アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

TRIX / TRICK4

TRICK-1 いや〜,本当にいいアルバムだ。これぞ「タネも仕掛けもない」TRIXのイリュージョン・アルバム『TRICK』。

 『TRICK』でついに熊谷徳明TRIXの“手の内”を明かした。
 そう。熊谷徳明が新ギタリスト菰口雄矢と新キーボード・プレイヤー=AYAKIの持てる才能をついに解禁。優秀な若手の蛇口を捻ってみせた最高のアルバムだと思う。

 『TRICK』でのTRIXの“切り札”は菰口雄矢であり“JOKER”はAYAKIである。
 菰口雄矢AYAKIの『TRICK』は,まるでトリックのような演奏面での華麗なるテクニックではない。菰口雄矢作曲の【FUDGE】とAYAKI作曲の【BLUESY FACTORY】!

 そう。【春爛漫】以来,鳴りを潜めていた管理人待望のキラー・チューンの誕生は熊谷徳明の作曲ではなかったという事実! これが最高に気に入った!
 菰口雄矢AYAKITRIXというバンドの個性に寄せてきたがゆえの名曲誕生なのだったと思う。

 これまで菰口くんとAYAKIくんに,冷たく当たってきた管理人は『TRICK』で猛反省。
 TRIX加入前から次世代のエース格として人気者だった菰口雄矢とバークリー首席卒業のAYAKIが,ついにバンド・サウンドの枠内で持てる実力を発揮してきた。ただそれだけのこと。

 菰口雄矢AYAKIをフィーチャーした音楽性の変化を表現するためには,まずは熊谷徳明須藤満に「TRIXの新境地」を受け入れる度量の大きさが求められる。
 とは言えサウンド面での“若返り”は,新ギタリスト,新キーボード・プレイヤーとして彼ら2人を選んだ時点で期待と覚悟は整っている?

 そんな“菰口雄矢AYAKI推し”の『TRICK』だが『STYLE』クラスの名盤と成り得なかったのは,熊谷徳明須藤満の年長組が,菰口雄矢AYAKIの年少組のイメージにまで追いつけてはいないこと。覚悟を決めることはできてもイマージネーション豊かな表現方法までは共有できてはいないこと。

 なんだか第三期TRIXってジャニーズのV6のカミセンとトニセンが合体した感じに思えます。

TRICK-2 時間を重ねて初めてバンド・サウンドが確立されることを考慮すると,まだこれからの部分が大きいのだが,どうしても管理人は違和感がざらついている。

 それは菰口雄矢の立ち位置なのだが,菰口雄矢ってバンドマンというよりはゲストっぽくない? 雇われっぽくない? だから時間をかけたら何とかなるには疑問が残る。
 まっ,そのバンドとしての「カッチリ感」が薄いだけで,完成した『TRICK』が快作なのだから喜ぶだけですかっ!

 管理人の結論。『TRICK批評

 『TRICK』は,おバカPOPフュージョンから洋楽プログレッシブフュージョンへの転換作である。言い換えるなら平井武士シフトから菰口雄矢シフトへの転換作である。
 硬派フュージョンTRIX! イェイ!

  01. FLASH
  02. Jawa Jawa
  03. ビンゴッ!!
  04. Fudge
  05. Sincerely
  06. Trick or Treat
  07. Bluesy Factory
  08. Out Of Cry
  09. ピュッピュッテレパシー
  10. Clover

(キングレコード/KING RECORD 2014年発売/KICJ-675)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フォープレイ / ビトゥイーン・ザ・シーツ5

BETWEEN THE SHEETS-1 鉄壁のバンド・アンサンブルを誇るフォープレイの理念が,早くも『BETWEEN THE SHEETS』(以下『ビトゥイーン・ザ・シーツ』)具現化されている。

 4人が意気投合したボブ・ジェームスの『グランド・ピアノ・キャニオン』の香り漂う,フュージョン・タッチのデビュー・アルバム『FOURPLAY』が大好きなのだが“ウルトラ・スーパー・グループ”フォープレイの本質としては『ビトゥイーン・ザ・シーツ』の方に聴き所がある。

