アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

綾戸 智絵 / SHINE4

SHINE-1 管理人の中での変化として『SHINE』で,綾戸智絵への敷居が高まったかなぁ。

 もう綾戸智絵の歌をベッドで横になりながらでは聞けない。身構えて拝聴せねば申し訳ない“緻密な音造り”へと変化している。
 良い意味でも悪い意味でも「スタジオ盤」に仕上がっている。でもそこが『SHINE』の狙いである。

SHINE-2 初の外部プロデュース=ジョン・ビーズリー・サウンドで“華やぐジャズ・ボーカル”『SHINE』は,ゴージャスなエレクトリック・サウンドと“人間”綾戸智絵による「がっぷり四つ」の名演集である。

  01. Ooh Child
  02. Feel Like Makin' Love
  03. Ain't No Sunshine〜Lean On Me
  04. A Whiter Shade Of Pale
  05. Yellow Moon
  06. The House Of Rising Sun
  07. Goodbye Pork Pie Hat
  08. Don’t Let Me Be Lonely Tonight
  09. All Blues
  10. You Are So Beautiful

(イーストワークス・エンタティンメント/EWE 2003年発売/EWSA-0083)
(☆SACDハイブリッド盤仕様/5.1chサラウンド音声収録)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/綾戸智絵)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

綾戸 智絵 / TO YOU4

TO YOU-1 『TO YOU』は『MY LIFE』で完成した“綾戸サウンド”を捨て,ピアノと(時にギターと)そして自分自身とじっくり向き合う,弾き語りCD

 『TO YOU』での綾戸智絵は半端ない。聴いているだけで内面を深くえぐられていく。こうしていつまでも管理人一人のために歌ってほしい。語りかけてほしい。

TO YOU-2 音楽に真剣な綾戸智絵が『TO YOU』で“りりしく”そびえ立っている。

  01. A House Of Gold
  02. I Got A Name
  03. Imagine
  04. God Bless' The Child
  05. With A Little Help From My Friend
  06. Without You
  07. On And On
  08. The River Of No Return
  09. Never My Love
  10. Fly Me To The Moon
  11. Lucille
  12. My Dear Life
  13. Oh My Darling Clementine
  14. My Way

(イーストワークス・エンタティンメント/EWE 2003年発売/EWSA-0078)
(☆SACDハイブリッド盤仕様)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/綾戸智絵)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

綾戸 智絵 / MY LIFE4

MY LIFE-1 『MY LIFE』において,綾戸智絵念願の“綾戸サウンド”が完成した。完全なるバンド・サウンドである。

 ポップスの名曲をずらりと並べた『MY LIFE』は,もはやジャズ・ボーカル・アルバムではない。「ジス・イズ・綾戸戸智絵サウンド」と呼ぶべきである。

MY LIFE-2 おまけCDライブ盤」での一体感は,綾戸智絵の音楽性に惹かれた“ツワモノドモ”との集大成である。

  Disc1
  01. Satisfaction
  02. The Main Theme Of Proof Of The Man/人間の証明の
     テーマ

  03. God Bless America
  04. In My Life
  05. One Way Ticket (To The Blue)
  06. Slow Dancer
  07. Love Is A Many-Splendored Thing
  08. Yesterday
  09. Woman
  10. Both Sides Now

  Disc2(Bonus Album)
  01. It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing) 
  02. You Are The Sunshine Of My Life
  03. New York State Of Mind

(イーストワークス・エンタティンメント/EWE 2002年発売/EWCD-0051)
(☆SACDハイブリッド盤仕様/CD2枚組)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/綾戸智絵)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

綾戸 智絵 / LIVE!・II4

LIVE!・II-1 綾戸智絵ジャズ・ボーカリストである前に,超一流のエンターテイナーである。そんな綾戸智絵ビッグ・バンドと共演したら…。

 『LIVE!・II』における綾戸智絵はまるで“水を得た魚”である。楽しい・楽しい・楽しい・ライブ

 綾戸智絵の歌がいい。トークがいい。原信夫とシャープス&フラッツがいい。
 『LIVE!・II』には,聴き手の数だけ聴き所がある。

LIVE!・II-2 かって「最もチケットが買えない歌手」と称された綾戸智絵
 『LIVE!・II』で,あなたの自宅がS席になる。

  01. Blue Flame
  02. Stormy Monday
  03. You'd Be So Nice To Come Home To
  04. Tennessee Waltz
  05. Lover Come Back To Me
  06. For Once In My Life
  07. L-O-V-E
  08. Sentimental Journey
  09. I Love Being Here With You
  10. Summer Time
  11. Take the "A" Train 
  12. Blue Flame

(イーストワークス・エンタティンメント/EWE 2001年発売/EWCD-0041)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/綾戸智絵)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

綾戸 智絵 / NATURAL4

NATURAL-1 ジャズ・ボーカルなのだから,アレンジ云々は邪道であろうが『NATURAL』の印象が薄いのは“こじんまりした”アレンジにあるのでは?
 やっぱり陽気でサービス精神満点な綾戸智絵は大編成との化学反応が一番である。

NATURAL-2 逆に言えばバックが静かな分,綾戸智絵ジャズ・ボーカルを堪能できるはずなのだが,これまた2曲の自作曲がどうも…。

 『NATURAL』は綾戸智絵の“異色作”である。

  01. Woman Of Ireland (MNa Na h-EIREANN)
  02. Get Into My Life
  03. Sail Away
  04. The Shadow Of Your Smile
  05. I'll Wait For You
  06. Natural Woman
  07. Cry Me A River
  08. Everybody Everywhere
  09. Have You Ever Seen The Rain ?
  10. The Green Green Grass Of Home
  11. The First Time Ever I Saw Your Face
  12. Everybody's Talkin'
  13. The Way We Were
  14. Honeysuckle Rose
  15. Green Fields

(イーストワークス・エンタティンメント/EWE 2000年発売/EWCD-0025)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/綾戸智絵)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

綾戸 智絵 / FRIENDS5

FRIENDS-1 『FRIENDS』の聴き所は“綾戸バンド”と化した,綾戸智絵フレンズたちとのコラボレーション!
 バラエティに富んだ楽曲にして,このまとまり感! 全ては綾戸智絵の“求心力”にある!

 …と『FRIENDS』には,ジャズ・ボーカルの“イロハ”を語りたくなる魅力で溢れているが,それ以上に管理人を饒舌にさせてくれるのが糸井重里のライナーノーツ

FRIENDS-2 『綾戸智絵は,消えて顕れる』と題するコピーは“全文が”最高である。そう。『FRIENDS』は,共演者の手の内,心の内を読み合うだけでなく,ライナーノーツさえも読み応えのある名盤である。

  01. Take Me Home, Country Road
  02. Spinning Wheel
  03. Here, There and Everywhere
  04. Superstar
  05. The Man I Love
  06. Every Breath You Take
  07. Ain't No Mountain High Enough
  08. Sentimental Journey
  09. Caravan
  10. La Mer
  11. Big City 
  12. 'Round Midnight
  13. Autumn Leaves
  14. El Condor Pasa(If I Could)

(イーストワークス・エンタティンメント/EWE 1999年発売/EWCD-0014)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/糸井重里,綾戸智絵)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.