アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-1

 この4月,TVをつければ「平成最後の…」という番組の多いこと多いこと。確かに一つの時代が終わるって人生の中でもそうそうあることではないので分からないでもないけども…。

 平成から令和へ。管理人は友人を自宅に招いて食事をし,吉高由里子のドラマ終わりで,そのまま「NEWS23」で元号またぎ。今回,平成31年5月の改元は,年末年始のお約束や1999年から2000年とか2000年から2001年のミレニアムの時ほどの感動はない。

 「平成→令和」以上だった「20世紀→21世紀」→「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100」!
 このシリーズには「アルト・サックス名盤トップ100」「ボーカル名盤トップ100」「ジャズメン・オリジナル名曲篇 名曲ベスト100」「ジャズ・スタンダード名曲篇 名曲ベスト100」などがあったのだが,当時の管理人にとって関心があったのは「ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」のランキングのみ!

 シリーズの中で唯一「ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」だけはリストをノートに手書きしているのですが,なぜかTOP100の全ては書いていない。
 書いているのはTOP100中のTOP20とTOP100に入っていたJ−FUSIONパット・メセニー関連のみ。当時は21位以下なんてどうでも良かったのでしょうが,令和を迎えた今となっては,気になって気になって夜も眠れない?
 読者の皆さんの中でTOP100を全てご存じの方がおられましたら是非是非,管理人にも教えてくださいませ。

 ちなみに「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」の選者はアマチュアの読者でしたが「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100」の選者はプロのジャズ評論家。岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名。

 これからカウントダウンされる「ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」のランキングを“どう読むか”はあなた次第です。← 平成っぽいままですね?

 …ということで1回目の今回はパット・メセニーのランクイン4作品の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

イマジナリー・デイ★48.イマジナリー・デイ
パット・メセニー・グループ


----------------------------------------------------------------------------

レター・フロム・ホーム★37.レター・フロム・ホーム
パット・メセニー・グループ


----------------------------------------------------------------------------

オフランプ★35.オフランプ
パット・メセニー・グループ


----------------------------------------------------------------------------

スティル・ライフ★10.スティル・ライフ
パット・メセニー・グループ


----------------------------------------------------------------------------

 パット・メセニー好きの管理人としてはECM盤が1枚とは大いに疑問が残る。『イマジナリー・デイ』のランクインは当時の最新作だったからでしょうねっ。
 評論家の皆さん。『ブライト・サイズ・ライフ』『想い出のサン・ロレンツォ』『トラヴェルズ』がそれぞれ101位,102位,103位なのですよね?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

今津 雅仁 / WHAT'S A MELODY?4

WHAT'S A MELODY?-1 デビュー・アルバム『MASATO』で“天下を獲った”今津雅仁! 日本中の全ジャズ・ファンが期待値MAXで迎えた2ndが『WHAT’S A MELODY?』。
( 『MASATO』はスイングジャーナル誌主催「ジャズ・ディスク大賞」【日本ジャズ賞】受賞! )

 演歌系のこぶし廻しというべきか? ブッカー・アービン風の癖というべきか? 今津雅仁テナーサックスは相変わらずのファンキー・サックス全開で『WHAT’S A MELODY?』も親しみやすいジャズ・アルバム仕上げ。
 ただし,結論から書くと『WHAT’S A MELODY?』で今津雅仁が没落した。『MASATO』路線を変更したわけでもないのに,こんなにも響かないのはなぜなのだろう…。

 思うに,何のプレッシャーもなく,自由気ままに,思う存分,自分の演りたいジャズを演奏したのが『MASATO』だとすれば,レコード会社からのオーダーとかプレッシャーとかで,あの「本能的に思いつくがまま」の最良の部分が薄れてしまって,平々凡々の…。
 一気に今津雅仁への関心が薄れてしまった…。

 一応,今津雅仁の名誉のためにフォローしておくと,管理人が『WHAT’S A MELODY?』にハマラなかったのは,アドリブ一発がどうにも事前に考えられていたかのようで気に障るから…。
 『WHAT’S A MELODY?』では,荒削りの部分が整えられて,曲単位での完成度は『MASATO』より上がっている。

 それは今津雅仁テナーサックスだけではなくて,吉岡秀晃ピアノ沼上励ベース屋代邦義ドラムについても当てはまる。

WHAT'S A MELODY?-2 そう。『WHAT’S A MELODY?』は今津雅仁ソロ名義ではなく「今津雅仁 & FUZZ MOTION」なるコンボ名義でのリリースになったのも,全員が自由に演奏するスタイルからアンサンブル指向に舵を切った「大義」なのだと思っている。