 3枚目の『エリクシール』も含めて,三つ巴のリー・リトナー期の名盤の中で,現在の“スムーズ・ジャズの雄”フォープレイのスタイルに一番近いのが『ビトゥイーン・ザ・シーツ』である。

 『ビトゥイーン・ザ・シーツ』から押し寄せてくる快感。それは「際立つグルーヴと深いアンサンブルの妙」。
 『ビトゥイーン・ザ・シーツ』こそがフォープレイの枕詞である「拝聴してもよし。BGMとしてもよし」の最右翼だと断言できる。

 キーボードボブ・ジェームスギターリー・リトナーベースネイサン・イーストドラムハービー・メイソンが,我を殺してメンバーの音に合わせているにも関わらず4人の個性はそのまんま!

 ここがフォープレイの凄業! 4人で機織り改め「音を織りなす」という表現がピッタリするような極上の音絵巻! 互いを傷付けることなく同じイメージを描き,音階・音量・リズムを共有して完璧なアンサンブルを鳴らしている。
 バカテクな演奏や派手で判り易い旋律とは全く無縁。淀み迷いの微塵も無い。ある意味“凄み”を感じさせる演奏だと思う。

BETWEEN THE SHEETS-2 スローな曲にはウットリさせられるし,アップ・テンポなジャンプ・チューンには心踊らされる。フォープレイは大人なのだ。フォープレイはアダルト・コンテンポラリーなのだ。
 『ビトゥイーン・ザ・シーツ』のフォープレイフュージョンではなく,スムーズ・ジャズでもなく,この時点ではAORなのだと思う。

 ネイサン・イーストヴォーカルが心地良い。ヴォーカルと4つの楽器の絡み具合がこの上ない。幻想的な浮遊感が音場を支配している。

 『ビトゥイーン・ザ・シーツ』には,美しく流れるように洗練されたグルーヴがある。どれもが味わい深く気品あふれるグルーヴがある。エンタテイメント性を充足させ,アートの域まで達したグルーヴがある。

  01. Chant
  02. Monterey
  03. Between The Sheets
  04. Li'l Darlin'
  05. Flying East
  06. Once In The A.M.
  07. Gulliver
  08. Amoroso
  09. A Summer Child
  10. Anthem
  11. Song For Somalia
  12. Tokyo Rain

(ワーナー・ブラザーズ/WARNER BROTHERS 1993年発売/WPCP-5506)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

TRIX / RE:TRIX3

RE:TRIX-1 盤石を誇っていたTRIXであったが,バタバタとギターキーボードがメンバー・チェンジ。一体TRIXに何が起きたのだろうか?

← TRIXはイマイチ愛されていないのか? カシオペアでのJIMSAKUの脱退とスクェアでの本田雅人の脱退は,あれから20年経った今でも酒の話題に上るっちゅうのに。平井武士の脱退の時はそれなりの波風が立ったが,今回の窪田宏の脱退はどうだろう。それも直近の3作で2作もメンバー・チェンジする異常事態だというのに管理人の周りのTRIXファンの無関心ぶりにちょっぴり気落ちしてしまいました。

 そんなバンドの危機を救うべく熊谷徳明「起死回生」の1枚が『RE:TRIX』。第一期TRIXの名曲を新メンバーで焼き直し〜。
 「新生TRIXはこんなになりました」的なセルフカヴァー・アルバムが『RE:TRIX』。前作『DELUXE』から半年後のリリースゆえに,管理人的には熊谷徳明の危機管理能力の高さを感じた1枚という印象である。

 個人的にセルフカヴァーは鬼門となっている。T−スクェアの『宝曲』〜『夢曲』〜『虹曲』の3連発で,カシオペアの『ASIAN DREAMER』の悪夢から解放されつつある管理人であるが,それでも若干,アルバムを手にすることを躊躇してしまった。アマゾンで発売前から安売りされていたからフラゲした。ただそれだけのこと。

