アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1991年度(第25回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1991年度(第25回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

アース・ウォーク★【金賞】.アース・ウォーク
ジャック・デジョネット・スペシャル・エディション


----------------------------------------------------------------------------

ウェルカム・トゥ・ラブ★【銀賞】.ウエルカム・トゥ・ラブ
ファラオ・サンダース


----------------------------------------------------------------------------

ユ−・ガッタ・ペイ・ザ・バンド★【ボーカル賞】.ユー・ガッタ・ペイ・ザ・バンド
アビー・リンカーン・ウイズ・スタン・ゲッツ


----------------------------------------------------------------------------

プレイズ・ビバップ Vol.1★【日本ジャズ賞】.プレイズ・ビ・バップ Vol.1
富樫雅彦 & J.J.スピリッツ


----------------------------------------------------------------------------

ヴォイス★【日本ボーカル賞】.ヴォイス
中本マリ


----------------------------------------------------------------------------

シャキルの戦士★【制作企画賞】.シャキルの戦士
デビッド・マレイ〜ドン・プーレン〜スタンリー・フランクス〜アンドリュー・シリル

----------------------------------------------------------------------------

日本ジャズ体系★【編集企画賞】.日本ジャズ体系 (King)



----------------------------------------------------------------------------

ドン・キホーテ★【録音賞(海外)】.ドン・キホーテ
 チャールス・ファンブロー


----------------------------------------------------------------------------

アース・ウォーク★【録音賞(国内)】.アース・ウォーク
ジャック・デジョネット・スペシャル・エディション


----------------------------------------------------------------------------

ジョン・コルトレーンの世界 [DVD]★【最優秀ビデオ賞】.ジョン・コルトレーンの世界
 ジョン・コルトレーン



----------------------------------------------------------------------------

 ジャック・デジョネット・スペシャル・エディションの『アース・ウォーク』が【金賞】受賞。
 出すアルバムが全て絶賛されてきたジャック・デジョネットの「スペシャル・エディション」。そんな「スペシャル・エディション」が,史上最高のアルバムを作ったのだから【金賞】受賞も当然だと思う。

 アルバム毎にほぼメンバーが入れ替わってきた「スペシャル・エディション」。『アース・ウォーク』のフロントは,ゲイリー・トーマスグレッグ・オズビーツインサックスに,新加入のマイケル・ケインキーボード

 ゲイリー・トーマスグレッグ・オズビーがクリエイティブ。そんな2人の熱演をスケール豊かに包み込み,最終的な音の表情を作り上げるマイケル・ケインが八面六臂の大活躍。

 トンガリ系でぶっ飛び系なのに,最新テクノロジー化された手作りの音がそこはかとなく温かい。ジャック・デジョネット=素晴らしいセンスの“音楽家”爆発アルバムである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チック・コリア・アコースティック・バンド / ライヴ・フロム・ザ・ブルーノート東京5

LIVE FROM THE BLUE NOTE TOKYO-1 移り気なチック・コリアの膨大なプロジェクトの中にあっても“瓢箪から駒”の「アコースティック・バンド」。
 だからデイブ・ウェックルのトラとしてヴィニー・カリウタが参加したと聞いてはいても「気が動転する」ようなことはなかった。

 でも『LIVE FROM THE BLUE NOTE TOKYO』(以下『ライヴ・フロム・ザ・ブルーノート東京』)を実際に耳にしたとき「気が動転して」しまった。

 なんだかこれまでチック・コリアを聴いて時を過ごしてきた様々な思い出,その時々の感情,そしてチック・コリアに関連して貯め込んできた知識がフラッシュバックの如く頭の中を一気に駆け巡ったことをよく覚えている。

 チック・コリアドラマーと来れば,スティーヴ・ガッドデイブ・ウェックルにような「正確無比」なバカテク・フュージョン系のドラマーの名前を真っ先にイメージしてしまうのだが,例えばジャズ系のロイ・ヘインズジェフ・バラード,ロック系のレニー・ホワイトと共演した時のチック・コリアも一興である。
 そう。チック・コリアベーシストの変更以上にドラマーの個性に感化されるタイプだと思う。

