アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 2004年度(第38回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は2004年度(第38回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

エターナル★【金賞】.エターナル
ブランフォード・マルサリス


----------------------------------------------------------------------------

ジェントル・バラッズ★【銀賞】.ジェントル・バラッズ
エリック・アレキサンダー


----------------------------------------------------------------------------

ジャズ・ワルツ★【日本ジャズ賞】.ジャズ・ワルツ
寺井尚子


----------------------------------------------------------------------------

テイキング・ア・チャンス・オン・ラヴ★【ボーカル賞(海外)】.テイキング・ア・チャンス・オン・ラヴジェーン・モンハイト


----------------------------------------------------------------------------

夢そよぐ風★【ボーカル賞(海外)】.夢そよぐ風
イリアーヌ


----------------------------------------------------------------------------

ノンストップ・トゥ・ブラジル〜ミーツ・イバン・リンス★【ボーカル賞(国内)】.ノンストップ・トゥ・ブラジル〜ミーツ・イバン・リンスチャリート


----------------------------------------------------------------------------

ゲッツ/アルメイダ★【編集企画賞】.ヴァーヴ誕生60周年記念企画 スープリーム・サウンド・エディション/エッセンシャル&レア・コレクション

----------------------------------------------------------------------------

A列車で行こう★【製作企画賞】.A列車で行こうマンハッタン・ジャズ・クインテット バードランドマンハッタン・ジャズ・オーケストラ

----------------------------------------------------------------------------

ジェントル・バラッズ★【製作企画賞】.ジェントル・バラッズ
エリック・アレキサンダー


----------------------------------------------------------------------------

JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ★【最優秀ジャズ・ビデオ賞】.ウイリアム・クラクストン ジャズ・シーン〜カメラが聴いたジャズ



----------------------------------------------------------------------------

ベサメ・ムーチョ (紙ジャケット仕様)★【最優秀録音賞(インストルメント)】.ベサメ・ムーチョドミニク・ファリナッチ


----------------------------------------------------------------------------

シングズ・ワルツ・フォー・デビー★【最優秀録音賞(ボーカル)】.シングズ“ワルツ・フォー・デビー”シェリル・ベンティーン


----------------------------------------------------------------------------

オン・ザ・ムーン★【ニュー・スター賞(海外)】.オン・ザ・ムーン
ピーター・シンコッティ


----------------------------------------------------------------------------

ブレイン★【ニュー・スター賞(国内)】.ブレイン
上原ひろみ


----------------------------------------------------------------------------

 先日,都内某所にてアドリブログの読者の男性とお会いしてきた。メインはカシオペア関連だったのだが「ジャズ・ディスク大賞」シリーズも楽しみにしておられるとのことだった。

 そんなこんなで管理人も過去ログを読み返してみたのが10月中旬。そうして迎えた11月のランキングに変化を感じた。大御所がいないではないか&ニュー・スターへの転換年!?
 エリック・アレキサンダードミニク・ファリナッチ寺井尚子上原ひろみ。おおっと,2018年のランキングでも何らおかしくない〜。

 エリック・アレキサンダーが『ジェントル・バラッズ』で,寺井尚子が『ジャズ・ワルツ』で,上原ひろみが『ブレイン』なのは懐かしい。
 当時はこの3人がここまでの大物になるとは予想していなかった。2004年という年はJ−ジャズの転換点として記憶されるべき年だったように思う。

 そんな中,安心のブランフォード・マルサリス。まだまだ若手の印象があったブランフォード・マルサリスが,すっかり“お兄さん”しています。どうしたウイントン・マルサリス

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ / バルセロナの炎4

BARCELONA'S FLAME-1 ヨーロピアン・ジャズ・トリオに特別な思い入れはない。
 ちまたで絶賛,あるいは批判されているようだが,個人的にはそのどちらでもない。アルバムも5枚しか所有していないし,無関心ですみません。そんな感じである。

 管理人は考える。個人的にヨーロピアン・ジャズ・トリオの入り方を間違えてしまったのかなぁ。
 管理人は『SUPREME −THE BEST OF EJT−』から入ったから,EJTに対しては,世評通りに「叙情派」ピアノ・トリオの印象が擦り込まれている。
 ベスト盤って,選曲者の嗜好が強く出るから,世のファンの少数意見は反映され難いのが難点である?

