプリーのツイン・ギター。 
 そんなエリック・ゲイルコーネル・デュプリーが「スタッフ」結成前の同時期にソロ・アルバムを発表していた。
 管理人が最初に聴いたのはコーネル・デュプリーの方だった。

 コーネル・デュプリーの『TEASIN’』を聴いてアレレ? 詳しくは『TEASIN’批評を読んでいただくとして「まっ,コーネル・デュプリーは,所詮サイド・ギターだから」という理由で納得したものだから,続くエリック・ゲイルの『FORECAST』(以下『フォアキャスト』)へのハードルが上がったように思う。

 そんな期待値の高まった『フォアキャスト』であったが,手放しで素直に素晴らしい。とにかく優しい音で聴きやすい。それでいてエリック・ゲイルの個性は薄まっていない。要は“見せ方の問題”なのであろう。

 『フォアキャスト』のプロデューサーは“CTIの総裁”クリード・テイラー。そしてディレクター&アレンジャーはボブ・ジェームス
 この2人が降り掛けたブラス・アンサンブルの“音のマジック”が実にチャーミング! 超一流の豪華ゲスト陣が実にチャーミング!

 『フォアキャスト』は,演奏云々と言うよりも曲の良さに素直に引き込まれてしまうが,そこはエリック・ゲイルである。ファンキーでメロウ,ブルージーで“むせび泣く”ように音が伸びる「泣きのギター」が冴えまくっている。

 そう。『フォアキャスト』は,エリック・ゲイルの「泣きのギター」とクリード・テイラーボブ・ジェームスの「ポップでソフト&メロウな“R&B”フュージョン」の両方が楽しめる!

FORECAST-2 『フォアキャスト』を聴いて「スタッフ」って,自分たちが楽しめる音楽を演奏するバンドだったことが理解できた。
 サイドメンとして無数のセッション・ワークを彩ってきたエリック・ゲイルのストレス発散が「スタッフ」のメンバーとの演奏にあった。

 「スタッフ」結成前のエリック・ゲイルでは『フォアキャスト』が一番楽しんでいる!

  01. Killing Me Softly With His Song
  02. Cleopatra
  03. Dindi
  04. White Moth
  05. Tonsue Corte
  06. Forecast

(CTI/KUDU 1973年発売/KICJ-2216)
(ライナーノーツ/ロバート・レヴィン,青木和富)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

TRIX / MODE5

MODE-1 TRIXって? 映画のMATRIX? 仲間由紀恵のTRICK? TRIXって知らないなぁ。
 元カシオペア熊谷徳明と元T−スクェア須藤満が組んだバンドがTRIXなのかぁ。ベースドラムがメインを張るJIMSAKUみたいな感じなのかなぁ。

 と言うことで気になってはいたのだがTRIXの1st『INDEX』は様子見でスルー。と言うか管理人のTRIX・デビューは『BESTRIX〜THE BEST OF TRIX』なので約4年間も様子見〜。

 でもその分,遡って聴いた『MODE』『ART』『FORCE』『STYLE』は一気に繰り返して聴いた。TRIXに大ハマリ。それこそ狂ったように毎日聴いた。→ 逆に,もう最初から本音を書くと新作がリリースされる度に薄くなってしまったオレって?

 そんな上記「後追い4部作」の中でも『MODE』が一番好き! なんてったって名曲の宝庫! TRIXって曲がいい。すなわち熊谷徳明ってJ−フュージョンを代表する指折りの名コンポンザーなのである。

 スクェア・ナンバーっぽい(中盤がもろ【TRUTH】っぽい)展開のロック・チューン【FIRE】。涙ちょちょぎれるバラードの【小樽】。スーパー・キャッチー・ナンバーの【BON VOYAGE】のスーパー神曲が3曲。

 でも管理人が本当に『MODE』を愛している理由は,カッコイイ・キメキメ・ミディアム【ROSSO LIQUIDO】〜CCEB調のハイパー・フュージョンMALAGA】〜ギンギンのヘビィ・メタル調の【ROAD STAR】と続く,終盤戦の「これでもか!っ」というくらいのギター・フュージョン祭り!

 名コンポンザー=熊谷徳明がテクニカルなドラミングで引っ張るのがTRIXだが,TRIXの聴き所はギター・フュージョン祭り!
 熊谷徳明須藤満のリズム隊は強力だが,TRIXには,ギターの“JET平井武士キーボードの“貴公子”窪田宏がいる!

MODE-2 そう。フュージョンの王道を走ってきた熊谷徳明須藤満が生み出すGROOVEと,フュージョンの王道から外れてきた平井武士窪田宏が生み出すメロウが融合して,TRIXの「歌うギター・フュージョン」が誕生したのだった。

 多くのTRIXファンはTRIXのコミカルなお笑いナンバーが好きなようだが,そういうファンはジャズは聴かないフュージョンの専業ファンなのだろう。管理人は【くりくり】はダメッ。
 ただし【ゴクロウサン】のようなボコーダー仕様の歌ものは「歌うギター・フュージョン」の範疇として支持できる。【ゴクロウサン】の美メロはインストとしても十分に名曲である。

 TRIXを聴いていると,いい意味で日本人らしい歌心が聴こえてくる。いつ聴いてもワビサビを押さえたギター・フュージョンに熱狂してしまう。

  01. くりくり
  02. ゴクロウサン
  03. FIRE
  04. Grass Island
  05. 小樽
  06. Punch Line
  07. rosso liquido
  08. Malaga
  09. Road Star
  10. Bon Voyage

(キングレコード/KING RECORD 2005年発売/KICJ-486)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.