 その意味で「“NEW”AKOUSTIC BAND」とクレジットされたヴィニー・カリウタドラミングに,チック・コリアがこれまでになく創造力を刺激された演奏を聞くにつれ,デイブ・ウェックルのことが気になるし,ジョン・パティトゥッチの心情も気になってくる。
 音楽以外の事で「胸騒ぎを覚える」。『ライヴ・フロム・ザ・ブルーノート東京』はそんなアルバムであった。

 ズバリ『ライヴ・フロム・ザ・ブルーノート東京』のハイライトは,これまでのデイブ・ウェックルとの蜜月を吹き飛ばす,ヴィニー・カリウタの譜面上から“飛び出す”ドラミングに尽きる!

LIVE FROM THE BLUE NOTE TOKYO-2 ヴィニー・カリウタシンバルバスドラの「乱れ打ち」に驚愕してしまう。しなやかなのに大きくウネリながらポリリズムばりに4ビートで疾走するドラミングに狂喜乱舞してしまう。
 そう。『ライヴ・フロム・ザ・ブルーノート東京』とは,ヴィニー・カリウタチック・コリアを“吹き飛ばした”瞬間の記録である。

 チック・コリアヴィニー・カリウタが良く言うと「ユニゾン」している。まっ,普通に語ると「音が被って」いる。結果,ぶつかり合ったピアノドラムではドラムが優勢となっている。
 素晴らしいのは『ライヴ・フロム・ザ・ブルーノート東京』でのアドリブ合戦の全てが全て,音楽的である。そのことに尽きる。

 チック・コリアヴィニー・カリウタが共に“歌っている”。2人の作曲家が「ブルーノート東京」のステージ上で共作を産み落としていく。
 そしてジョン・パティトゥッチのコンテンポラリー系のベースが,抜群の対応力がいつも以上に素晴らしい。ウッドベース1本なのに「AKOUSTIC」にも「ELEKTRICK」にも“七変化”しつつスイングしている。鬼の職人の仕事ぶりだと思う。

 とにもかくにも,ここまでチック・コリアが押されるアルバムはそう滅多に聴けやしない。
 ヴィニー・カリウタに,自身の体内に宿る,新しい音楽のツボを押されたチック・コリアは,メンバーを一新して「チック・コリア・エレクトリック・バンド」へと舞い戻る〜!

LIVE FROM THE BLUE NOTE TOKYO-3 う〜む。ヴィニー・カリウタを擁する「“NEW”AKOUSTIC BAND」がその後も継続していたら…。夢は膨らむ…。管理人の妄想も膨らむ…。

 チック・コリアヴィニー・カリウタが再演した「FIVE PEACE BAND」でのスーパー・ライブは,ジョン・マクラフリンヴィニー・カリウタ以上に共演を“待ち設けていた”ケニー・ギャレットへの思い入れがめちゃめちゃ強く「ケニー・ギャレット一色」になってしまったわけだが,落ち着いて繰り返し聴いてみると“ヴィニー・カリウタ祭り”の匂いがプンプン!

 チック・コリアさん(ヴィニー・カリウタのギャラが高額だとしても)もう一度,ヴィニー・カリウタとの再演を!
 もう一度,ヴィニー・カリウタさんへの「夢や憧れ」を「形として」現実化してくださ〜い。

  01. HUMPTY DUMPTY
  02. NEW WALTSE
  03. WITH A SONG IN MY HEART
  04. CHASIN' THE TRAIN
  05. SUMMER NIGHT
  06. TUMBA
  07. AUTUMN LEAVES

(ストレッチ・レコード/STRETCH RECORDS 1996年発売/MVCR-240)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

高中 正義 / SUPER TAKANAKA BEST4

SUPER TAKANAKA BEST-1 何度も書いているが,管理人はベスト盤は買わない主義。なぜならオリジナル・アルバムをコンプリートすればベスト盤は「無用の長物」となってしまうから! 管理人は気に入ったジャズメンは全部買い集める主義なのだ。