 それゆえ,ヨーロピアン・ジャズ・トリオの印象とはMJQっぽい。だから聴いていてワクワクしないし,面白い音楽だとは思わない。クセがない&味が薄いのだから1回聴き通すと2回目は中々巡っては来ない。
 もしもヨーロピアン・ジャズ・トリオの1枚目が,この『BARCELONA’S FLAME』(以下『バルセロナの炎』)だったならヨーロピアン・ジャズ・トリオの印象も今より随分良かったのかもしれない。

 そう。『バルセロナの炎』でのヨーロピアン・ジャズ・トリオの演奏が熱い。テンションが高い。
 ピアノが遠くで鳴っているのではなく,ピアノが目の前で,耳元で鳴っている。グイグイと迫り来るような圧のかかった演奏に襲われる。これが本当にあのEJTなのか?

 一般に,ヨーロピアン・ジャズ・トリオと来れば,いい意味で癖がなく,とにかく綺麗な音を聴かせてくれる「叙情派」ピアノ・トリオの代名詞であろう。個人的にもこの見解に同意している。
 しかし「叙情派」ピアノ・トリオの標榜はよそに,その実,伝統的なジャズ・スタンダードは少な目で,クラシック,ポップス,映画音楽など有名どころを美味しく“ジャズ化”する雑食系でもある。

 そんなEJTの「表と裏のギャップ」に面して,硬派なジャズ・ファンが反EJTの旗を振って怒り狂う気持ちも理解できる。EJTが商業主義だとののしられる理由も理解できる。 

BARCELONA'S FLAME-2 しか〜し,管理人は反EJT派に1つのことを伝えたい。「もし文句があるのなら『バルセロナの炎』を聴いてからにしなさい」!

 『バルセロナの炎』での初期ヨーロピアン・ジャズ・トリオの演奏は優しい演奏ばかりではない。優等生な演奏ばかりではない。
 『バルセロナの炎』には,メロディーを分かりやすく伝える「叙情派」ピアノ・トリオに転身する前の“情熱と耽美の”ヨーロピアン・ジャズ・トリオがここにいる。

 ヨーロピアン・ジャズ・トリオは,お洒落で聴きやすいだけのピアノ・トリオではなかった。
 反EJT派の読者の皆さん。ヨーロピアン・ジャズ・トリオは“アドリブを熱く歌わせる”静かな中に情熱を秘めた,優秀なピアノ・トリオの選択肢の1つなのです!

  01. Day Dreams
  02. Strawberry Fields Forever
  03. Concerto d'Aranjues
  04. If You Leave Me Now
  05. My Parents
  06. Little Princess
  07. Poco Paco
  08. Gipsy In My Soul
  09. Comecar De Novo
  10. Stella By Starlight
  11. All Or Nothing At All
  12. Rock Beach (Barcelona's Flame)

(M&I/M&I 1990年発売/MYCJ-30314)
(ライナーノーツ/瀧口譲司)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

TRIX / FEVER5

FEVER-1 「スーパー・ポップ・ドル箱フュージョン・バンド」TRIXが7thアルバムで777の『FEVER』&『FEVER』〜!

 「第2期トリックス」=「超絶フュージョン・エンタテインメント・バンド」の『FANTASTIC』は【BOS(T)ON!】でヨレてしまったTRIXであったが『FEVER』は【BAND NAVIGATION】の音声案内で注意されてか,ヨレてしまった「超絶フュージョン」路線に無事軌道修正できたようで,正直,ほっとした〜! 『FEVER』でTRIXにまたドップリ〜!