 …でっ『RE:TRIX』。第一声は,安心した&ほっとした,である。つまりアレンジが激変しなかったのが良かった。
 個人的にセルフカヴァーの評価軸が,安心して聴けるかどうか,なのが我ながら淋しいと思うのだが致し方ない。それくらいに『ASIAN DREAMER』がトラウマになったということ。その『ASIAN DREAMER』には尚更!熊谷徳明が参加していたという事実有。

 それで気を許して聴き込み始めた『RE:TRIX』。読者の皆さんが本当に知りたい部分での管理人の本音を書く。
 今度は今度で全くアレンジが変化していない。これではメンバー・チェンジの身も蓋もないというものだ。だから『RE:TRIX』は駄盤である。

 メンバー・チェンジしても同じということは機械が演奏していることと同じだし,それだとカラオケと同じだし…。
 到底,これ以上聴き込む気など起きやしない。タンスの肥やし行きであった。

 熊谷徳明も流石にこれではマズイと考えたのか?ラストの【SMILE.〜GENTLE SUMMER VER.〜】だけは“やっつけ仕事的ながら”ボサノヴァ調にリアレンジされていてお見事! こんなセルフカヴァーなら大歓迎!って,ファン心理も女心と似ているのかも?

RE:TRIX-2 管理人の結論。『RE:TRIX批評

 無理矢理『RE:TRIX』とオリジナル・バージョンとの違いを書くとすると,ソロ・パートでのアドリブが違うこと。でもそれって「LIVEで毎晩同じ演奏はしない」くらいの些細な違い。

 熊ちゃん。セルフカヴァーの『RE:TRIX』を出す意味は,批判を早期に封じ込めるタイミング以外の何かがあったのですか?

  CD
  01. Recollection
  02. FIRE
  03. Double Up
  04. Christmas Flower
  05. サムライ
  06. puma
  07. Malaga
  08. Good Luck!!
  09. Jungle Circuit
  10. Passion
  11. 敦煌
  12. Smile.〜gentle summer ver.〜

  DVD
  01. Tears In The Universe
  02. Synchronizer
  03. 春爛漫

(キングレコード/KING RECORD 2013年発売/KIZC-207/8)
★【初回限定盤】ボーナスDVD付 2枚組

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フォープレイ / FOREPLAY5

FOURPLAY-1 フォープレイが結成されたのは1990年。当時の常識からして“ウルトラ・スーパー・グループ”フォープレイの結成は異例中の異例のことだと記憶している。

 というのも世はバブルの真っ只中で“桜花爛漫”を楽しんでいた時代である。今のようなデフレで尻つぼみのご時世なら幾分理解できるが,例えばBOOWYから氷室京介と布袋寅泰がソロデビューを果たしたように,音楽家足るもの,まずはバンドで売れてからソロで大活躍というのがセオリーであり皆の目標であったと思う。あのマーカス・ミラーマイルス・デイビスのバンドで売れたから今の栄光がある。

 だ・か・ら・すでに全てを手に入れている“売れっ子”の4人。キーボードボブ・ジェームスギターリー・リトナーベースネイサン・イーストドラムハービー・メイソンフォープレイというレギュラー・グループを結成したことに驚愕したのであった。
 絶好調のバブル景気に企業業績も増収増益。なのに合併とか統合する会社がどこにある。起業し独立するチャンスがあるのに敢えて会社に出戻りして過労死する感じ?