 その上で書く。高中正義については既にキティ時代のベスト盤『TAKANAKA’S COCKTAIL』を購入済。
 な・の・に・高中正義2枚目のベスト盤『SUPER TAKANAKA BEST』を買ってしまった。

 一番の理由は(未だに検索キーワード:「レコードショップ・まさ」で訪問者がある)閉店セールで,新品CD50%OFFだったからなのだが,選曲を見て心動かされてしまったのも事実。
 【黒船(嘉永六年六月四日)】である。サディスティック・ミカ・バンド・オリジナルの【黒船(嘉永六年六月四日)】である。これが欲しかったのだ〜。

 この理論は今までのセオリーと矛盾しない。“ジャズフュージョンくくり”において,サディスティック・ミカ・バンドを1枚も購入することはないのだから…。

 でっ,個人的には『SUPER TAKANAKA BEST』は,未所有のトラックと【黒船(嘉永六年六月四日)】だけを聴いていたのだが,今回の『SUPER TAKANAKA BEST批評に合わせて,久方ぶりに頭から聴き通してみた。

 でっ,感想。高中正義には3回のピークが存在する。1回目の山がキティ時代の永遠に色褪せない「夏ソング」の名曲群。2回目の山が東芝EMI移籍後ダッシュの『TRAUMATIC 極東探偵団』と『JUNGLE JANE』の2枚組。3回目の山が東芝後期の「TAKANAKA・AOR」時代である。
 どちらにしても「夏音」なのだが,3回のピークがそれぞれ表情の異なる「夏音」が奏でられていて聴き比べが興味深い。 

SUPER TAKANAKA BEST-2 管理人の結論。『SUPER TAKANAKA BEST批評

 『SUPER TAKANAKA BEST』に「MASAYOSHI TAKANAKA」の歴史あり!

 「スーパーベスト盤」なので星5つに値するのだが,やっぱり【MALIBU】と【JUMPING TAKE OFF】が選外なので,イマイチ気持ちが入らない。星4つ。

  01. OH! TENGO SUERTE
  02. READY TO FLY
  03. BLUE LAGOON
  04. ALONE
  05. SAUDADE
  06. 渚・モデラート
  07. SHAKE IT
  08. THE PARTY'S JUST BEGUN
  09. SAY YOU'RE MY BABY
  10. MY LOVE
  11. BLUE STRIPE
  12. ANOTHER SUMMER DAY
  13. GUITAR WONDER
  14. INTO THE SKY
  15. 黒船(嘉永六年六月四日)

(エキスプレス/EXPRESS 1997年発売/TOCT-10150)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ハリス / カモン・ダウン4

COME ON DOWN!-1 エディ・ハリスと来れば「電気サックスの人」として有名であるが,それって新しもの好きで新しい楽器も流ちょうに演奏できるエディ・ハリスのマルチな才能の表われであって,エディ・ハリスの根っ子には「ファンキー」を感じている。

 そんな「ファンキー・キング」エディ・ハリスが,例の新しもの好きに惹かれて,サザン・ロックで「ファンク」したのが『COME ON DOWN!』(以下『カモン・ダウン』)である。

 要するに,流行りの音楽を最新の楽器で演奏したわけなのだが,エディ・ハリス特有の“緩いノリ”がロック・ビートと相まって,ジャズの枠を超えてダンサブル。本当に「器用貧乏」の貧乏くじを引いた人なのだと思っている。

 スタイルをチェンジし続けるエディ・ハリスの『カモン・ダウン』は,サザン・ソウル的なファンキー・ジャズ
 サザン・ロックの陽気なサウンドがエディ・ハリスの「電気サックス」で見事になぞらえていく。これは楽しいポップ・アルバムと捉えてしまいがちであるが,繰り返し聴いているとエディ・ハリスの根っ子=「ファンキー」が聴こえてくる。

 サックス・プレイヤーとしてのエディ・ハリスには,それこそ「怪人二十面相」を実現したキワモノの趣きが漂っているが,エディ・ハリスの音楽性には,いつでも「ファンキー」が混ざっている。