 これってTRIXの戦略なのか? ステージではどんなにふざけても演奏だけはカッコヨク…。
 これってSMAP商法では? 「スマスマ」でSMAPがコントで大暴れしていてもラストは歌の贈り物。歌手としてのSMAPには一切笑いなし。歌のコーナーだけはジャニーズに戻ると決めていた。中居くんだけは歌でも真面目にふざけてはいましたけど…。

 『FANTASTIC』〜『FEVER』での“揺り戻し”SMAP商法にまんまとハマッテしまった管理人。
 【DELIGHT】〜【THE COIL】〜【GEMMA】〜【流離】〜【SUDDEN】の神曲5曲の投入に縦ノリの横ノリで歓喜の舞! 「超絶フュージョン」ファンが泣いて喜ぶキメキメの嵐! TRIXは笑いなしでもやれるでないか!

 とは言え『FEVER』のキラー・チューンは,アルバム・ラストの“スーパー・キャッチー&メロウ・マイナー”【CHRISTMAS FLOWER ☆】である。
 【CHRISTMAS FLOWER ☆】は何回聴いたことだろう。でも何回聴いても聴き飽きたりしない。逆に心の奥底の隅々にまで浸み渡って広がっていく。大名曲である。

 転調しまくりなのにおもいっきり歌える【CHRISTMAS FLOWER ☆】に惚れてしまった。ついに熊谷徳明が【CHRISTMAS FLOWER ☆】で,J−フュージョン界の「作曲王」,野呂一生安藤まさひろ高中正義の“御三家”と肩を並べたと思う。

FEVER-2 そしてこれは『FEVER』発売後8年経過した体験談だが『FEVER』にはもう1曲“隠れ名曲”が収録されている。
 『FEVER』をCD棚から取り出して今も聴いているのは【CHRISTMAS FLOWER ☆】と【ジョイちゃん】の2曲。

 熊谷徳明が亡くなった愛犬【ジョイちゃん】に捧げたバラード。【ジョイちゃん】は所謂,大バラードの類ではない。恋愛とか失恋とか愛する家族への思いを綴ったバラードではない。
 愛犬への思いが詰まった“ラブ・ソング”にとにかく・癒される。

  01. STAR
  02. Delight
  03. Band Navigation
  04. THE COIL
  05. ジョイちゃん
  06. Smile.
  07. Gemma
  08. 流離
  09. Sudden
  10. Christmas Flower ☆

(キングレコード/KING RECORD 2010年発売/KICJ-586)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ブラッフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズ / B.L.U.E. NIGHTS4

B.L.U.E. NIGHTS-1 ジャズフュージョンに目覚めるまで。管理人はその昔ヘビィ・メタル少年であった。ゆえにプログレも愛好していたしキング・クリムゾンも聴いていた。
 “隠れ”ではあるが,ビル・ブラッフォードトニー・レヴィンを現在でもリスペクトしている。

 ただし,だからといってビル・ブラッフォードトニー・レヴィンが結成した「ブラッフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズ」のCDを購入することはない。
 管理人の目に入ったのは“トランペット界の貴公子”クリス・ボッティの存在である。「美男子」クリス・ボッティが「野獣」ビル・ブラッフォードトニー・レヴィンジャズ・ロックを演る。ただそれだけで『B.L.U.E.NIGHT』を衝動買いしてしまった。読者の皆さん,これって常識では有り得っこない共演なのですぞ〜!

 『B.L.U.E.NIGHT』は「ブラッフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズ」初のライヴ盤である。
 「ブラッフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズ」の音楽とは,プログレのフィールド内におけるジャズ・ロックである。自由度の高い演奏,しかもライヴ

 これはクリス・ボッティの独壇場かと思いきや,ビル・ブラッフォードトニー・レヴィンは余裕でついていっている。いいや,起伏に富んだリズムがバンドの中心であって,クリス・ボッティトランペットデイヴィット・トーンギターは「色付担当役」である。

 「ブラッフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズ」の音楽がカッコイイ。老練のビル・ブラッフォードトニー・レヴィン主導ゆえ,最先端のプログレとはお世辞にも言えないが,ドライでモノクロっぽいスタイリッシュさが香っている。
 これにはライヴではあっても,手癖にまみれたアドリブではなく,あくまでも「楽曲を演奏する」ことに意識を集中しているからであろう。

