アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

小曽根 真 ザ・トリオ / リアル4

REAL-1 元ブレッカー・ブラザーズジェームス・ジーナス。元ステップス・アヘッドクラレンス・ペン
 超一流のバカテク・メンバーを擁する「“電化”ザ・トリオ」のお披露目作=『REAL』(以下『リアル』)は,エレクトリック・ピアノエレクトリック・ベースの音が印象深いのが欠点か?

 アコースティック名演たちがローズの音色に霞んでいる。それ程の破壊力を持つ「“電化”ザ・トリオ」の登場に,最初はガッツ・ポーズした管理人だったが,CDを聴き込むにつけ違和感の方が大きくなる。う〜む?

 『リアル』で小曽根真が“ジャズしている”のは【セカンド・ソーツ】と【ブルース・オブ・オズ】の2曲のみ。後はコンテンポラリー・ジャズにカテゴライズされそうな“軽い”演奏が続いている。
 クールでカッコいい「電化・ザ・トリオ」も悪くないが,全体として標準的なジャズの枠内から抜け出せてはいない。

 “やんちゃ坊主”小曽根真が『リアル』の録音で夢中になったのは,ピアノ・トリオという“ジャズ”ではなくローズ・ピアノという“大人のおもちゃ”であった。

REAL-2 …と,ここまで駄盤のように書いてきた『リアル』であるが,実は小曽根真の中ではよく聴く部類の1枚である。
 シチュエーションは夜。友人たちとの酒のお供に『リアル』をどうぞ。

  01. Central Booking
  02. New Child Is on the Way
  03. The Blue Zone
  04. October Song
  05. Second Thoughts
  06. You're Not Alone
  07. Dance on the Beach
  08. Blues of Oz
  09. Dali
  10. Memories of Mom

(ヴァーヴ/VERVE 2005年発売/UCGJ-7005)
(☆SACDハイブリッド盤仕様)
(ライナーノーツ/小曽根真)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

小曽根 真 ザ・トリオ / 新世界4

NEW SPIRIT-1 『NEW SPIRIT』(以下『新世界』)は「ザ・トリオ」の『新世界』である。

 『新世界』は“ジャズの”小曽根真が“クラシックへ”と踏み込んだ『新世界』。「ザ・トリオ」が弦楽四重奏との共演で「セプテット」の世界へと向かった『新世界』なのである。

 「ザ・トリオ」の“頂点”である『ソー・メニー・カラーズ』を最後に『リボーン』『新世界』そして次作の『リアル』と「ザ・トリオ」のチャレンジが続く。
 この“異色三部作?”の中では『新世界』が最も振り幅が大きいと思いきや,実は最も「ザ・トリオ」本来の演奏に近い。

 クラシック+弦楽四重奏が“売り”の『新世界』であるが,これは“小曽根真の音世界”そのものである。
 そう。『新世界』は,アンチ・クラシック! 予定調和を意図的に外した不協和音が,ジャズとクラシックの“ユーモラスな融合”を生み出している。

NEW SPIRIT-2 とは言え,管理人の結論はこうである。『新世界』は,アンチ・ジャズであり,アンチ「ザ・トリオ」なのかもしれない。
 “小曽根真の音世界”は,未だ見ぬ『新世界』へと続いている。

  01-03. 組曲『夜の子供部屋』
   La Stanza delle Meraviglie
   a. 第1楽章 Andante Scherzando
   b. 第2楽章 Largo
   c. 第3楽章 Maestoso Con Fuoco
  04. Bolero
  05. Uno! Uno!
  06. Spring
  07. Caminos De Abrojos
  08. Forgotten Dream
  09. Cat Patrol

(ヴァーヴ/VERVE 2004年発売/UCGJ-7004)
(☆SACDハイブリッド盤仕様)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/小曽根真,井上ひさし)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

小曽根 真 ザ・トリオ / リボーン4

REBORN-1 『REBORN』(以下『リボーン』)は「ザ・トリオ」の7枚目にして初のスタンダード集。
 「ザ・トリオ」の“独特の息吹”で,スタンダードが『リボーン』(『再生』の意)している。

 しかし「ザ・トリオ」の,新たなスタンダードの解釈は頭では理解できるが,イマイチ心に響かない。多分に『ソー・メニー・カラーズ』からの反動である。
 『リボーン』はいい演奏だとは思うが,何分“暗い”のだ。

 これには『リボーン』の“裏テーマ”である「反戦&平和」というイデオロギーが音楽に影響してのことであろう。某有名ジャズ批評家は(多くのジャズ・ジャイアントたちの破天荒な生涯を考慮しての保険なのであろうが)ジャズメンの私生活と音楽とは無関係と主張するが,管理人はそうは思わない。音楽として表現されるその音は,その音楽家の“内なる人”と密接に関係がある。

REBORN-2 『リボーン』には,傷心の小曽根真ピアノの音に出ている。しかし同時に「ザ・トリオ」の演奏で癒されていく。

 最後に残るは『リボーン』のハイライト=小曽根真の弟分=“ソルト塩谷哲の【プレイ】(【祈り】)である。

  01. Reborn
  02. Pennies from Heaven
  03. A Handful of Stars
  04. Caravan
  05. Miyako
  06. Laura
  07. DORAEMON no uta
  08. Pray
  09. Oceano
  10. On Green Dolphin Street
  11. Everything Happens to Me
  12. It's All Right with Me
  13. Reborn (Forever)

(ヴァーヴ/VERVE 2003年発売/UCCJ-2027)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/中西光雄,ザ・トリオ)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

