アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

パコ・デルシア/アル・ディメオラ/ジョン・マクラフリン / THE GUITAR TRIO4

THE GUITAR TRIO-1 世紀の大名盤フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』から15年。アル・ディ・メオラジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアの3人組による「スーパー・ギター・トリオ」が帰ってきてくれた。

 ただし,自分たちが作り上げた『フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』をそう簡単には超えられないことを「スーパー・ギター・トリオ」の3人は理解している。だから新しいアイディアが『THE GUITAR TRIO』という1枚のアルバムになるまでに15年もの年月が必要だったのだ。

← 注:『フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』を,つい2年ほど前に聴いた管理人の感想はリアルに体感したアル・ディ・メオラジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアのファンより熱情が劣っても致し方ありません。残念。

 『THE GUITAR TRIO』の第一印象は,随分と地味な演奏に感じられた。
 ズバリ『THE GUITAR TRIO』の聴き所とは,緻密なアンサンブルを鳴らす手段としてのギター・バトルにある。つまりアドリブ一発のギター・バトルが繰り広げられるものではなく,全てが計算された構成の一部としてギターが登場している。

 要はギターありきではなく音楽ありき。随分と大人なアコースティックギターの掛け合いがじわじわと来る! 奥行きのある構成と3人の共鳴するギターが心地よいバランスで押し寄せてくる!

 『THE GUITAR TRIO』の聴き始めは,とにかく超高速カッティング&ピッキングに耳が奪われる。そして次第に早弾きと早弾きの間を埋める“メロディアスな”バッキングやフレージングに耳が行く。

 そう。『THE GUITAR TRIO』は,アコースティックギター2本だけ,3本だけのジャズギターによるアンサンブル集。
 「スーパー・ギター・トリオ」におけるアル・ディ・メオラジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアの役所とは,アンサンブルの流れに合わせて,自分が主役を張った1秒後に脇役へ回っても,主役並みに光り輝くサイド・ギター・スタイル集。

 ズバリ,自分の陣地に相手を引き込もうというスタイルのアル・ディ・メオラ,逆に相手の陣地に入り込むスタイルのジョン・マクラフリン,そして一番の自信家=パコ・デ・ルシアの「ついて来れるものならついて来い」スタイルの違いが,目まぐるしく交錯しては絡み合う,白熱のアンサンブル「裏バトル」集。

THE GUITAR TRIO-2 管理人の結論。『THE GUITAR TRIO批評

 『THE GUITAR TRIO』は“売り”である,アクロバティックなギターの“名人芸”が聴き所に違いないがハイライトは「上質のジャズ・ギター」に違いない。

 そう。『THE GUITAR TRIO』は,一部のギター・キッズだけが楽しむためのアルバムではない。実に音楽的なジャズ・ギターの“鳴り”に毎回魅了されてしまう。素晴らしい。

  01. LA ESTIBA
  02. BEYOND THE MIRAGE
  03. MIDSUMMER NIGHT
  04. MANHA DE CARNAVAL
  05. LETTER FROM INDIA
  06. ESPIRITU
  07. LE MONASTERE DANS LES MONTAGNES
  08. AZZURA
  09. CARDEOSA

(ヴァーヴ/VERVE 1996年発売/POCJ-1350)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ノブ・ケイン / NOBU CAINE4

NOBU CAINE-1 角松敏生フュージョンの人である。いつの日か制作されるフュージョン・アルバムを売る目的でまずは歌を歌ってきた人である。

 そんな角松敏生の“本性丸出し”の1つがソロ・アルバムの『SEA IS A LADY』であるとすれば,もう1つがプロデュース・アルバムの『NOBU CAIN』である。
 『SEA IS A LADY』では表現できなかった,角松敏生の考える「もう1つのフュージョンの理想形」が『NOBU CAIN』には色濃い。

 「ノブ・ケイン」とは,パーカッション斎藤ノブを中心に集まった「オール・ジャパン・スタジオ・ミュージシャン・リズム・セクション・バンド」である。
 メンバーはパーカッション斎藤ノブドラム村上“ポンタ”秀一島村英二ツインドラムベース青木智仁,そこにキーボード難波正司小林信吾ギター松原正樹の上物が乗っている。

 そんな「ノブ・ケイン」の『NOBU CAIN』を初めて聴いた時の“ギャップ”が今も忘れられない。
 『NOBU CAIN』聴くまではその当時,世界を席巻していた「HIROSHIMA」的な音楽をイメージしていたのだが,聴いてビックリ! 耳に飛び込んできた音楽のイメージは「角松敏生のインスト」そのまんま!

