アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

エリック・アレキサンダー・ウィズ・パット・マルティーノ / ザ・ファースト・マイルストーン4

THE FIRST MILESTONE-1 エリック・アレキサンダーが特に素晴らしいのは,エリック・アレキサンダーと同じくジョン・コルトレーンを信奉しているテナーサックスの大物,マイケル・ブレッカーブランフォード・マルサリスの影響をものともしない,自分の信じる「テナー・タイタン」の姿を追いかけているところである。

 つまり,超テクニカルで「シーツ・オブ・サウンド」の現代版を行くマイケル・ブレッカーとも,シリアスなジャズにしてオープンな雑食系であるブランフォード・マルサリスとも違う。
 シカゴというオールド・ジャズの伝統を重んじる閉鎖的なコミュニティで育った“らしさ”を強く感じる。

 直情的でありながら情緒的ブレを起こさない平衡感覚。ロング・トーンによるソロを吹き続けようとも,一瞬たりとも決してバテない精神的なたくましさ。ひたむきにハード・ブローイング一辺倒で,どんな局面でも吹き抜ける“豪快な力業”に,エリック・アレキサンダーの揺るぎない意志を感じてしまう。

 『THE FIRST MILESTONE』(以下『ザ・ファースト・マイルストーン』)は,エリック・アレキサンダーのリーダー作であるが,実はこのアルバム,エリック・アレキサンダーの男気を感じたピアノハロルド・メイバーンギターパット・マルティーノによる,エリック・アレキサンダーの「プッシュ・アルバム」だと思っている。

 『ザ・ファースト・マイルストーン』を初めて聴いた時,エリック・アレキサンダーが“御大2人”にプロデュースされている印象を受けた。
 そう。初めて「吹きすぎない」エリック・アレキサンダーの新境地を聴かせてもらった。パット・マルティーノから教えを請いたエリック・アレキサンダーが抑制美に目覚めている。

 パット・マルティーノ参加の『ザ・ファースト・マイルストーン』に続く,ジム・ロトンディ参加の『セカンド・マイルストーン』,ニコラス・ペイトン参加の『サミット・ミーティング』,ロン・カーター参加の『ナイト・ライフ・イン・トーキョー』の「マイルストーン四部作」は,自重することを覚えた“大人のNEWエリック・アレキサンダー”のテナーサックスが聴き所である。

THE FIRST MILESTONE-2 パット・マルティーノのイマジネイティヴなギター・ユニゾンからこぼれ出すエリック・アレキサンダーの豊かなテナーがメロディック。
 これまでも師匠としてエリック・アレキサンダーをバックから煽り続けて鍛えてきたハロルド・メイバーンパット・マルティーノを迎えてパワー・アップ。ピアノのニュアンスを聞き取ろうとするエリック・アレキサンダーを置いてけぼりに前へ前へと乗り出している。

 そう。ピアノハロルド・メイバーンギターパット・マルティーノによる,バッパー畑の至極のしごきが,エリック・アレキサンダーテナーサックスに“アダルトな響き”を付与している。

  01. STAND PAT
  02. #34 WAS SWEETNESS (FOR WALTER PAYTON)
  03. THE FIRST MILESTONE
  04. THE TOWERING INFERINO
  05. NIGHT SONG
  06. LAST NIGHT WHEN WE WERE YOUNG
  07. THE PHINEAS TRANE
  08. I'M GLAD THERE IS YOU

(マイルストーン/MILESTONE 2000年発売/VICJ-60555)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

渡辺 貞夫 / プレイズ・バッハ4

SADAO PLAYS BACH-1 『ライヴ・イン根室 1977』の39年前の音源リリースに驚かされてから約1年。再び渡辺貞夫の過去音源がリリースされることになった。
 今回は17年前のライブ音源である。『SADAO PLAYS BACH』(以下『プレイズ・バッハ』)である。

