アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

MALTA / スウィート・マジック4

SWEET MAGIC-1 MALTAの2nd『SWEET MAGIC』(以下『スウィート・マジック』)のレコーディング・メンバーが凄すぎる。

 ギター森園勝敏ギター天野清継ギター山岸潤史ギター松木恒秀ピアノ佐藤允彦キーボード野力奏一キーボード松浦義和ベース岡沢章ベースグレッグ・リードラム村上“ポンタ”秀一ドラム渡嘉敷祐一 ETC

 1st『MALTA』に続き,基本ジャズ屋が演奏するJ−フュージョンの「オールスター・セッション」集の趣きであるが,1st『MALTA』と2nd『スウィート・マジック』では随分と印象が異なる。

 1st『MALTA』は豪華ゲストに支えられてMALTAが1人のアルトサックス・プレイヤーとして参加した感じなのに対して,2nd『スウィート・マジック』では完全にMALTAが音楽の主導権を掌握。ゲストをゲストとして使いこなしている感じがする。

 そう。レコード会社の激推しを受けてMALTAの「自信が確信に変わった瞬間」(by 松坂大輔)が『スウィート・マジック』だと思う。

 【SWEET MAGIC】はMALTA初のメジャー・ヒット曲。この曲からMALTAが街のショッピング・モールのBGMとして流れ始めた記憶がある。
 【WALKING IN THE SKY】と【BECAUSE OF LOVE】の爽やかなイントロが流れて来ると条件反射的に「夏!」と反応してしまうのは管理人だけ?

 それにしても名曲だらけの『スウィート・マジック』の中で,唯一の駄曲【XYZ】の何ともヘンテコなメロディー。最初のうちはこの曲が来ると飛ばしていたのに,今となってはアルバムの代表曲!
 空耳アワーよろしく。あれほど嫌っていたはずなのに【XYZ】を聴かないことには『スウィート・マジック』を聴いた気がしません!

SWEET MAGIC-2 管理人の結論。『スウィート・マジック批評

 『スウィート・マジック』は,ジャズの言語のまま演奏された,ライトなフュージョンを身にまとったジャズ・アルバムである。
 爽やかPOPな楽曲群と,こんなにもキュートでJAZZYな音色は『スウィート・マジック』をおいて他にはない。名盤であろう。

 それにしてもMALTAバラードと来ればアルトではなくソプラノサックスがメイン。いい路線だったのにぃ。

  01. SWEET MAGIC
  02. WALKING IN THE SKY
  03. ALWAYS YOU
  04. XYZ
  05. AUTUMN PLACE
  06. BECAUSE OF LOVE
  07. SUNSET IN MY HEART
  08. MANHATTAN IN BLUE
  09. MIDNIGHT TRAIN
  10. STARDUST

(ビクター/JVC 1984年発売/VDJ-1088)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フォープレイ / イエス・プリーズ4

YES, PLEASE!-1 『YES,PLEASE!』(以下『イエス・プリーズ』)を初めて聴き終えた時,万感の思いに襲われた。ついにフォープレイデビュー以来,ずっと追及してきた理想のサウンドに到達したように思えた。

 『イエス・プリーズ』は,ボブ・ジェームスにとって記念碑的な1枚になるのだろう。ついにボブ・ジェームスの念願叶ったりである。
 キーボードボブ・ジェームスと活動を共にしてきた,ベースネイサン・イーストドラムハービー・メイソンは勿論,リー・リトナーの後を受けたラリー・カールトンにしても「やるべきことをやりきった」満足感に浸ったように思う。
 特に神曲【FREE RANGE】が最高すぎる。4人の会話を盗み聞きしているような気分でアガル〜。

 まっ,これから「褒め殺し」の苦言を書くのだが,つまり『イエス・プリーズ』はフォープレイというバンド・サウンドの「リビジョンアップ版」としか聴き所はない。
 大枠は「調和」という不変のテーマであって,細かな修正に修正を重ねて,もはや手を加える箇所はない感じ? 「どうぞ美味しく召し上がれ」とボブ・ジェームスにケーキを差し出された感じ?