 「ノブ・ケイン」の基本は“ドンシャリ”である。しかし,単調なリズムがループする後ろで鉄壁のリズム・セクションが「ザ・角松敏生」を表現していることに驚きを隠せなかった。
 あっ,そもそも「ノブ・ケイン」のメンバーとは角松敏生のバック・バンドの面々たちの集合体だったのですね? 自然とカドマツ・ナイズされている!

 管理人は「ノブ・ケイン」について7年間ずっとそのように思ってきた。「ジンサク」の『DISPENSATION』を聴くまでは…。

NOBU CAINE-2 ジンサクの『DISPENSATION』を聴いて初めて「ノブ・ケイン」が理解できたし「ザ・角松敏生」が理解できた。
 そう。角松敏生フュージョンを表現する上でギター以上にベースドラムパーカッションで表現することに長けている。素っ晴らしい才能である。
 あの「ジンサク」がPOPになるくらいだから「ノブ・ケイン」がPOPに振れるのも当然ではなかろうか!?

 管理人の結論。『NOBU CAIN批評

 『NOBU CAIN』は当時流行りのJ−POPのインストである。しかしインストなのに歌っている。これぞフュージョンの人の音楽である。これぞフュージョンの醍醐味である。

 角松敏生フュージョン愛,恐るべし! 角松敏生の才能,恐るべし!

  01. ASIAN WIND
  02. YOU ARE A GREAT GIRL〜interlude 香港の朝市
  03. SAVANNA MOON
  04. BAN-COCK
  05. JESSICA
  06. NIGHT IN KOZA
  07. CARIBBEAN PIRATES
  08. ソバカスのある少女
  09. I'M GONNA FORGET YOU〜BACK TO THE ISLAND

(オーン・レコード/OM RECORDS 1989年発売/M32D-1003)
(ライナーノーツ/小倉エージ)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フランク・アヴィタビレ / ジャスト・プレイ5

JUST PLAY-1 フランク・アヴィタビレの『JUST PLAY』(以下『ジャスト・プレイ』)とは国府弘子の『PIANO TAPESTRY』〜『PIANO ANNIVERSARY』〜『PIANO VOICES』の続編となるピアノ・ソロ・アルバムである。

 騙されたと思ってこの順番で『ジャスト・プレイ』を聴いてみてほしい。絶対にそう思えるから!? ← 多分,リリース時期が近いせいでそう思ってしまったのかもしれません。

 そう。管理人にとってフランク・アヴィタビレとは「ミシェル・ペトルチアーニな人」ではなく「国府弘子な人」である。
 国府弘子がPOP寄りから本格ジャズを越えてきたように,フランク・アヴィタビレにもジャズ以外の要素の方が耳に残る。

 これがおフランスのせいなのかは定かではないがクラシックに近い感覚があってアメリカン・ジャズではない。しかし不思議とアルバムを1枚聴き終えた後には「これぞジャズ・ピアノ以外の何物でもない」と思ってしまうのだから素晴らしい。
 ジャズ評論の世界ではこれを「ミシェル・ペトルチアーニ直系」と定義するのだろうか?

 それにしても定番のピアノ・トリオではイマイチなのにソロ・ピアノになると表情が一変するピアニストに共通するのは,ジャズを弾こうとしていないことであろう。
 本人はジャズを弾くではなく,ピアノを弾くでもなく,ただ自分の好きなように音楽を奏でている。イマジネーション豊かな鍵盤音楽の世界にドップリである。

 『ジャスト・プレイ』はジャズの方法論で演奏されている。新しさというよりもオーソドックスな伝統を感じる。フランク・アヴィタビレはゼロからのクリエイターなどではない。
 そう考えると『イン・トラディション〜フランク・アヴィタビレ・デビュー』がハービー・ハンコックっぽく仕上がったことにも合点がいくし『ジャスト・プレイ』での国府弘子にも合点がいく。

JUST PLAY-2 ズバリ,フランク・アヴィタビレの魅力とは「美しいものパッケージング」なジャズ・ピアニスト
 『ジャスト・プレイ』にはフランク・アヴィタビレが体験してきた「美」が全部詰まっている。「美」のピアニズムが持つカタルシスを感じてやまない。