 仮に『WHAT’S A MELODY?』にハマッテいたら,アドリブログの一押しは矢野沙織ではなく今津雅仁だったのかもしれない。
 正直,2週間前に『MASATO』を10年振りに聴いて,大興奮して,そう思ってしまったんだもん。くまもん。

  01. But That's Impossible!
  02. Willful Drunkers
  03. Just One Time
  04. Lookin' Around The Bay
  05. Spring Tide
  06. The Girl Of My Heart

(ファンハウス/FUN HOUSE 1990年発売/FHCF-1056)
(ライナーノーツ/市川正二)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エルモ・ホープ / エルモ・ホープ・トリオ4

ELMO HOPE TRIO-1 エルモ・ホープと来ればバド・パウエルの“バーター”というのが定説である。
 その心は「バド・パウエル崩れ」で語られるよりも「ソニー・クラーク系マイナー崩れ」の方が正しいと思っている。

 『ELMO HOPE TRIO』(以下『エルモ・ホープ・トリオ』)は,一聴すると確かにバド・パウエルっぽい。テンポとか音の間に関しては“もろ”バド・パウエル似で間違いない。

 しかし『エルモ・ホープ・トリオ』を繰り返し聴いて,耳が慣れてくると,聴こえてくるのは,劣化したバド・パウエルなのだが,あるレベルを越えてしまった瞬間,エルモ・ホープのマイナー・ピアノソニー・クラークっぽい。
 要するに日本人好みの“ジャズ・ピアニスト”の一人がエルモ・ホープで間違いない。

 ただし,エルモ・ホープ好きを名乗るのは,ちょっと「天の邪鬼なピアノ・ファン」が多いように思う。
 これには理由があってエルモ・ホープ好きとは前提としてのマイナー・ピアノ好き。マイナー好きの世界ではソニー・クラークが一番手だから,ソニー・クラークを敢えて外した集団がエルモ・ホープ・ファンを構成しているように思う。この世界を理解するのは難しいのだ。

 『エルモ・ホープ・トリオ』でのエルモ・ホープピアノが,なかなかに手強い。エルモ・ホープの中にいるバド・パウエル的な顔とソニー・クラーク的な顔が同居したうえで,エルモ・ホープの個性が出ている。

 パズルのように構築されたフレーズの集積は,非メロディアスというわけではないが,情緒的で甘い砂糖菓子のようなフレーズはほとんど出てこない。
 例えば,スローテンポで演奏される,砂糖菓子のようなメロディーの【LIKE SOMEONE IN LOVE】においても,ピリリと辛口のピアノである。

ELMO HOPE TRIO-2 そう。エルモ・ホープの個性とは「独特の構成能力」にある。あまりに断片かつ,フレーズとフレーズの“つながり感”が希薄ゆえ,演奏の全体像が掴みづらい。だから注意深く聞いていると難解に聞こえるが,サラッと聞き流していると,如何にも“ジャズ・ピアニスト”して聴こえてしまう。

 う〜む。『エルモ・ホープ・トリオ』はなかなかに手強い。上級者向けのピアノ・トリオである。
 平易な語り口で語りかけるので一瞬分かったつもりになってしまうが,エルモ・ホープは意図時にツボを外し核心を隠してくる。まるでリスナーに謎かけでもしているように…。

 エルモ・ホープ好きの中でも『エルモ・ホープ・トリオ』は「天の邪鬼なピアノ・ファン」には堪らないアルバムなのだろうなぁ…。

  01. B'S A-PLENTY
  02. BARFLY
  03. EEJAH
  04. BOA
  05. SOMETHING FOR KENNY
  06. LIKE SOMEONE IN LOVE
  07. MINOR BERTHA
  08. TRANQUILITY

(ハイ・ファイ/HIFI 1959年発売/VDJ-1649)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

今津 雅仁 / MASATO5

MASATO-1 難解なジャズの方が人気が發い里漏里であるが,誰が聴いても分かりやすいジャズこそが「本家本元のジャズ」であろう。底抜けに楽しいアドリブが延々と続くジャズこそが「世界一」楽しい音楽だと思っている。
 最右翼はやっぱりファンキージャズになるのかなぁ?