 もう一つ『イエス・プリーズ』に「完成版」のイメージを持ってしまったのは,ジャケット写真から連想するVENUSレコードのあれである。美女がカメラ目線で前かがみのあれが…。
 つまりは「メロウな売れ線&ロマンティック」→『イエス・プリーズ』をイメージしてしまった。あながち当たっていると思っている。

 この路線の選択は間違いではなかった。恐らくフォープレイの出発点は間違ってはいなかった。穏やかで軽めのリズムに大人のエロティシズムを感じるあのノリ…。上手にパート分けされたソロとアンサンブル…。インストとヴォーカルの組み合わせのハイセンス…。4人のバランスが生む極上のアプローチ…。

 ただし『イエス・プリーズ』を聴いているとフォープレイのアンサンブル・フォーマットの限界が見えてくる。フォープレイの4人はもっと自由に演奏できるはずである。
 なのに『イエス・プリーズ』の演奏は譜面通りのような感じで,自分で決めたルールに自らが縛られて?(自分で自分の首を絞めて?)窮屈そうに感じられる。

YES, PLEASE!-2 だから『イエス・プリーズ』を素晴らしいアルバムとして誰かに推薦することはあるとしても,管理人の趣味には合わない。
 ラリー・カールトンを素晴らしいギタリストとして誰かに推薦することはあるとしても,管理人の趣味には合わない。

 勿論,これはフォープレイギタリストとしてのラリー・カールトンのことであって,他のラリー・カールトンのプロジェクトは大抵大好きです。個人的にはリー・リトナーの明るく前向きなトーンがフォープレイに合っていると思うのですが…。

 ラリー・カールトンフォープレイでの黄金期はブルーバード移籍後の第二期から! 『HEARTFELT』以降のラリー・カールトンは「リー・リトナーからは外れ,フォープレイの枠内で」弾きまくっております。はい。

  01. FREE RANGE
  02. DOUBLE TROUBLE
  03. ONCE UPON A LOVE
  04. ROBO BOP
  05. BLUES FORCE
  06. SAVE SOME LOVE FOR ME
  07. FORTRESS
  08. GO WITH YOUR HEART
  09. POCO A POCO
  10. A LITTLE FOURPLAY
  11. LUCKY
  12. MEOWWW

(ワーナー・ブラザーズ/WARNER BROTHERS 2000年発売/WPCR-10767)
(ライナーノーツ/中川ヨウ)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

渡辺 貞夫 / マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜4

MY ROMANCE -SADAO PLAYS BALLADS--1 『MY ROMANCE −SADAO PLAYS BALLADS−』(以下『マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜』)での渡辺貞夫の演奏はすでに完成されている。いい演奏に違いない。

 しかしその一方で『マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜』のナベサダを“青い”とも感じる。心のどこかがしっくりこない。管理人の愛する渡辺貞夫が“軽い”のだ。

 そう。『マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜』の印象はフレッシュで若々しい。『マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜』がバラード・アルバムなのだから余計にそう感じるのだろう。

 でもそう感じてしまう自分自身がうれしいのだ。『マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜』を聴いていると,アルバムを聴き終える途中で毎回思考が飛んでしまう。それは現在の渡辺貞夫についてである。現在の渡辺貞夫の“円熟ぶり”について喜びを噛みしめる自分がいる。

 ズバリ『マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜』の演奏は悪くはないが,どうしても「世界一の音色」を奏でる現在の渡辺貞夫が基準ゆえにバークリーから帰国直後の演奏が劣って聴こえてしまうのだ。

 もはや管理人にとって60年代の渡辺貞夫と80年代以降の渡辺貞夫は別人扱い。それくらい渡辺貞夫の進化が目覚ましいし,「青い&若い」と「スター・オーラ&円熟」がハッキリと識別できる。

MY ROMANCE -SADAO PLAYS BALLADS--2 それにしても「青い」ナベサダがなぜこの時期にバラードなのかというと,当時のタクトナベサダのレコーディング・ラッシュ。
← 『マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜』が録音された1967年にはアルバム9枚。

 そりゃ毎月毎月レコーディングしていたらバラードの1枚でも録音したくなるもんです。『マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜』は渡辺貞夫の逆・若気の至りかも?

PS 『マイ・ロマンス 〜サダオ・プレイズ・バラッド〜』のジャケット写真を見た妻の一言。「この人,真木蔵人に似ている」。似ている?

