アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

渡辺 香津美 / KYLYN4

KYLYN-1 管理人は『KYLYN LIVE』を聴いた後に『KYLYN』を聴いた。そのせいなのだろう。『KYLYN』について語ろうと思えば,巷で言われているような名盤評価にはならない。

 『KYLYN LIVE』は真に最高のライブ盤である。ゾクゾクする。しかしあの大興奮を『KYLYN』からは感じられない。
 ズバリ『KYLYNレコーディングの時点では,渡辺香津美坂本龍一,そして日本の音楽界の精鋭たちとのコンビネーションがまだこなれてはいないのだ。

 そう。『KYLYN』の音楽の本質が,あの「青と赤」真っ二つのアルバム・ジャケットに象徴されている。『KYLYN』はLPのA面が渡辺香津美ジャズフュージョン・サイド,B面が坂本龍一のテクノ・ポップ・サイドで構成されている。
 ステージ上の楽器の配置を「青と赤」で表現した『KYLYN LIVE』のアルバム・ジャケットがお見事。「青と赤」が分断されていた『KYLYN』が『KYLYN LIVE』でついに融合したことを絵画的に表現しているように思う。

 さて,そんな渡辺香津美ソロ名義のアルバムを坂本龍一がプロデュースした『KYLYN』であるが,ギターフレットレスベース渡辺香津美フェンダー・ローズピアノシンセサイザー坂本龍一フェンダー・ローズ益田幹夫ピアノキーボードヴォーカル矢野顕子ベース小原礼ドラム村上“ポンタ”秀一ドラム高橋ユキヒロパーカッションペッカートロンボーン向井滋春アルト・サックスソプラノ・サックス本多俊之テナー・サックス清水靖晃という,当時すでに自らのリーダー・アルバムをリリース済メンバーによる「オール・スター・セッション」こそが『KYLYN』の“伝説”である。

 つまり渡辺香津美坂本龍一の『KYLYN』における功績とは,これだけの精鋭たちを集めきった人脈にあるのであって,2人がリードしたフュージョン志向の音楽性は後付けで良い。

 才能豊かなメンバーが同じスタジオに集まって,同じ空気同じ方向性で自由にクリエイトできたからこそ,後刻『KYLYN LIVE』での爆発が生じたのだろう。
 「KYLYN」という名の「オール・スター・セッション」が,やがては「KYLYN BAND」を名乗れるほどに,一体感ある音の交歓に喜びを感じながらメンバー全員が「次なるステージへとステップアップできた時間と場所」としての趣きを感じる。

 ちなみに「KYLYN」というプロジェクト名は,渡辺香津美坂本龍一の双頭バンドという意味合いもあって,Kは渡辺香津美のK。Yは&の意味。Lは「RYUICHI SAKAMOTO」のRをLと表記したもの。Nは仲間のN。

 面白いのは「KYLYN」から後のYMOが誕生し,渡辺香津美もYMOのサポートを務めるようになった事実もあって「KYLYN」の主導権は常に「LYUICHI SAKAMOTO」が握っており,渡辺香津美サイドが坂本龍一サイドに呑み込まれてしまったような印象で聴こえるところである。うん。教授&アッコちゃん!

KYLYN-2 管理人の結論。『KYLYN批評

 『KYLYN』は2つの別々のコンセプトが合体したコンパイル盤にして,それぞれのコンセプトの括りも曖昧で曲想がバラバラな実験作。『KYLYN』は,コンビニ的な凄腕メンバーの才能豊かなソロを楽しむためのアルバムである。

 ただし,この「暗中模索的」な『KYLYNセッションから,後の『KYLYN LIVE』なる大名盤が誕生し『KYLYN LIVE』で発芽した「音の種」が,J−ジャズフュージョン界に満開の花を咲かせる結果につながったのだから「分水嶺的」なアルバムとして(音楽性とは別の分野で)評価されて然るべきだと思っている。

  01. 199X
  02. SONIC BOOM
  03. WATER WAYS FLOW BACKWARD AGAIN
  04. MILESTONES
  05. E-DAY PROJECT
  06. AKASAKA MOON
  07. KYLYN
  08. I'LL BE THERE
  09. MOTHER TERRA