 ところで『ボディ・アンド・ソウル批評の中で,長尺が苦手なフランク・アヴィタビレへの不満をちょっとだけ書いてしまったが,その理由も『ジャスト・プレイ』で回収できたことも記しておく。

 フランク・アヴィタビレが長尺が苦手でないことは11分12秒の【AUGUST IN PARIS】が証明してくれた。1曲の演奏時間が総じて短時間なのは,その曲の美しい部分だけにフォーカスした結果なのだと思っている。

  01. RESONANCE
  02. LITTRE A LOISE
  03. MY ROMANCE
  04. AUGUST IN PARIS
  05. MEMORIES
  06. MAGIC MIRROR
  07. SMILE
  08. MOODY PIANO
  09. MORNING STAR
  10. DREAMLAND
  11. ISOPOD
  12. REAL ADDICT
  13. CORPS & AMES
  14. NATURE BOY
  15. POINCIANA
  16. MEDLEY; MISS LAURENCE〜FACIN'UP〜REVERIE〜LOVERS

(ドレフュス・ジャズ/DREYFUS JAZZ 2005年発売/VACR-2072)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/アルノード・メルリン)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

勝田 一樹 / KAZUKI KATSUTA5

KAZUKI KATSUTA-1 勝田一樹の1st『KAZUKI KATSUTA』を昨年買った。理由はDIMENSIONのニュー・アルバムが出ないと分かったから!
 勝田一樹がなぜこのタイミングでソロ・アルバムと思ったのが2014年のこと。『KAZUKI KATSUTA』のリリースはDIMENSIONのニュー・アルバムが出ない年のための保険だったから!

 だって,あの勝田一樹がこれまでソロ・アルバムを出さなかったこと自体が不思議だったし,勝田一樹DIMENSION以外でやりたい音楽は「JAFROSAX」と「KK JAM」の活動で実現してきたと考えていたから!
 だから何で今更カッコ悪いことをしたのか意味不明だった。でもやっと『KAZUKI KATSUTA』のリリースはDIMENSIONのニュー・アルバムが出ない年のための保険だったことが分かったのだ。

 ズバリ『KAZUKI KATSUTA』はDIMENSIONのニュー・アルバム『31(仮)』だと認識する。それくらいに“ほぼDIMENSION”な極上フュージョン・アルバムであった。

 管理人は勝田一樹の多忙なソロ活動がDIMENSIONのリリース停止の原因だと考えていたが『KAZUKI KATSUTA』=“ほぼDIMENSION”がそれを裏付けた形となった。
( 日本全国のカツオ・ファンの皆さんごめんなさい。こうは書いても管理人はカツオのことが大大好きなのです。信じてください。でも本当にディメの足を引っ張っていると思うから… )。

 過去の勝田一樹ソロ活動に,これほどまでにDIMENSIONを感じたことはなかった。「JAFROSAX」「KK JAM」にDIMENSIONを感じたことはなかった。な・の・に&な・ぜ・に…。

 そう。管理人の不満は小野塚晃増崎孝司が参加しているのに関わらずDIMENSIONのDNAを勝田一樹が“独り占め”している,その一点だけである。
 それと須藤満則竹裕之が参加しているにも関わらずスクェアっぽさを微塵も感じないのも見当違いな不満でもある。グルーヴ・マイスターの川崎哲平が思いっきり目立っている。

KAZUKI KATSUTA-2  『KAZUKI KATSUTA』はフュージョン・アルバムとしてはパーフェクトである。『KAZUKI KATSUTA』はDIMENSIONのアルバムとしてもパーフェクトである。
 しかしそれだけに『KAZUKI KATSUTA』を勝田一樹ソロ・アルバムとして聴くのは難しい。

 ふむふむ。そろそろオチが見えてきましたか? 結論としては「DIMENSION勝田一樹」をかつてここまで感じたアルバムはありません。

 こうなったらDIMENSIONのニュー・アルバムは勝田一樹ソロ・アルバムで聴くしかない!?
 もし今年もし来年。DIMENSIONのニュー・アルバムが出ない場合は勝田一樹の2nd『VISUALIZE』と勝田一樹の3rd『SAXREE』を買おうと思います!