  01. THEY SAY IT'S WONDERFUL
  02. MY ROMANCE
  03. SOMETIMES I FEEL LIKE A MOTHERLESS CHILD
  04. ONCE UPON A SUMMERTIME
  05. A NIGHTINGALE SANG IN BARKLEY SQUARE
  06. IT'S EASY TO REMEMBER
  07. HERE'S THAT RAINY DAY
  08. LITTLE GIRL BLUE
  09. MY FOOLISH HEART
  10. THAT'S ALL
  11. SPRING IS HERE
  12. I THOUGHT ABOUT YOU
  13. OLD FOLKS

(タクト/TAKT 1967年発売/COCB-54252)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/野口久光,青木和富)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フォープレイ / 45

4-1 キーボードボブ・ジェームスギターリー・リトナーベースネイサン・イーストドラムハービー・メイソンからなる盤石の4ピース・バンド=フォープレイ

 そのフォープレイからリー・リトナーが脱退することになった。ボブ・ジェームスの頭の中には,リー・リトナーの代わりが見つからなければフォープレイの解散も選択肢としてあったことだろう。
 なぜならフォープレイの“売り”とは「超大物4人組」。リー・リトナーの代わりは「そこそこレベルの大物」では務まらない。果たして,リー・リトナー・クラスの「超大物」で,2年に1枚のレコーディングに参加できるギタリストが見つかるのかどうか?

 当のリー・リトナーも心配する中,フォープレイの新ギタリストが発表された。発表された後ならば「この人しかいない!」となるのだが,それにしても「まさかのまさか!」な結果である。
 何と!リー・リトナーの後釜ギタリストとはリー・リトナーの「公式ライバル」であるラリー・カールトン“その人”! 名脚本家でも絶対に思いつかない?「夢」のようで「奇跡」のような人選だと思う。

 ラリー・カールトンよ,よくぞ決心してくれた。『』の最高の出来映えを聴き返すにつれ,ラリー・カールトンへの思いが強くなる。ラリー・カールトンが完璧にリー・リトナーの後釜を務め上げている。

 元々スタジオ・ミュージシャンであったリー・リトナーラリー・カールトンだから実現した「スムーズすぎるメンバー・チェンジ」。ただし,リー・リトナーラリー・カールトンでは大いに個性が異なることをリスナーは認識しておくべきだろう。
 そう。『』の最高の出来映えはラリー・カールトンの最高の仕事に1つとして記憶されるべきだと思う。

 リー・リトナーにしても,フォープレイの中でギターを弾くには「没個性」が求められていたのだが,ラリー・カールトンの場合は,フォープレイの中で自分を捨てる,尚且つ,リー・リトナーが創り上げてきたサウンド・カラーに寄せるため,もう一段階自分を捨て去る「没没個性」が求められている。
 ゆえに『』でのラリー・カールトンギターが大人しい。いいや,完璧に「影武者ミッション」を遂行することが“仕事人”ラリー・カールトンなりの自己主張なのだと思う。

 そんなラリー・カールトンの“男気”に,ボブ・ジェームスネイサン・イーストハービー・メイソンの3人が応えないはずがない。
 一歩下がろうとするラリー・カールトンを「前へ前へ」と意識的にプッシュしている。『』でフォープレイが“世界最高のアンサンブル・バンド”になったと思う。

4-2 そう。フォープレイの真髄とは“世界最高のアンサンブル・バンド”! フォープレイとはボブ・ジェームスにとっての“世界最高のアンサンブル・バンド”であり,ラリー・カールトンにとっての“世界最高のアンサンブル・バンド”であり,ネイサン・イーストにとっての“世界最高のアンサンブル・バンド”であり,ハービー・メイソンにとっての“世界最高のアンサンブル・バンド”!

 “明るく爽やかな”リー・リトナーのもと発展してきたバンド・スタイルから“ブルージーで粘り気のある”ラリー・カールトンのもと「自分を活かして他の人も活かす」バンド・スタイルへと進歩を遂げた『』。
 カールトン期のフォープレイソロ・パートでのアドリブリトナー期のフォープレイより熱くなったと思う。

 それにしても【STILL THE ONE】は名曲中の名曲である。フォープレイ存続の危機を救ってくれたラリー・カールトンに捧げるハービー・メイソンからの「ラブ・ソング」だと悦に入って聴いている。

 【STILL THE ONE】1曲の魅力で“気だるさの”ラリー・カールトンを大歓迎している,リー・リトナー派の自分が確かにここにいる。

 それにしてもリトナー期の最高の1曲が1曲目の【BALI RUN】で,カールトン期の最高の1曲が1曲目の【STILL THE ONE】というのも単なる偶然を超えた「永遠のライバル」のインパクト!