 管理人がそう思うのは実体験があるからだ。1989年に発売された今津雅仁の『MASATO』の強烈な印象が忘れられないのだ。
 新人と言ってもオッサンだった今津雅仁のセンセーションなデビューに衝撃を受けた。実際に『MASATO』を聴いた後,キャノンボール・アダレイの『THEM DIRTY BLUES』を買ってしまったっけ?
 とにもかくにも「一期一会」のアドリブ一発の魅力にメロメロになった記憶がある。

 今津雅仁はとにかく思いっ切りバリバリとテナーサックスを吹き上げる。そこに理性とか構成とかは感じられない。本能的に思いつくがままにテナーサックスをドライブさせている。
 流暢に言葉をつくすよりも,ぶっきらぼうな言い回しのほうが伝わることがあるように,今津雅仁の「出たとこ勝負」のメロディアスが「瞬間芸術的」で聴いていて気分が高揚してくる。いいフレーズを聴く度に,管理人もガッツ・ポーズしてしまっている。

 今津雅仁テナーサックスは,時折音程を外しているが,それもこれも全てが今津雅仁の“味”である。今津雅仁テナーサックスには“雰囲気”がある。

 これってなんだろう。人を惹き付けてやまない魅力がある。ガッと掴まれては思わず聴きいってしまう魅力がある。何だか今まで聴いたことのない音が聴こえている。調子の悪
い時のソニー・ロリンズといった感じ?

MASATO-2 今津雅仁というテナーマンは日本語でテナーサックスを吹き上げる。極太な音でブルージーに,またユーモアをもって吹き上げる。
 なるほど,使っている楽器,リズム,音階,イントネーションなど語法的にはアメリカの「真似」かもしれないが,今津雅仁の日本語でテナーを聴いていると,そこそこの演奏でも,なんかこう,しっくりくるものがある。「ははあ,なるほど」ってな感じ。

 思うに,優れた日本人ジャズマンの演奏するジャズは「音が日本語」だからなんでしょう。彼らは片言の下手な英語なんかじゃなく,魂のこもった日本語で堂々とジャズを会話している。

 今津雅仁の『MASATO』に説得されてしまった。今津雅仁の日本語テナーの真髄とは“広島弁”あるいは“博多弁”のあれなのである。

  01. FIRE BALL
  02. VIOLET LOVE
  03. ZOOM
  04. SO LONG
  05. LIKE FORREST
  06. BAGDAD
  07. DEAR HANK

(ファンハウス/FUN HOUSE 1989年発売/00FD-7126)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

パコ・デルシア/アル・ディメオラ/ジョン・マクラフリン / THE GUITAR TRIO4

THE GUITAR TRIO-1 世紀の大名盤フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』から15年。アル・ディ・メオラジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアの3人組による「スーパー・ギター・トリオ」が帰ってきてくれた。

 ただし,自分たちが作り上げた『フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』をそう簡単には超えられないことを「スーパー・ギター・トリオ」の3人は理解している。だから新しいアイディアが『THE GUITAR TRIO』という1枚のアルバムになるまでに15年もの年月が必要だったのだ。

← 注:『フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』を,つい2年ほど前に聴いた管理人の感想はリアルに体感したアル・ディ・メオラジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアのファンより熱情が劣っても致し方ありません。残念。

 『THE GUITAR TRIO』の第一印象は,随分と地味な演奏に感じられた。
 ズバリ『THE GUITAR TRIO』の聴き所とは,緻密なアンサンブルを鳴らす手段としてのギター・バトルにある。つまりアドリブ一発のギター・バトルが繰り広げられるものではなく,全てが計算された構成の一部としてギターが登場している。

 要はギターありきではなく音楽ありき。随分と大人なアコースティックギターの掛け合いがじわじわと来る! 奥行きのある構成と3人の共鳴するギターが心地よいバランスで押し寄せてくる!