(ベター・デイズ/BETTER DAYS 1979年発売/COCB-53837)
(☆HQCD仕様)
(ライナーノーツ/松下佳男)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1996年度(第30回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1996年度(第30回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ザ・ニュー・スタンダード★【金賞】.ザ・ニュー・スタンダード
ハービー・ハンコック


----------------------------------------------------------------------------

フォー・シーズンズ★【銀賞】.フォー・シーズンズ
秋吉敏子ジャズ・オーケストラ・フィーチャリング・ルー・タバキン

----------------------------------------------------------------------------

ニュー・ムーン・ドーター★【ボーカル賞】.ニュー・ムーン・ドーター
カサンドラ・ウィルソン


----------------------------------------------------------------------------

プレイ・ピアノ・プレイ〜大西順子トリオ・イン・ヨーロッパ★【日本ジャズ賞】.プレイ・ピアノ・プレイ
大西順子


----------------------------------------------------------------------------

コンプリート・ロンドン・ハウス・セッション★【編集企画賞】.コンプリート・ロンドン・ハウス・セッション
オスカー・ピーターソン

----------------------------------------------------------------------------

MILES FAVORITE SONGS★【製作企画賞】.スイングジャーナル・リーダース・プロデュース〜マイルス・フェイバリット・ソングス
ドリーム・セッション'96

----------------------------------------------------------------------------

テイルズ・フロム・ザ・ハドソン★【録音賞(新緑)】.テイルズ・フロム・ザ・ハドソン
 マイケル・ブレッカー


----------------------------------------------------------------------------

ネフェルティティ★【録音賞(再発)】.マスター・サウンド・ジャズ・シリーズ〜マイルス・デイビス(20タイトル)
マイルス・デイビス

----------------------------------------------------------------------------

イン・コンサート Vol.2 [DVD]★【最優秀ビデオ賞】.ロフト・プレゼンツ・ジャズ・イン・ミュンヘン=スタン・ゲッツ・イン・コンサート〜ヒズ・ラスト・レコーディング Vol.1&2スタン・ゲッツ

----------------------------------------------------------------------------

オール・フォー・ユー〜ナット・キング・コール・トリオに捧ぐ★【最優秀新人賞】.オール・フォー・ユー〜ナット・キング・コール・トリオに捧ぐ
ダイアナ・クラール

----------------------------------------------------------------------------

 ハービー・ハンコックの『ザ・ニュー・スタンダード』が【金賞】受賞。

 いや〜,よ〜く覚えている。『ザ・ニュー・スタンダード』の発売当時は“狂喜乱舞”のジャズ・ライフであったことを…。
 ハービー・ハンコックの目の付け所が素晴らしい。ハービー・ハンコックこそが当世最高のピアニストである。これからはキース・ジャレットでもチック・コリアでもなくハービー・ハンコックと共に生きて行こう。
 まぁ,管理人の「ハービー命」は数年間の寿命であったけど…。
 
 『ザ・ニュー・スタンダード』とは,それこそキース・ジャレットが「スタンダーズトリオ」で演奏するような,古くから途切れることなく演奏され続けてきた定番曲に変わる,新時代のスタンダーズ集。

 ハービー・ハンコックがセレクトした,新時代のスタンダーズ・ソングは,確かに時の風化に耐えうる名曲ばかり。しかもこれが全曲ジャズスタンダーズしているのだからたまらない。

 そう,この手法に覚えがある。かつてマイルス・デイビスマイケル・ジャクソンを試みた時のアレである。マイルス・スクールの首席卒業生=ハービー・ハンコックマイルス・デイビスの遺志を継いで完成させたアルバムが『ザ・ニュー・スタンダード』の真実なのだ。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ヒギンズ・トリオ / 懐かしのストックホルム4

DEAR OLD STOCKHOLM-1 『DEAR OLD STOCKHOLM』(以下『懐かしのストックホルム』)が実に悩ましい。
 演奏良しの選曲良し。これぞジャズ・ピアノが長年追い求め続けてきた理想の具現化であろう。

 ただし手放しでは喜べないのだ。エディ・ヒギンズ・クラスなら『懐かしのストックホルム』クラスの名盤を放っておいて演奏できる。
 なのにエディ・ヒギンズがやらされてしまっている。スイングジャーナル誌とヴィーナス・レコードにやらさえてしまったのだ。そこがどうにも歯がゆいのだ。