 なぜ? どうして? 勿論お金にも困っていないだろうし,名声も十分に獲得しているし,ソロ活動に軸足を置いた方が自分のやりたい音楽がやれるであろうに…。
 バンドを組む理由が見当たらない4人の決意に当惑しつつデビューCDFOURPLAY』を聴いて無言になった。音楽を聴いただけで納得させられてしまった。

 フォープレイはこれなんだ。この4人が集まったフォープレイでなければならないんだ。
 この極上の音楽はボブ・ジェームス1人が,ありったけのお金や時間を費やしても完成させることのできない音楽である。ボブ・ジェームスが全ての私財を投げうってでも手に入れたかった音楽。それが『FOURPLAY』から流れてくる。この上なく素晴らしい。

FOURPLAY-2 ボブ・ジェームスの『グランド・ピアノ・キャニオン』で意気投合してしまった奇跡の4人が,自分を押し殺してグループ・サウンドの一部として機能することだけに徹している。
( 余談ですが,上記の理由で管理人はリー・リトナー時代のフォープレイが一番好きなのです! )

 フォープレイの『FOURPLAY』が大好きだ。書きたいことは山ほどあるが『FOURPLAY批評の誌面上に1つだけ書いておく。それは『FOURPLAY』の時点では,現在のスムーズ・ジャズばかりを演るバンドになるとは思わなかったということ。

 【BALI RUN】の,静寂からの「もうやめて〜」的な猛プッシュの音階上がりに押し倒されてしまったファンたちは皆,管理人と同様の感想を抱いていると思っている…。

  01. BALI RUN
  02. 101 EASTBOUND
  03. FOREPLAY
  04. MOONJOGGER
  05. MAX-O-MAN
  06. AFTER THE DANCE
  07. QUADRILLE
  08. MIDNIGHT STROLL
  09. OCTOBER MORNING
  10. WISH YOU WERE HERE
  11. RAIN FOREST

(ワーナー・ブラザーズ/WARNER BROTHERS 1991年発売/WPCP-4463)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

TRIX / DELUXE4

DELUXE-1 新ギタリスト菰口雄矢が加入した『IMPACT』は「NO・IMPACT」。
 そして本作,新キーボード・プレイヤー=AYAKIが加入した『DELUXE』は「NO・DELUXE」。

 2度のメンバー・チェンジを経て管理人が思ったこと。それはカシオペアがいつの時代も野呂一生のバンドであるように,TRIXとは熊谷徳明のバンドだということである。
 「2期」になってもフロント2人がメンバー・チェンジしてもTRIXTRIX熊谷徳明の独特の世界観は健在であった。

 それにしても窪田宏の脱退は痛い。ある意味「バンドの顔」であった平井武士との別れ以上にバンドの窮地を経験したことと思う。
 「バンドの顔」が変わるのは音楽的にも分かりやすい。ただし,今回は「バンドの屋台骨」のキーボードである。サウンド・カラーを最終的に決定付けていた窪田宏の路線を継続するか? それとも別路線を模索するか? どちらにしてもキーボードの変更はギター以上に比重が大きい!
← 野呂一生向谷実脱退後のカシオペア・サード立ち上げ時に,新キーボード・プレイヤーとして向谷実とは正反対のオルガニスト大高清美を後任に選んだ。 

DELUXE-2 その意味で熊谷徳明は,後任にAYAKIを選ぶことによって,窪田宏路線の継続を決めたように思う。というのも『DELUXE』を聴いても,TRIXに大きな変化は感じない。
 『DELUXE』でのAYAKIには,ソツなく窪田宏の役割をこなすミッションが与えられている?

 その狭められた役割の中でAYAKIの個性が輝くのはブラスシンセを多用した音色使い。AYAKIの指からソプラノサックスやらヴァイブの音色が降って来る〜。
 AYAKIのルーツはロックやPOPSではなくジャズフュージョン! 新生TRIXの命運は菰口雄矢の成長次第であるが,もっと深い部分でバンドの寿命はAYAKIの鍵盤が握っているように思う。

 『DELUXE』は「NO・DELUXE」。暴言を書けば“華”がなくなってしまった(失言)。
 テクニカルな菰口雄矢に,テクニカルなAYAKIが加わり,スーパー・プレイが飛び出すのにワクワク感が消えてしまった。硬派でアグレッシブな演奏スタイルに,想定外の“遊び”が無くなってしまったのは個人的に残念である。

DELUXE-3 辛口な『DELUXE批評となってしまったが,純粋に『DELUXE』には久しぶりにいい曲が集まった印象を持つ。
 そんな中,熊谷徳明の提供曲は過去最少の4曲。しかもいつものパターンからすればアルバムのラストを締める【春爛漫】がなぜ3曲目? 熊ちゃん,ご乱心か?