 管理人はジャズフュージョン専門であるが,MJQを筆頭にジャズメンが取り上げる題材としてのクラシックに接する機会は幾らかある。
 ゆえに『プレイズ・バッハ』も購入したのだが,その理由は“しょうがなく”ではなく“喜んで”である。

 管理人は渡辺貞夫が大好きだ。特に渡辺貞夫アルトの音色は「世界一美しい」と太鼓判を押す。そんな管理人としては『プレイズ・バッハ』こそが待望の過去音源に違いない。
 期待高まる〜! 聴く前からこんなにワクワクするのは何年振りのことだろう。

 『プレイズ・バッハ』を無心で聴く。流れ出る音楽は「クラシックのバッハそのもの」である。しかし,それ以上に聴こえてくるのは,あの渡辺貞夫の「世界一美しい」アルトの音色である。
 やはり曲とか題材とかは二の次である。ただ渡辺貞夫アルトサックスが鳴っている。それだけで大満足してしまう自分がいる。

 しかし,繰り返し聴いているうちに『プレイズ・バッハ』の印象が変化した。やっぱり面白くはない。ナベサダが緊張でかしこまったクラシックのコンサート録音を聴いている気分がしてしまう。

 『プレイズ・バッハ』は渡辺貞夫アルトサックスの音色目的で聴くには最高の1枚であろう。だが完成されたコンサートからはナベサダの香りは届いてこない。

SADAO PLAYS BACH-2 管理人の結論。『プレイズ・バッハ批評

 『プレイズ・バッハ』は,良く出来たライブ演奏と認めるが,いかんせんライブなのに非ジャズ的な書き譜通りの演奏に終始している。これはこれで有りなのか無しなのか?

 仮に渡辺貞夫が「クラシックのバッハ」ではなく,最近流行りの「バッハジャズ」のアレンジに向き合ったとしても,独唱によるアルトの音色の美しさは損なわれなかったように思えるのだが…。
 まっ,あのナベサダが「バッハジャズ」とは下品すぎて手を出さないのだろうけど…。

  01. FLUTE SONATA IN E MAJOR BWV.1035
  02. FLUTE SONATA IN E FLAT MAJOR BWV.1031
  03. PARTITA FOR FLUTE SOLO IN A MINOR BWV.1013
  04. ORCHESTRAL SUITE NO.2 IN B MINOR BWV.1067
  05. POR TODA A MINHA VIDA
  06. CARINHOSO
  07. FLUTE SONATA IN C MAJOR BWV.1033
  08. FLUTE SONATA IN B MINOR BWV.1030

(ビクター/JVC 2017年発売/VICJ-61768)
(ライナーノーツ/菅原正二,小林道夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1997年度(第31回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1997年度(第31回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

テネシー・ワルツ / Rendezvous★【金賞】.テネシー・ワルツ
カサンドラ・ウィルソン&ジャッキー・テラソン


----------------------------------------------------------------------------

ミズーリの空高く★【銀賞】.ミズーリの空高く
チャーリー・ヘイデン&パット・メセニー


----------------------------------------------------------------------------

ラヴ・シーンズ★【ボーカル賞】.ラブ・シーンズ
ダイアナ・クラール


----------------------------------------------------------------------------

ザ・トリオ★【日本ジャズ賞】.ザ・トリオ
小曽根真


----------------------------------------------------------------------------

コンプリート・アトラス・イヤーズ★【編集企画賞】.コンプリート・アトラス・イヤーズ
アート・ペッパー


----------------------------------------------------------------------------

アメリカの祈り★【製作企画賞】.アメリカの祈り
マンハッタン・トリニティ+1


----------------------------------------------------------------------------

トゥルー・バラード★【録音賞(新緑)】.トゥルー・バラード
 アーチー・シェップ


----------------------------------------------------------------------------

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション [XRCD]★【録音賞(再発)】.XRCDジャズ・シリーズ(全11タイトル)