  01. Still The One
  02. Little Foxes
  03. Sexual Healing
  04. Charmed, I'm Sure
  05. Someone To Love
  06. Rio Rush
  07. Piece Of My Heart
  08. Slow Slide
  09. Vest Pocket
  10. Swamp Jazz
  11. Out Of Body

(ワーナー・ブラザーズ/WARNER BROTHERS 1998年発売/WPCR-1942)
(ライナーノーツ/工藤由美)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

TRIFRAME / 青柳誠トライフレーム4

TRIFRAME-1 青柳誠の1stソロTRIFRAME』(以下『青柳誠トライフレーム』)を聴いて二重の意味で観念してしまった。

 1つはアルバムの出来の良さに観念してしまった。“ジャズ・ピアニスト青柳誠が最高に素晴らしい。個人的に青柳誠と来ればピアノというよりテナーサックスであり,ピアノというよりキーボードである。

 どちらにしてもこんなにも“ふくよかで丸く優しい”音を奏でるピアニストというイメージは抱いていない。青柳誠の一番の代名詞は,あのテナーサックスでの「循環呼吸奏法」である。
 ナニワ・エキスプレスライブを珍しく!TVで放映していたのだが,一番の盛り上がりが青柳誠の「循環呼吸奏法」のシーンであり,それ以外でもバンドのフロントマンとして“猛獣使いの王子様”君臨の印象を持っている。

 ナニワ・エキスプレスでのピアノの出番はメロ弾きとバッキングが多かったのだから(ナニワ・エキスプレスにはナニワ・エキスプレスのメイン鍵盤奏者はキーボード中村建治青柳誠ピアニストの印象は薄い。
 ズバリ『青柳誠トライフレーム』をブラインド・テストで出されたら100人が100人とも撃沈することだろう。

 もう1つは「ああ,これで青柳誠ナニワへの復帰はなくなったなぁ」というあきらめの感情である。ファンとしてはナニワ再始動への淡い期待を抱いていたが,このアルバムを聴いて踏ん切りがついた。もう2度とナニワ・エキスプレスの“完全版”は永遠に見ることが出来なくない,という覚悟が決まった。

 『青柳誠トライフレーム』の優しい音世界はそれくらい,ナニワ・エキスプレスの剛球サウンドとは対極に感じた。1999年の時点で青柳誠ナニワ・エキスプレスのサウンドは「水と油」の位置にある。
 思うに,2003年の再結成盤『LIFE OF MUSIC』の時点で,青柳誠ナニワへの思いはすでに燃え尽きていたのだろう。

 岩見和彦が引き金を引いたナニワ・エキスプレスの解散劇。その後の5人の活躍は目覚ましい。その中で一番ナニワから離れてしまったのが青柳誠ではなかろうか? 「マルチ・サウンド・クリエイター」と名乗るにふさわしい五臓六腑の大活躍である。

 そんな「マルチ・サウンド・クリエイター」が青柳誠が自分の中の“ジャズ・ピアニスト”を表に出してきたのが素晴らしい。“ジャズ・ピアニスト青柳誠の発掘が「マルチ・サウンド・クリエイター」青柳誠の最大の功績である。

TRIFRAME-2 管理人の結論。『青柳誠トライフレーム批評

 『青柳誠トライフレーム』のピアニストは,晩年期のビル・エヴァンスのリリシズムや,一部キース・ジャレットにも影響を受けている。全編を通して叙情的なジャズ・ピアノが様々なスタイルをMIXさせて美しく響いている。
 淡いピアノと淡いリズム。そこに打ち込みでヴァーチャル・ストリングスが被ってくる。モノクロの世界が一気にカラーリングされてくる。とろっとろ。

 ただし管理人はこの後におよんでも「青柳誠ナニワ復活」の奇跡を信じている。その根拠こそがソロ・アルバムの制作に「TRIFRAME」というピアノ・トリオ編成を選んだという事実。

 ピアノ青柳誠ベース水野正敏ドラム池長一美による「TRIFRAME」の名コンビネーション。
 きっといつかはベース清水興ドラム東原力哉での「NANIWA TRIFRAME」!?