 そう。『懐かしのストックホルム』とは,スイングジャーナル誌の「エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10」から産まれた企画盤である。どうやらVENUSの10周年記念企画盤だとか…。

 VENUSエディ・ヒギンズが「持ちつ持たれつの間柄」であることは周知の事実。ゆえに『懐かしのストックホルム』の制作は当然の成り行きだったのかもしれない。
 しかし『懐かしのストックホルム』の中に,エディ・ヒギンズの魂はあるのか?と問われれば,管理人は「ない」と答えよう。

 管理人には『懐かしのストックホルム』でのエディ・ヒギンズは,どうにも「よそ行き」のジャズ・ピアノに聴こえてしまう。「どこぞのカクテル・ピアニスト」のジャズ・ピアノに聴こえてしまう。

 そう。『懐かしのストックホルム』でのエディ・ヒギンズは,いつもより軽めに鍵盤を弾いている。『HAUNTED HEART』や『AGAIN』の頃の硬めのタッチが消えている。

 管理人は『懐かしのストックホルム』の前作までエディ・ヒギンズをずっと支持してきたが,それは“売れ線”を弾いてはみても,心はずっと硬派なジャズメンのままだったからだ。商業主義とは一線を引いた「カクテル・ピアノ」職人のエディ・ヒギンズが大好きだった。

DEAR OLD STOCKHOLM-2 だからこそ『懐かしのストックホルム』で感じた軽めのピアノ・タッチに嫌悪感を覚えてしまった。エディ・ヒギンズが悪魔に魂を売ってしまった気がして嫌気がさした。
 1番期待していたのに,甘い【NARDIS】という音選びの決定的な失敗が『懐かしのストックホルム』全体の不必要な甘さへとつながったように思う。

 ズバリ,管理人の大好きだった“エヴァンス派”のエディ・ヒギンズは『懐かしのストックホルム』という大名盤を残して死んでしまった。
 『懐かしのストックホルム』は「どこぞのカクテル・ピアニスト」による名演集なのである。

 個人的には『懐かしのストックホルム』以降のエディ・ヒギンズは評価していない。批評の対象としてはどうでもいい。

  01. Moonlight Becomes You
  02. More Than You Know
  03. Nardis
  04. Over The Rainbow
  05. Dear Old Stockholm
  06. I Remember Clifford
  07. You And The Night And The Music
  08. If You Could See Me Now
  09. Again
  10. We Will Be Together Again
  11. Witchcraft
  12. It Never Entered My Mind
  13. Stella By Starlight
  14. Blame It On My Youth

(ヴィーナス/VENUS 2002年発売/VHCD-4077)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/児山紀芳)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ザ・スフィアーズ / ライヴ・イン大阪3

LIVE IN OSAKA!!-1 「ザ・スフィアーズ」とは山中千尋の“覆面バンド”である。
 「ザ・スフィアーズ」のデビュー盤『LIVE IN OSAKA!!』(以下『ライヴ・イン大阪』)のどこを見渡しても山中千尋の文字はない。アルバム・ジャケットにも,いつもの美形の顔出しなし。
 おいおい,ドル箱の山中千尋ブランドを隠してセールス的には大丈夫なのかぁ〜。

 しか〜し『ライヴ・イン大阪』を聴けばすぐに分かる。「ザ・スフィアーズ」が発する山中千尋特有のジャズ・ピアノの香り。
 これには原因があって,ちーたんのエレピがバランス的に飛び抜けているのは,ダナ・ロスエレクトリックベースカレン・テバーバーグドラムが少々貧弱。
 結果として,いつもの脇義典ウッドベースジョン・デイヴィスドラムとの「山中千尋トリオ」以上に「山中千尋・ワンマン・バンド」と化している。

 つまり『ライヴ・イン大阪』は,山中千尋とその他2名によるライブ盤ゆえクオリティは二段落ちている。山中千尋ピアノにしても,せっかくの「ワンマン・バンド」なのだから,もっと自由に大暴れしても良いのに「ザ・スフィアーズ」全体のまとめ役に徹している感じがする。

 「ザ・スフィアーズ」に不満に感じてしまう最大要因はダナ・ロスエレクトリックベースである。せっかくのエレクトリックベースなのにリズム・キープがほとんどで,エレクトリックベースの代名詞=スラップなどは皆無。