----------------------------------------------------------------------------

インプロヴィゼーション [DVD]★【最優秀ビデオ賞】.インプロヴィゼーション
チャーリー・パーカー他


----------------------------------------------------------------------------

テナーズ・エニワン★【最優秀新人賞】.テナーズ・エニワン
ハーリー・アレン


----------------------------------------------------------------------------

BEAUTIFUL LOVE★【最優秀新人賞】.ビューティフル・ラブ
ケイコ・リー


----------------------------------------------------------------------------

 チャーリー・ヘイデン&パット・メセニーの『ミズーリの空高く』が【銀賞】受賞。

 『ミズーリの空高く』は,20年来の付き合いを持つチャーリー・ヘイデンパット・メセニーが,数年間2人きりで構想について語り合い練り上げてきた,ベースギターだけのアコースティックデュオ
 『ミズーリの空高く』は,ジャズを越え音楽をも越えた“崇高な作品”と呼ばれて然るべき“大傑作”である。

 不要な音を徹底的に削ぎ落とし,本当に必要な一音勝負に出た“音の映像作家”パット・メセニー。そのパット・メセニーの音世界をキャッチし,音のパレットを共有しながら色付けに励むチャーリー・ヘイデン。2人がついに完成させたのが“音の空間美”そして“静寂のハーモニー”である。
 暖かい音色と美しい響きを伴って,静かにゆっくりと音が,時が流れていく。幸福の本質とは何なのかを問いかけながら…。

 ウッド・ベースアコースティック・ギターの音色が,自分では手を伸ばしても決して届かない「心の琴線」にまで達し“優しく撫で回してくる”。うれしい。このままずっと聴き続けていたい。音楽に心の底から感動している肌触りが残る。

 言葉を越えた音楽がある。『ミズーリの空高く』はそんな1枚である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー / ストレイト・アップ4

STRAIGHT UP-1 ジョシュア・レッドマンが“神童”であればエリック・アレキサンダーは“新星”である。
 ジョシュア・レッドマンにはカリスマ性を感じるが,エリック・アレキサンダーには「期待の新人」を強く感じる。

 管理人がそう思うのは多分に,エリック・アレキサンダーデビューCDSTRAIGHT UP』(以下『ストレイト・アップ』)での実にフレッシュな第一印象のイメージが大きい。

 ハロルド・メイバーンピアノ・トリオをバックに,元気ハツラツなテナーサックスが疾走している。エリック・アレキサンダーの太く力強いトーン,豊かなメロディ・ラインがこぼれている。ブローが熱い。バラードは繊細でよく鳴っている。
 とにかく過去のサックス奏者と比べると何もかにもが違っているように感じる。新感覚に襲われた。

 エリック・アレキサンダーはイノベーターではない。エリック・アレキサンダーテナーサックスには,ソニー・ロリンズジョン・コルトレーンソニー・スティットジョー・ヘンダーソンスタンリー・タレンタインジョージ・コールマンからの影響が感じられる。
 にも関わらず,それ以上に勢いを感じる。己の目指す音楽に突き進む“気概”のようなものが先に来ている。これは相当に手強い。

 そう。エリック・アレキサンダーは,伝統に対する知識と愛情を持ち,開かれた感覚を持ち演奏する。
 エリック・アレキサンダーは,その耳で聞き,その心が感じたものを確信をもって,流ちょうに,成熟した音で,スイングしながら,本物のメロディー感覚を奏でる完璧主義者なのであろう。

STRAIGHT UP-2 管理人の結論。『ストレイト・アップ批評

 『ストレイト・アップ』は雰囲気で聴いていては楽しめない。エリック・アレキサンダーアドリブを紡いでいく過程を聴き楽しむアルバムである。
 情熱的なフレージングに茶目っ気たっぷりなエリック・アレキサンダーのユーモアを聴き逃すな!