小曽根 真 / トレジャー5

TREASURE-1 『TREASURE』(以下『トレジャー』)こそ“世界の小曽根”の面目躍如!
 『トレジャー』は,小曽根真を“世界の小曽根”と敬愛する世界のスーパー・スターたちとの豪華競演盤である。そう。『トレジャー』は共演ではなく競演である。

 一聴,小曽根真と親交の深い仲間たちとのコラボレーションCDに聴こえるが,聴き込むと『トレジャー』のニュアンスが変わってくる。
 そう。小曽根真を超一流と認めるがゆえ,超大物ゲストたちが本気でバトルをしかけている! 手加減なしで行ける所まで行こうとする“丁々発止”でやり合っている! それなのにこんなに収まりが良く仕上がっているところに“世界の小曽根”の実力を見た思いがする。

 あっ『トレジャー』は,1枚のCDとして聴き通すと“とっ散らかって”いますのでご注意を。
 それで『トレジャー』のハイライトは【SAMBA D’RIVERA】。「ザ・トリオ」の安定感がジョン・ヘンドリックスゲイリー・バートンチック・コリアマイケル・ブレッカーら“大物ゲスト”との競演以上に際立っている。

TREASURE-2 「ザ・トリオ」の最高傑作は『ソー・メニー・カラーズ』であるが,管理人の「ザ・トリオ」の愛聴盤は『トレジャー』なのである。

  01. Bienvenidos al Mundo
  02. My Lazy Uncle
  03. Tanglewood '63
  04. La Fiesta
  05. Three Wishes
  06. Only We Know
  07. Rainbow's End
  08. Samba D'Rivera
  09. Margaret
  10. Pandora
  11. Might As Well
  12. Where Do We Go From Here?

(ヴァーヴ/VERVE 2002年発売/UCCJ-2020)
(ライナーノーツ/小曽根真,ジョン・ヘンドリックス,ゲイリー・バートン,チック・コリア,マイケル・ブレッカー)
★スイングジャーナル誌選定【ゴールドディスク】

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

小曽根 真 ザ・トリオ / ソー・メニー・カラーズ5

SO MANY COLORS-1 「今までで,ベストのアルバムができたよ」と小曽根真が得意気に語った『SO MANY COLORS』(以下『ソー・メニー・カラーズ』)こそ「ザ・トリオ」の最高傑作である。

 この音楽は正しく『ソー・メニー・カラーズ』と呼ぶにふさわしい。
 ジャズからクラシックへ,アメリカ・ヨーロッパからアジア・アフリカ・ラテンへと…。名ブレンダー・小曽根真は「色彩豊か+深み」の表現の豊穣期に入ったと思う。
 玄人受けするジャズ・ピアニストの枠を越え,一般に愛されるジャズ・ピアニストの域に登り詰めた。

 『パンドラ』から『ソー・メニー・カラーズ』への変化は,液晶テレビからプラズマテレビへと変化した時の“淡いベールが剥がされたかのような”感覚に近い。わずかであっても高次元での進化がもたらす異次元の音世界!
 【BIENVENIDOS AL MUNDO】にしても【天地創造】にしても,印象としては小曽根真らしくあったとしても,テーマの訴求力が俄然スケールアップして迫ってくる。

SO MANY COLORS-2 「アサヒ黒生」のTVCMタイアップから1年後の演奏だからか「ザ・トリオ」での演奏だからか【ウィー・アー・オール・アローン(トリオ・ヴァージョン)】の豊かな響きに耳ダンボ。

 『ソー・メニー・カラーズ』には小曽根真のアガペー愛が溢れている。

  01. Bienvenidos al Mundo
  02. The Outback
  03. Three The Hard Way
  04. Asian Dream
  05. Caprice in Town
  06. 天地創造 Creation
  07. Terra de Amor
  08. Un Dernier Miracle
  09. Brotherhood
  10. Something's Happening
  11. We're All Alone

(ヴァーヴ/VERVE 2001年発売/UCCJ-2010)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/中川ヨウ)
★スイングジャーナル誌選定【ゴールドディスク】

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

小曽根 真 / WIZARD OF OZONE 〜 小曽根 真ベスト・セレクション4

WIZARD OF OZONE-1 小曽根真本人出演=「アサヒ黒生」のTVCMタイアップ=【ウィー・アー・オール・アローン】の「ソロ・ピアノ・バージョン」目当てに購入した『WIZARD OF OZONE』(以下『WIZARD OF OZONE 〜 小曽根真ベスト・セレクション』)は,小曽根真本人選曲によるヴァーヴ移籍後初のベストCD

 【ウィー・アー・オール・アローン】の出来が素晴らしく,しばらくこのトラックばかりリピートして聴いていたものだが,ある時『WIZARD OF OZONE 〜 小曽根真ベスト・セレクション』を一枚リピートしてみると…。

WIZARD OF OZONE-2 『WIZARD OF OZONE 〜 小曽根真ベスト・セレクション』のライナーノーツで,小曽根真が「『これ,やっぱり俺だな』って感じる事の出来る“僕の誇りの子供達”」と語った通りの「THIS IS MAKOTO OZONE」なベストCD

  01. Black Forest
  02. Lullaby for Rabbit
  03. No Siesta
  04. Stinger
  05. Before I Was Born
  06. Don't Say "Monk"!
  07. Wild Goose Chase
  08. No Strings Attached
  09. Home
  10. Dear Oscar
  11. We're All Alone

(ヴァーヴ/VERVE 2000年発売/UCCV-2003)
(ライナーノーツ/小曽根真)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.