 『THE GUITAR TRIO』の聴き始めは,とにかく超高速カッティング&ピッキングに耳が奪われる。そして次第に早弾きと早弾きの間を埋める“メロディアスな”バッキングやフレージングに耳が行く。

 そう。『THE GUITAR TRIO』は,アコースティックギター2本だけ,3本だけのジャズギターによるアンサンブル集。
 「スーパー・ギター・トリオ」におけるアル・ディ・メオラジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアの役所とは,アンサンブルの流れに合わせて,自分が主役を張った1秒後に脇役へ回っても,主役並みに光り輝くサイド・ギター・スタイル集。

 ズバリ,自分の陣地に相手を引き込もうというスタイルのアル・ディ・メオラ,逆に相手の陣地に入り込むスタイルのジョン・マクラフリン,そして一番の自信家=パコ・デ・ルシアの「ついて来れるものならついて来い」スタイルの違いが,目まぐるしく交錯しては絡み合う,白熱のアンサンブル「裏バトル」集。

THE GUITAR TRIO-2 管理人の結論。『THE GUITAR TRIO批評

 『THE GUITAR TRIO』は“売り”である,アクロバティックなギターの“名人芸”が聴き所に違いないがハイライトは「上質のジャズ・ギター」に違いない。

 そう。『THE GUITAR TRIO』は,一部のギター・キッズだけが楽しむためのアルバムではない。実に音楽的なジャズ・ギターの“鳴り”に毎回魅了されてしまう。素晴らしい。

  01. LA ESTIBA
  02. BEYOND THE MIRAGE
  03. MIDSUMMER NIGHT
  04. MANHA DE CARNAVAL
  05. LETTER FROM INDIA
  06. ESPIRITU
  07. LE MONASTERE DANS LES MONTAGNES
  08. AZZURA
  09. CARDEOSA

(ヴァーヴ/VERVE 1996年発売/POCJ-1350)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ノブ・ケイン / NOBU CAINE4

NOBU CAINE-1 角松敏生フュージョンの人である。いつの日か制作されるフュージョン・アルバムを売る目的でまずは歌を歌ってきた人である。

 そんな角松敏生の“本性丸出し”の1つがソロ・アルバムの『SEA IS A LADY』であるとすれば,もう1つがプロデュース・アルバムの『NOBU CAIN』である。
 『SEA IS A LADY』では表現できなかった,角松敏生の考える「もう1つのフュージョンの理想形」が『NOBU CAIN』には色濃い。

 「ノブ・ケイン」とは,パーカッション斎藤ノブを中心に集まった「オール・ジャパン・スタジオ・ミュージシャン・リズム・セクション・バンド」である。
 メンバーはパーカッション斎藤ノブドラム村上“ポンタ”秀一島村英二ツインドラムベース青木智仁,そこにキーボード難波正司小林信吾ギター松原正樹の上物が乗っている。

 そんな「ノブ・ケイン」の『NOBU CAIN』を初めて聴いた時の“ギャップ”が今も忘れられない。
 『NOBU CAIN』聴くまではその当時,世界を席巻していた「HIROSHIMA」的な音楽をイメージしていたのだが,聴いてビックリ! 耳に飛び込んできた音楽のイメージは「角松敏生のインスト」そのまんま!

 「ノブ・ケイン」の基本は“ドンシャリ”である。しかし,単調なリズムがループする後ろで鉄壁のリズム・セクションが「ザ・角松敏生」を表現していることに驚きを隠せなかった。
 あっ,そもそも「ノブ・ケイン」のメンバーとは角松敏生のバック・バンドの面々たちの集合体だったのですね? 自然とカドマツ・ナイズされている!

 管理人は「ノブ・ケイン」について7年間ずっとそのように思ってきた。「ジンサク」の『DISPENSATION』を聴くまでは…。

NOBU CAINE-2 ジンサクの『DISPENSATION』を聴いて初めて「ノブ・ケイン」が理解できたし「ザ・角松敏生」が理解できた。
 そう。角松敏生フュージョンを表現する上でギター以上にベースドラムパーカッションで表現することに長けている。素っ晴らしい才能である。
 あの「ジンサク」がPOPになるくらいだから「ノブ・ケイン」がPOPに振れるのも当然ではなかろうか!?

 管理人の結論。『NOBU CAIN批評

 『NOBU CAIN』は当時流行りのJ−POPのインストである。しかしインストなのに歌っている。これぞフュージョンの人の音楽である。これぞフュージョンの醍醐味である。

 角松敏生フュージョン愛,恐るべし! 角松敏生の才能,恐るべし!

  01. ASIAN WIND
  02. YOU ARE A GREAT GIRL〜interlude 香港の朝市
  03. SAVANNA MOON
  04. BAN-COCK
  05. JESSICA
  06. NIGHT IN KOZA
  07. CARIBBEAN PIRATES
  08. ソバカスのある少女
  09. I'M GONNA FORGET YOU〜BACK TO THE ISLAND

(オーン・レコード/OM RECORDS 1989年発売/M32D-1003)
(ライナーノーツ/小倉エージ)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.