 要するに「ザ・スフィアーズ」は山中千尋の「アコベだけではなくエレベも使ってみました」的な実験作。エレベエレピが乗っているにも関わらず,印象としてはアコベから何にも変化なし。

LIVE IN OSAKA!!-2 管理人はアルバム数枚おきに数曲だけ聴かせてくれる山中千尋の“狂喜のエレピ”が大好きなもので「ザ・スフィアーズエレクトリック・ガールズ・バンド」に大いに期待していたのだが,3回聴いてお蔵入り決定。
 自他共に認めるちーたん・マニアの管理人をして駄盤の烙印を押してしまおう。

 そう。「ザ・スフィアーズエレクトリック・ガールズ・バンド」の看板は偽りであって,聴き所はフェンダー・ローズではなくアコースティックピアノの方であった。
 『ライヴ・イン大阪』は【八木節】の名演1曲に救われているよなぁ。【八木節】ばかりは山中千尋がニッコニコ〜!

  01. RAIN, RAIN AND RAIN
  02. LIVING TIME:EVENT V
  03. YAGIBUSHI
  04. BEMSHA SWING
  05. HIMAWARI MUSUME
  06. TAXI
  07. THE ENTERTAINER
  08. EVIDENCE
  09. INSIGHT FORESIGHT

(ブルーノート/BLUE NOTE 2015年発売/UCCQ-1050)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ヒギンズ & スコット・ハミルトン / マイ・フーリッシュ・ハート4

MY FOOLISH HEART-1 『煙が目にしみる』で十分に理解していたはずなのに『MY FOOLISH HEART』(以下『マイ・フーリッシュ・ハート』)で改めてスコット・ハミルトンテナーの響きに速攻でやられてしまった。

 タイトル・チューンにしてオープナーの【MY FOOLISH HEART】のエロいこと。とにもかくにも生々しいタンギングやブレスやビブラートをエロスと表現するしか他にない。ただし清潔感があって潔い「芸術性のエロスの香り」。そこのところを読み間違えないでいただきたい。

 だから管理人としては『マイ・フーリッシュ・ハート』はエディ・ヒギンズスコット・ハミルトンの共演盤とは考えていない。
 『マイ・フーリッシュ・ハート』はスコット・ハミルトンテナーサックスを聴くべきアルバムだと断言しよう。

 ズバリ『マイ・フーリッシュ・ハート』とは,マル・ウォルドロンの『レフト・アローン』と同じ立ち位置に位置するアルバムである。
 マル・ウォルドロンのリーダー作『レフト・アローン』。しかし真の主役はマル・ウォルドロンピアノではなくジャッキー・マクリーンアルトサックスの方である。

 ジャッキー・マクリーンの『レフト・アローン』を聴いている時,そしてスコット・ハミルトンの『マイ・フーリッシュ・ハート』を聴いている時,マル・ウォルドロンピアノエディ・ヒギンズピアノも消えている。
 要は完全にサイドメンとしての伴奏に徹している。

MY FOOLISH HEART-2 マル・ウォルドロンと来ればビリー・ホリデイの伴奏者として余りにも有名である。そしてエディ・ヒギンズも『懐かしのストックホルム』のライナーノーツを読むと,氏のワイフであるメレディス・ダンブロジオを始めとして「私はありとあらゆる歌手の伴奏をやってきた」との記載がある。やっぱり!

 『マイ・フーリッシュ・ハート』はスコット・ハミルトンテナーサックスを聴くべきアルバムであるが,そこには名手=エディ・ヒギンズジャズ・ピアノが常に寄り添っている。

 エディ・ヒギンズスコット・ハミルトンの2枚目の共演盤『マイ・フーリッシュ・ハート』の内容が真に上質。ただし『煙が目にしみる』を聴いた時のようなインパクトは薄い。

 『マイ・フーリッシュ・ハート』は【MY FOOLISH HEART】の超名演を聴いて満足すればそれでよろしい。
 何となく予定調和的な,まぁ,それだけ完璧な出来ということで…。