  01. Straight up
  02. What are you doing the rest of your life
  03. Be my love
  04. Blues waltz
  05. Laura
  06. An Oscar for Tredwell
  07. End of a love affair
  08. Love is a many splendored thing

(デルマーク/DELMARK 1993年発売/PVCP-8164)
(ライナーノーツ/藤原孝弘,ローラ・ロウズナー)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

渡辺 貞夫 / ライヴ・イン根室 19775

LIVE IN NEMURO 1977-1 39年の時を越えてリリースされた『LIVE IN NEMURO 1977』(以下『ライヴ・イン根室 1977』)。
 このような過去音源のリリースは渡辺貞夫にとって初めてのことではなかろうか?

 この理由についてあらぬ憶測をしたものだが,要は渡辺貞夫の衰えから来たものではなく,渡辺貞夫の耳に初めて届けられた秘蔵音源が世に出た,という理由に胸を撫で下ろした( 事の詳細は大川正義氏が執筆したライナーノーツを参照のこと )。

 つまり渡辺貞夫のファンにとって『ライヴ・イン根室 1977』とは,単なる過去音源の発掘として片づけるのではなく,本気で渡辺貞夫の最新作として聴くべきアルバムであり,聴き込めば聴き込むほどにいいアルバムである。

 『ライヴ・イン根室 1977』が,公式録音でなかったという事実は,則ち,毎夜『ライヴ・イン根室 1977』クラスの名ライブが,日常的に演奏されていた証拠である。

 『ライヴ・イン根室 1977』の録音時期は,ちょうど渡辺貞夫が世界に登り詰める途上に当たる。
 『ライヴ・イン根室 1977』の半年前が『MY DEAR LIFE』で2週間後が『AUTUMN BLOW』。ナベサダフュージョンの間と間に行なわれた本格的なジャズライブというスタンスである。

 そう。『ライヴ・イン根室 1977』の真実とは,渡辺貞夫ジャズジャズ・ロック→フュージョンへの過渡期特有の魅力が1枚に詰め込められている。ライブだから,いつも以上に自由にアイディアを試している。

 渡辺貞夫の頭にあったアイディアの中には,アフリカがありボサノヴァがある。そしてアメリカの流行に影響を受けたクロスオーヴァーなジャズがある。

 実はナベサダさん。翌年の『CALIFORNIA SHOWER』の大ヒット以降は,アルバム制作は有名海外ジャズメンとの共演一色。その意味でも日本人で構成されたレギュラー・バンドの良さを堪能できる『ライヴ・イン根室 1977』のクロニカル的な価値は高い。
 
LIVE IN NEMURO 1977-2 とは言え『ライヴ・イン根室 1977』のハイライトは【ON GREEN DOLPHIN STREET】と【RHYTHMANING】のストレートなジャズ・ナンバー。

 オール日本人による渡辺貞夫グループがスピード豊かに疾走している。福村博トロンボーン本田竹広ピアノエレピ岡田勉ベース守新治ドラムのレギュラー・クインテットが一体化して押し寄せてくる。ハーモニーを重ねて楽しむスピリットみたいなものが伝わってくる。

 最高にグルーヴする渡辺貞夫のレギュラー・グループが色褪せていない。逆になんだかこれって新しい!? 『ライヴ・イン根室 1977』は渡辺貞夫・ファンにとっての「温故知新」なのである。

  01. MASSAI TALK
  02. HUNTING WORLD
  03. CHELSEA BRIDGE
  04. ON GREEN DOLPHIN STREET
  05. BOSSA NA PRAIA
  06. RHYTHMANING
  07. MY DEAR LIFE

(JVC/JVC 2016年発売/VICJ-61751)
(ライナーノーツ/小川隆夫,大川正義)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリス・マルサリス & 小曽根 真 / ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ5

PURE PLEASURE FOR THE PIANO-1 こんなピアノデュオは初めてである。四角四面な管理人はデュエット・アルバムは2人が対等だと思い込んでいた。
 しかしエリス・マルサリス小曽根真の『PURE PLEASURE FOR THE PIANO』(以下『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』)は,ほぼ小曽根真ばかりである。
 エリス・マルサリスの方が先に名前が出て来ているというのに,デュエットの間中,エリス・マルサリス小曽根真の伴奏役を務めている。まっ,このエリス・マルサリスのサポートが素ん晴らしいのであるが…。