PS TRIXの「お約束」『DELUXE』での“遊び”は内ジャケットのメンバー写真。CDトレイ下のメンバー写真がAKB48と同じキングレコードであって1枚に1人の写真がランダムで挿入されているとのこと(4人全員コンプリートするには4枚買ったぐらいでは無理だと思われます)。「DELUXE-3」は管理人が当たった「熊谷徳明デラックス」( by マツコ・デラックス風 )。

  01. 三国志
  02. インドメタシン
  03. 春爛漫
  04. The Speed Queen
  05. Motivic
  06. Tears In The Universe
  07. Horizon
  08. North
  09. Synchronizer
  10. Anytime, Anywhere

(キングレコード/KING RECORD 2013年発売/KICJ-655)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ / サプリーム〜ザ・ベスト・オブ・EJT〜4

SUPREME -THE BEST OF EJT--1 管理人がヨーロピアン・ジャズ・トリオを知るきっかとなったベスト盤『SUPREME −THE BEST OF EJT−』(以下『サプリーム〜ザ・ベスト・オブ・EJT〜』)を聴いてみると,当時のヨーロピアン・ジャズ・トリオの立ち位置が分かる。

 ヨーロピアン・ジャズ・トリオとは,非アメリカーナなジャズ・トリオの“象徴”である。
 ジャズとはリズムをクリエイトした音楽なのだが,ヨーロピアン・ジャズ・トリオは美しいメロディーをクリエイトするバンドであって,リズム隊はビート・キープが出来ればよろしい。
 そんな「狭められた枠内」でのアドリブ1本で勝負するヨーロピアン・ジャズ・トリオのアイディアとは「非アメリカン・ジャズ」にあった。

 ジャズスタンダードではない。隠れた名曲でもない。ヨーロピアン・ジャズ・トリオは,誰もが一度は耳にしたことのあるポピュラー・ソングや映画音楽などを“いかにもジャズっぽく”演奏するバンドである。

 ヨーロピアン・ジャズ・トリオの勝算とは,まずは演奏を聞いてもらうこと。聞いてもらう機会さえがあれば,自分たちの側に引き寄せる自信があるのだろう。
 事実,ヨーロピアン・ジャズ・トリオの良さは徐々に口コミで広まってきた。最初にガツンと来ることはない。お洒落なカフェで聞いたことのあるような雰囲気なのに,じっくりと耳を傾けたが最期,ヨーロピアン調のピアノ・トリオの虜にされる。

SUPREME -THE BEST OF EJT--2 普段聞いているアメリカン・ジャズとは異なるのに,もしやヨーロピアン・ジャズ・トリオこそが王道のジャズだと思う瞬間に襲われる。
 まぁ,そう思う瞬間とは決まってスロー系とミディアム系ばかりなのが,EJTの真骨頂であり生命線である。

 『サプリーム〜ザ・ベスト・オブ・EJT〜』を男女の雰囲気作りのために選ぶ人もいることだろう。でも聴きやすいからと用心していないとEJTからの「不意打ち」に合いますよっ。

  01. MARIA (WEST SIDE STORY)
  02. DJANGO
  03. LIEBESTRAUM NO.3
  04. GOLDEN EARRINGS
  05. EUROPA
  06. CARMEN - HABANERA
  07. ENDLESS LOVE
  08. 24 CAPRICCI
  09. LIBERTANGO
  10. THE WAY YOU LOOK TONIGHT
  11. PHASE DANCE
  12. MAZURKA NO.1
  13. CARAVAN
  14. PATHETIQUE

(M&I/M&I 2002年発売/MYCJ-30135)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/染川理咲)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.