  01. My Foolish Heart
  02. Russian Lullaby
  03. What Is There To Say
  04. That Old Black Magic
  05. Skylark
  06. Night And Day
  07. Embraceable You
  08. Am I Blue
  09. These Foolish Things
  10. The More I See You
  11. The Song Is You
  12. This Love Of Mine

(ヴィーナス/VENUS 2003年発売/TKCV-35316)
(ライナーノーツ/馬場啓一)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

松武 秀樹,乾 裕樹,渡辺 香津美,深町 純,村上 秀一,岡沢 茂,江夏 健二 / SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY4

SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY-1 日本のトップ・ミュージシャンが「宇宙」をテーマに「宇宙戦艦ヤマト」「スター・ウォーズ」「未知との遭遇」「火の鳥」「2001年宇宙の旅」のテーマ・ソングを演奏したスタジオ盤+ライブ盤のオムニバスが『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』である。

 『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』のリーダーはサウンド・デザインを担当した松武秀樹。アレンジャーは乾裕樹
 松武秀樹乾裕樹シンセサイザーを演奏するのだが,実際の演奏は深町純に任せている。

( ここで後日談。深町純は『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』のサウンド・デザインやアレンジが気に入らなかったのだろう。自分で『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』の焼き直しに当たる『宇宙戦艦ヤマト〜シンセサイザー・ファンタジー』なるアルバムを制作している )

 要するに『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』の時点では,深町純の参加はシンセサイザー・プレイヤーとしての評価であって,音楽全体のイメージは松武秀樹乾裕樹のものだということ。
 個人的にはその方が良い。深町純のファンとしては,迷盤『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』を深町純の音だと勘違いしたくないから…。

 そういうことでここからは深町純への感情を除いた『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』の評価について書く。

 そもそも『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』というアルバムは“シンセサイザー有き”の企画盤である。
 シンセサイザー=宇宙的・未来的なイメージが連想される時代があった。管理人は『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』のリリース後,数年経過してからYMOの洗礼を受けた世代である。

 とは言え,シンセサイザーを強烈に意識したのはYMOではなく喜多郎である。もっと言えば喜多郎というよりFM東京系「サントリー・サウンド・マーケット」のBGMが全てである。

 「サントリー・サウンド・マーケット」の“天にも昇る感じ”の音イメージはオーケストラシンセサイザーあってのこと! 壮大な未来。すっごいことが起こりそうな未来。今まで聴いたことのないサウンドの広がりはシンセサイザーであればこそ!
 「スター・ウォーズ」が今でも爆発的な人気を拡げている現状と比較すると,現状では,なぜシンセサイザーがここまで廃れてしまったのか不思議である。

SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY-2 その答えは『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』を聴いて感じる「古臭さ」にあるように思う。

 『SPACE FANTASY + LIVE SPACE FANTASY』斬新だったのは「未来志向のシンセサイザー・ミュージック」というカテゴリーだけであって,肝心の音楽自体はクリエイトされていない。

 テクノロジーの実験の場だったから,有名曲をシンセサイザーで演奏するとこんな感じ,で面白かったのだと思う。この企画ものを一番面白がっているのはドラマー村上秀一であろう。ビシビシと決まるリズムが一級品です。

 若き日の野呂一生渡辺香津美の両雄が“エレキ”って感じのギターを弾いています。これもアナログ・シンセのおかげだと思います。

  DISC-1 SPACE FANTASY
  01. 序曲―宇宙戦艦ヤマト
  02. 深夜の追跡
  03. イスカンダル
  04. 白い朝
  05. 真っ赤なスカーフ
  06. 宇宙戦艦ヤマト
  07. 飛行中隊
  08. エンジェルダスト
  09. 未知との遭遇
  10. 明日への希望―夢

  DISC-2 LIVE SPACE FANTACY
  01. プロローグ〜イスカンダル〔宇宙戦艦ヤマト〕
  02. マーメード ブールヴァード
  03. “スターウォーズ”のテーマ
  04. ザ・バランス
  05. “火の鳥”のテーマ
  06. ザ・スカードロン
  07. “2001年宇宙の旅”のテーマ ツァラトストラはかく語りき

(フォーライフレコード/FOR LIFE RECORDS 1978年発売/FLCF5027)
(CD2枚組)
(紙ジャケット仕様)
(☆BLU−SPEC CD仕様仕様)
(ライナーノーツ/松武秀樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.