  01. Blue One
  02. Circle Beeds
  03. Sleepwood
  04. Enokorogusa
  05. Wives and Lovers
  06. Eclogue
  07. Ill Never Fall in Love Again
  08. Third Scene
  09. Only Tune

(ダイキサウンド/SUBCONSCIOUS 1999年発売/SUB-1011)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フォープレイ / エリクシール4

ELIXIR-1 『FOURPLAY』&『BETWEEN THE SHEETS』が共に愛聴盤のまま発売を迎えた『ELIXIR』(以下『エリクシール』)。

 ズバリ書くと『エリクシール』にはガッカリした苦い思い出がある。手放すのは後の事になるが,どうしても好きになれなかった『SNOWBOUND』と共に中古CD屋で処分した。今手元にある『エリクシール』は2枚目となる。

 このように書き出すと『エリクシール』は駄盤のように思われたかもしれないが『エリクシール』は紛れもなくリトナー期の名盤の1枚である。
 褒め殺しになるかもしれないが,ボブ・ジェームスリー・リトナーネイサン・イーストハービー・メイソンの4人が完璧にフォープレイを演じている。コツを掴んだかのような上質なアンサンブルが実にお見事。

 しかし,余裕たっぷりに聞こえるせいなのか?フォープレイの4人に「うわ〜」って憧れることが出来なかった。要はエモーショナルではなく“うまさ”を無意識のうちに感じ取ってしまったのだと思う。
 キャッチーさが抜けきったアダルト・コンテンポラリーな『エリクシール』の雰囲気に入れ込めず,思い入れ出来ず,感情移入が難しかった。当時まだ20代半ばの管理人には,随分と背伸びした大人の雰囲気に付いていくことができなかった。

 『エリクシール』を最後にリー・リトナーがバンドを離れる。表向きの理由はリー・リトナーソロ活動が多忙を極めて「フォープレイの一員としてスケジュール調整が出来なくなった」ことになっているが,管理人的にはリー・リトナーの“燃え尽き症候群”のようなものだと思っている。
 リー・リトナーにとってのフォープレイは『エリクシール』を持って完結したのだ。誰が何と言おうと管理人はそのように受け取った。

 ではどうして再び『エリクシール』を買い直したのか? それはラジオで久々に聴いた【THE CLOSER I GET TO YOU】に1年に1度の稲妻が走ってしまったから!

 話がフォープレイから逸れてしまうが【THE CLOSER I GET TO YOU】が大好きなのは「SELECT LIVE UNDER THE SKY’90」での,ジョー・サンプルフィリップ・セスバジー・フェイトンスティーヴ・ガッドレニー・カストロフレディ・ワシントンの「SELECT LIVE SPECIAL BANDフィーチャリングアル・ジャロウミキ・ハワード」による【THE CLOSER I GET TO YOU】の影響が大!  

 『エリクシール』でのパティ・オースティンピーボ・ブライソンの【THE CLOSER I GET TO YOU】は歌であって歌ではない。これぞ“インタープレイの極み”である。
 そう。パティ・オースティンピーボ・ブライソンヴォーカルは一般的なデュエットのレベルを超えている。パティ・オースティンピーボ・ブライソンが譜面,アレンジという非常に狭い限られた空間の中で,互いの声の調子を聞き分けながら会話を楽しんでいるように聴こえてしまう。彼らは本当の恋人なのではないかと錯覚してしまう。

 男女のデュエット曲で個人的に一番好きなのは,亡き父ナット・キング・コールとその娘ナタリー・コールナット・キング・コールの過去音源のオーバーダブと共演を果たした【アンフォゲッタブル】なのだが,その雰囲気に良く似ている。大好き。インタープレイの真髄とは“心の交歓”というのが確かめられる名トラックである。

ELIXIR-2 管理人の結論。『エリクシール批評

 『エリクシール』は綺麗すぎるしアダルトすぎる。ただし【THE CLOSER I GET TO YOU】1曲の魅力で,後に続くフォープレイヴォーカル・ナンバーを楽しめる土壌の塗り替えアルバムとして高く評価したい。

 リトナー期のフォープレイの個性を書く。フュージョンの『FOURPLAY』。スムーズ・ジャズの『BETWEEN THE SHEETS』。ヴォーカル・ナンバー大有りの『ELIXER』。

PS 本文には書きませんでしたが【EAST 2 WEST】でのネイサン・イーストスキャットがこれまた最高なので,ヴォーカル・ナンバーをフィーチャリングするフォープレイの評価確定に『エリクシール』が寄与しております。

  01. Elixir
  02. Dream Come True
  03. Play Lady Play
  04. Why Can't It Wait Till Morning
  05. Magic Carpet Ride
  06. Whisper In My Ear
  07. Fannie Mae
  08. The Closer I Get To You
  09. East 2 West
  10. Licorice
  11. In My Corner
  12. Any Time Of Day

(ワーナー・ブラザーズ/WARNER BROTHERS 1995年発売/WPCP-28152)
(ライナーノーツ/中田利樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.