COME ON DOWN!-2 管理人の結論。『カモン・ダウン批評

 前ノリ,後ノリ,タテノリ,ヨコノリ,何でも来い! 全てのノリを乗りこなすエディ・ハリスがサザン・ロックの“緩いノリ”でまどろんだのが『カモン・ダウン』。
 ファンキー・ジャズの軽めの演奏に「電気サックス」が映えている。

PS エディ・ハリスは,その昔,某友人からCDを貸りてアルバム10枚は聴いていましたが,敬愛するブランフォード・マルサリスをして「唯一のサックスの巨人」と言わしめたエディ・ハリスには未だ出会えないでいます。今回,もしやと思って購入した『カモン・ダウン』の1枚だけがエディ・ハリスコレクションです。

  01. DON'T YOU KNOW YOUR FUTURE'S IN SPACE
  02. LIVE RIGHT NOW
  03. REALLY
  04. NOWHERE TO GO
  05. FOOLTISH
  06. WHY DON'T YOU QUIT

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1970年発売/WPCR-27921)
(ライナーノーツ/後藤誠)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

高中 正義 / アクアプラネット4

AQUAPLANET-1 高中正義→「夏」→「海」である。『AQUAPLANET』(以下『アクアプラネット』)では,さらに一歩進めて「水族館」へと寄せて来た。
 『アクアプラネット』=「水族館」であるだけに『アクアプラネット』=「TAKANAKA・AOR」のショーケースの趣きである。

 『アクアプラネット』での高中正義が実にスムージー。「水族館」に行って“心洗われる”と同じように『アクアプラネット』が流れてくると“心洗われる”。
 『アクアプラネット』を聴いていると海中の世界の美しさとか透明感がイメージとして伝わってくる。とってもカラフルな「音の玉手箱」。だからショーケースのように感じてしまうのだ。

 『アクアプラネット』での高中正義ギターの響きがおとなしすぎず,激しすぎずで絶妙である。レゲエやラテンのリズムが軽い。基本となる「タカナカ・サウンド」は同じなのだが,従来とは異なる“心地良い風”が吹き出している。

 購入当初はサンタナの【哀愁のヨーロッパ】のカヴァーである【EUROPE】目当てで『アクアプラネット』を聴いていた。う〜む。それほど入り込めない。この演奏であれば本家サンタナの方がいいよなぁ。
 特に嫌いになったわけではないが,何となく管理人の中の「TAKANAKA熱」も下火になっていた。

AQUAPLANET-2 しかし,いつしか【AQUAPLANET】と【THE LAST FISH】にドハマリしていた。何度聴いてもワクワクするしジワジワ来る。

 コンセプトからして異質な“ルアー曲”【EUROPE】を飛ばして聴くと全体がゴキゲンに響くのが『アクアプラネット』というアルバムなのです! 

  01. PROLOGUE 〜WHY?〜
  02. AQUAPLANET
  03. BLUE STRIPE
  04. NAPOLEON FUNK
  05. EUROPE
  06. SOLDIERFISH
  07. 夢色
  08. HAWAIIAN WEDDING SONG
  09. TRIGGERFISH
  10. POISON
  11. THE LAST FISH
  12. EPILOGUE

(東芝EMI/EASTWORLD 1993年発売/TOCT-8080)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ゴメス / ストリート・スマート4

STREET SMART-1  エディ・ゴメスというジャズ・ベーシストは,無数のレコーディングセッションに参加する「ファーストコール」のベーシストである。
 圧倒的な量だけではない。むしろ質で語られるべきジャズ・ジャイアンツの一人である。

 そう。エディ・ゴメスこそが,ビル・エヴァンストリオの最長ベーシストである。あるいはエディ・ゴメスこそが,チック・コリアの絶頂期のソロ活動を支え続けた稀代の名手なのである。