 そう。ビル・ブラッフォードトニー・レヴィンにとって,クリス・ボッティデイヴィット・トーンこそがジャンルを越えた最高の共演者。
 楽曲を彩り,インスピレーションを受けることのできる,最高のトランペッターであり,最高のギタリストである。

B.L.U.E. NIGHTS-2 管理人の結論。『B.L.U.E.NIGHT批評

 『B.L.U.E.NIGHT』は,4人が4人とも相当にテクニカルな演奏であって,複雑で音を乗せるのが難しいビートの嵐なのに,フロントのストレートなメロディーがアバンギャルドでありながらも実に聴きやすい。
 早弾きなのに弾きすぎず,音の空間を上手に埋めながら高みに昇っていく演奏は「ジャズ・ロックするクリムゾン」としての代表作であろう。

 ただし管理人的にビル・ブラッフォードと来れば,どうしても渡辺香津美とのギター・トリオなのです。
 クリス・ボッティがプログレ方面で大暴れした『B.L.U.E.NIGHT』をもってしても『THE SPICE OF LIFE』を越えることは難しかった!

  CD 1
  01. PIERCING GLANCES
  02. ETUDE REVISITED
  03. A PALACE OF PEARLS (on a Blade of Grass)
  04. ORIGINAL SIN
  05. DENTURES OF THE GODS
  06. DEEPER BLUE
  07. COBALT CANYONS

  CD 2
  01. FIN DE SIECLE
  02. PICNIC ON VESUVIUS
  03. CERULEAN SEA
  04. BENT TAQSIM/TORN DRUMBASS
  05. CRACKING THE MIDNIGHT GLASS
  06. PRESIDENTS DAY
  07. 3 MINUTES OF PURE ENTERTAINMENT

(ディシプリン・グローバル・モービル/PAPA BEAR 1999年発売/PCCY-01435)
(CD2枚組)
(ライナーノーツ/松崎正秀,トニー・レヴィン)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

TRIX / FANTASTIC4

FANTASTIC-1 TRIXの6th『FANTASTIC』のCD帯にこう書かれていた。
 『メンバー・チェンジ!?レーベル移籍!?一切無し!!! 第2期トリックスが描く,ポップ・フュージョンファンタスティックな未来!シツコイくらいに超キャッチーな6thアルバム!!』。

 『FANTASTIC』を聴き終えた。確かに「第2期トリックス」始動であった。
 TRIXは『FANTASTIC』で,一介のフュージョン・バンドとして超えてはならない一線をついに超えてしまったように思う。

 そう。「第1期トリックス」は「スーパー・ポップ・ハイパー・テクニカル“フュージョン”バンド」であったが「第2期トリックス」では「フュージョン“コミック”バンド」へと変貌を遂げてしまっている。

 『FANTASTIC』にはいい曲がいっぱいある。【SKIP AWAY】〜【SUPER LATINO】〜【VOLARE VIA】の3連投こそが,管理人が愛する「スーパー・ポップ・ハイパー・テクニカル・フュージョン・バンド」のTRIXである。

 でも『FANTASTIC』の“目玉”はどう譲歩しても【BOS(T)ON!】であろう。だから『FANTASTIC』の評価は舵盤方面へと転げ落ちてしまう。
 管理人のリアルTRIXは『FANTASTIC』だったのだが,その『FANTASTIC』はほとんど聴かずに(幸か不幸か)まだ聴き込みが足りなかった旧作で盛り上がっていた当時の記憶が今でも『FANTASTIC』に正当な評価を下す行為を邪魔してしまう。

 管理人はTRIXLIVEには未参戦ゆえ,はちゃめちゃな内容は噂でしか知らない。もしその噂が本当であるなら【BOS(T)ON!】は大盛り上がりのキラー・チューンになるのだろう。

 しかし『FANTASTIC』はLIVEではなくCDである。管理人はカッチョイイTRIXCDを買ったのであって,某スネークマンショーのCDを買ったのではない。

 熊ちゃん。おふざけはステージだけでやるのがフュージョン・バンドの礼儀なのではありませんか?