 ただし『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』におけるエリス・マルサリスの“小曽根推し”は,エリス・マルサリスの計算された演出である。
 ニューオリンズ・ジャズのドンであるエリス・マルサリスは,事あるごとに「とにかくお前ら一回,この真というピアニストの音楽を聴いてみろ」と,ニューオーリンズ・センター・フォー・クリエイティブ・アーツの学生たちに薦めていたというエピソードが残されている。

 そんな小曽根真の良さを知り尽くしたエリス・マルサリスだから『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』で,まさかの“小曽根推し”ピアノデュオを成立させることが可能になったのだと思う。
 とは言え『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』は,エリス・マルサリス小曽根真ジャズメン・シップで制作されたわけではない。

 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』制作の理由は,小曽根真サイドからの東日本大震災の復興支援のチャリティー・アルバム第2弾となるのだが,エリス・マルサリス・サイドからすれば2005年のハリケーン・カトリーナからのニューオリンズの復興支援チャリティーともなっている。
 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』の収益の全額が「半分は東日本大震災の復興支援へ,もう半分はエリス・マルサリス・センター・フォー・ミュージックという復興支援の中心的建物へ寄付されたようである。

 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』の性質がチャリティー・アルバムゆえ,鎮魂歌的な選曲であるし,ジャズ発祥の地としてのニューオリンズ所縁の選曲も目に付く。
 そう。クリティカルな小曽根真がバッチリ楽しめる仕組み。エリス・マルサリスがプロデュースする,小曽根真の仮想ソロ・アルバムと称して差し支えない。

 エリス・マルサリスの懐の中に小曽根真がクリティカルに飛び込んでいく様は,まるで親子共演のような印象を受ける。これはたまたまなのだろうがエリス・マルサリス小曽根真のお父様=小曽根実は同い年。
 互いにリスペクトしつつも,エリス・マルサリス小曽根真ジャズメン・シップに強い信頼関係と絆が感じられる。

( ちなみに『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』にエリス・マルサリスの長男=ブランフォード・マルサリスが【STRUTTIN’ WITH SOME BARBECUE】でゲスト参加。ブランフォード・マルサリスにしては珍しくアルトサックスを吹いている。これぞマルサリス・ファミリーの血の掟!? )

PURE PLEASURE FOR THE PIANO-2 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』における小曽根真は「世界のOZONE」にふさわしい“王者のジャズ・ピアノ”を弾いている。理知的で内省的な演奏が半分,そして半分は悲しいのに底抜けに明るい。
 『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』における名演小曽根真のキャリアを代表する1枚になったと思う。素晴らしい。

 一方,エリス・マルサリスジャズ・ピアノは,ある時はメロディー・ラインを流麗に奏で,ある時は小曽根真の才気溢れる挑発に端正なバッキングで応じている。
 ジャズ界のレジェンドの語り口は,ラグタイムのストライド奏法にはじまり,ブルースで泣き,ワルツで踊って,やがてスイングの強烈なグルーヴ感に収斂している。こちらも素晴らしい。

 そう。「攻めの小曽根真と受けのエリス・マルサリス」。2人の長所が絶妙のバランスで混じっている。「小曽根真エリス・マルサリス=8:2」のバランスゆえに光っている。

 いや〜,聴けば聴くほど『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』がチャリティー・アルバムとして制作されたとは信じ難い。災害は2度と生じてほしくないが,エリス・マルサリス小曽根真デュエットの続編を大いに期待している。

  01. Confusing Blues
  02. Do You Know What It Means to Miss New Orleans?
  03. Sweet Georgia Brown
  04. Moment Alone
  05. Emily
  06. Longing for the Past
  07. What Is This Thing Called Love
  08. Struttin' With Some Barbecue

(ヴァーヴ/VERVE 2012年発売/UCCJ-2104)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/エリス・マルサリス,小曽根真)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.