 だからエディ・ゴメスと来れば,どうしても“生粋の”ダブル・ベースをブイブイいわせるイメージが強かったのだが,管理人はエディ・ゴメスのたった1枚のリーダー・アルバムを聴いて「エディ・ゴメスエレアコベーシスト」のイメージの方が強くなってしまった。

 そのアルバムこそが『STREET SMART』(以下『ストリート・スマート』)である。『ストリート・スマート』を買って聴いて本当に驚いた。仮に『ストリート・スマート』をビル・エヴァンスが聴いたとしたら,エディ・ゴメスは“即刻クビ”になってしまったかもしれないと思ったのだ。

 『ストリート・スマート』には,それこそ「バブルの音」がする。これって,実は『ストリート・スマート』のメンバーが豪華すぎるのだが,そのことを直接的に言っているのではない。そうではなく『ストリート・スマート』の「バブルの音」とは,ズバリ“売れ線”なのである。
 そう。エディ・ゴメスの“生粋の”ダブル・ベースがアンプリファイドされて,王道フュージョンをフロント楽器以上の存在感でリードしている。

 具体的には,ジャズにしては1曲毎にテーマがしっかり主張しているし,メンバーのソロ即興的ではなく,曲の流れを考えた短めのアドリブでまとまりがある。
 ジャズ系のFMラジオで『ストリート・スマート』の中から数曲が一部分,番組内のジングルとして使われていたことも相まって,レーベルとしてエディ・ゴメスを(あるいは同時進行中だった「ザ・ガッド・ギャング」を)積極的に売りに出していた時の“音の香り”がするのだ。

 これはどうしても主観的な話で終わるしかないのだが,エディ・ゴメスダブル・ベースが“電化”されてしまった瞬間,エディ・ゴメスの「別人格」が“起動”してしまった。そんな感じがするのである。
 エディ・ゴメスのアンプリファイドされた「エレアコダブル・ベースが“ビンビンに”GROOVEしまくっている!
 エディ・ゴメスダブル・ベースが“鳴れば鳴るほど”ジャズから遠ざかっていく感じ!?

 そう。『ストリート・スマート』での,ジャズから遠ざかっていく,エディ・ゴメスがトラウマとなってしまったのか? 最近のエディ・ゴメスの演奏にはどうにも感情移入できないままでいる。
 管理人にとってエディ・ゴメスは『ストリート・スマート』の迷演?で止まってしまっているのが無念である。

 幸い『ストリート・スマート』以前のエディ・ゴメスの演奏は,昔のまんまで聴き入れる。
 やっぱりビル・エヴァンスチック・コリアに見初められたエディ・ゴメスは素ん晴らしいジャズ・ベーシストだと思う。

STREET SMART-2 個人的に『ストリート・スマート』の思い出を書いておくと『ストリート・スマート』は「ザ・ガッド・ギャング」の別プロジェクト扱いで間違いなし。
 「ザ・ガッド・ギャング」との個性の違いは「ザ・ガッド・ギャング」は,スティーブ・ガッドがメインでエディ・ゴメスがサブ。『ストリート・スマート』は,エディ・ゴメスがメインでスティーブ・ガッドがサブで間違いなし。

 そんな“エディ・ゴメス一色”のアルバムの中にあって,ディック・オーツソプラノテナーばかりを追いかけてリピートするようになってしまった。
 なのにディック・オーツ。国内盤のアルバムは出ていないようのです。こんなにも素晴らしいサックス・プレイヤーを眠らせておくなんて…。エディ・ゴメスさん,またディック・オーツと共演したアルバムを作ってくださ〜い。これだけが言いたかったの巻〜。

  01. When You Wish Upon A Star
  02. My Funny Valentine
  03. Detour Ahead
  04. Beautiful Love
  05. Dance Only With Me
  06. Danny Boy
  07. All This And Heaven Too
  08. Yellow Days
  09. Skylark
  10. Again
  11. You Don't Know What Love Is
  12. Over The Rainbow

(EPIC/SONY/A TOUCH 1989年発売/28・8P-5303)
(ライナーノーツ/小川隆夫,エディ・ゴメス)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.