FANTASTIC-2 お〜っと,辛口すぎるのが管理人のいい面であり悪い面。最後にフォロー&フォロー。

 演芸におけるコミック・バンドは演奏が下手ではできないと思う。「第2期トリックス」は演奏がしっかりしているから成立する笑いである。
 「第2期トリックス」=「超絶フュージョン・エンタテインメント・バンド」の笑いはモノマネやパロディなどではなく,キメるところはキメまくる,あくまでも「フュージョン“バラエティ”バンド」なのである。

  01. 4.2.5.1.
  02. Skip Away
  03. Super Latino
  04. volare via
  05. S
  06. White Fairy
  07. Circulars
  08. Bos(t)on!
  09. Adoration

(キングレコード/KING RECORD 2009年発売/KICJ-563)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エロール・ガーナー / コンサート・バイ・ザ・シー5

CONCERT BY THE SEA-1 同じ大衆芸能方面の“ジャズ・ピアニスト”であるが,オスカー・ピーターソンが「エンタメ系」であるならば,エロール・ガーナーは「演芸系」である。

 というのも,いつでもどこでもエンターテイナーしてしまうオスカー・ピーターソンに対して,エロール・ガーナーは劇場に立ってからが凄い! 最初の一音から最後の一音まで,観客を楽しませるためならどんなに過剰なサービスだってどんとこいの大盛り上がり大会! ノッタ時のエロール・ガーナーには手が付けられない!

 そんなエロール・ガーナーの,そしてジャズ・ピアノの歴史に残る決定的な名盤が『CONCERT BY THE SEA』(以下『コンサート・バイ・ザ・シー』)である。

 とにもかくにも『コンサート・バイ・ザ・シー』を聴いていると,その日の嫌なことは一遍に消えてしまう。いつの間にか「A HAPPY DAY!」(by UES)気分に浸ってしまう。「憂鬱を吹き飛ばす万能薬」な1枚だと思う。

 『コンサート・バイ・ザ・シー』の隙の無さは,エロール・ガーナーの名手ぶりを物語っている。エロール・ガーナーは“ピアノを歌わせる”名手である。
 退屈することなど一瞬もない。耳が釘付けとはこのことだ。本当にいい演奏を聴いた,という満足感が幸福感につながっていく…。

 音源が古いし,陰りもない。ピアノ以外に聴こえるのは聴衆の反応だけであって,ほぼベースドラムは聴こえない。エロール・ガーナーの代表曲【MISTY】も入っていない。
 これらが解決されていれば超名盤の仲間入りも出来たであろうに…。

CONCERT BY THE SEA-2 でもそんなの関係ない。『コンサート・バイ・ザ・シー』を聴いている間,脳裏に浮かぶはエロール・ガーナーの楽し気な顔と観客の満足げな顔だけである。
 マイナス要因など1つもない。『コンサート・バイ・ザ・シー』には,ジャズを聴く楽しみの全てが詰まっていると思う。

 観客全員をあっと言う間に「ワン・アンド・オンリー」の世界へと引きずり込む“芸達者”エロール・ガーナーの真骨頂! もはや「お手上げ」状態である。
 『コンサート・バイ・ザ・シー』の東映映画のロゴが似合いそうな荒波と岩場のアルバム・ジャケット。浮かれた女性が両手を広げて「お手上げ」ポージングは音楽の内容を表現しているのです!

  01. I'LL REMEMBER APRIL
  02. TEACH ME TONIGHT
  03. MAMBO CARMEL
  04. AUTUMN LEAVES
  05. IT'S ALL RIGHT WITH ME
  06. RED TOP
  07. APRIL IN PARIS
  08. THEY CAN'T TAKE THAT AWAY FROM ME
  09. HOW COULD YOU DO A THING LIKE THAT TO ME
  10. WHERE OR WHEN
  11. ERROLL'S THEME

(CBSソニー/CBS/SONY 1955年発売/32DP 660)
(ライナーノーツ/粟村政昭)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.