  01. Street Dance
  02. Got It Goin'on
  03. Cross Road
  04. True Heart
  05. Perfect Future
  06. Long Way To Go
  07. W・R・T
  08. Midnight Black
  09. Dr.Jackle
  10. Free

(ザイン/ZAIN 2014年発売/ZACL-9071)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フランク・アヴィタビレ / ボディ・アンド・ソウル4

BEMSHA SWING-1 ミシェル・ペトルチアーニ直系という触れ込みも『IN TRADITIONAL』でのバド・パウエル集の印象が薄く,結局は“雨後の筍”の一人というのがフランク・アヴィタビレに対する管理人の評価だった。

 だからフランク・アヴィタビレの2nd『RIGHT TIME』はニールス・ベデルセン入りにも関わらず関心なし。
 そして実を言うと今夜紹介する3rdの『BEMSHA SWING』(以下『ボディ・アンド・ソウル』)もパスしてきた。

 『ボディ・アンド・ソウル』を買ったのは,フランク・アヴィタビレ初のピアノ・ソロ作=4th『JUST PLAY』(以下『ジャスト・プレイ』)に衝撃を受けたから。
 『ボディ・アンド・ソウル』は『ジャスト・プレイ』の次に買った。

 …で,管理人の結論。『ボディ・アンド・ソウル批評

 『ボディ・アンド・ソウル』は,やっぱり期待外れだった。なぜだろう? フランク・アヴィタビレは長尺が苦手なのだろうか? 聴かせる演奏がない。音に没頭させるような情感が薄い。
 『IN TRADITIONAL』が14曲で『BEMSHA SWING』も14曲。収録曲数が多いということは1曲の演奏時間が短いということ。長尺に耐えうる構成力に自信がないのか?

 事実『ボディ・アンド・ソウル』のハイライトは本編にはない。余興としてボーナス・トラックに収められたピアノ・ソロでの【フェイシン・アップ】と【レヴリィ】である。

BEMSHA SWING-2 フランク・アヴィタビレというピアニストピアノ・ソロとなると俄然イマジネーションが豊かになり色彩豊かなピアノが流れ出すタイプ。
 この上なく美しいタッチがおフランス・ドンピシャリ。フランク・アヴィタビレの秘められたポテンシャルの高さは個人的には国府弘子を想起する。

 さて,ピアノ・トリオフランク・アヴィタビレ唯一の収穫は【レヴリィ】である。【レヴリィ】が流れ出した瞬間「あっ,ミシェル・ペトルチアーニだ」と感じてしまったのも事実。
 あながちミシェル・ペトルチアーニ直系という評価は間違いではなかった。

  01. REVERIE
  02. FINE-TUNE
  03. CARROUSEL
  04. BODY AND SOUL
  05. 'ROUND THE STEPS
  06. JULY IN PARIS
  07. ALL BLUES
  08. BYE BYE BLACKBIRD
  09. ALEA
  10. BEMSHA SWING
  11. PRELUDE TO A KISS
  12. SECRET SONG
  13. FACIN' UP
  14. REVERIE

(ドレフュス・ジャズ/DREYFUS JAZZ 2002年発売/VACR-2058)
(ライナーノーツ/クロード・キャリエール,杉田宏樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

渡辺 香津美 KAZUMI BAND 『ガネシア』ジャケット3色コンプリート報告

 渡辺香津美のコアなファンでないと収集出来ない事柄がある。カズミ・バンドの熱狂的なファンでないと成し遂げられない事柄がある。
 カズミ・バンドの“最高傑作”『ガネシア』の色違いジャケット3色のコンプリートのことである。

 『ガネシア』の色違いジャケット3色とは赤&青&紫。『ガネシア』のCDジャケットは赤=通常盤は赤。そうなると赤の玉は多そうだからマニアが狙うは青&紫。発売から37年。もはや日本中どこを探しても現在も3色コンプリート中のマニアは見当たらない?

 いえいえ。そんなマニアがいたのです。この証拠画像の紋所を見よ〜(黄門様風)。
ALL

 今でこそ「AKB商法」が音楽業界を席巻し,ジャズフュージョン界においても(山中千尋小林香織を筆頭に王者はTRIX)「ジャケット違い」が発売されることも珍しいことではなくなったが『ガネシア』の3色仕様は1982年のこと。もちろんCDではなくLPなのでド迫力のデカジャケ。レア中のレア物なのです。
 で,AKBさん。渡辺香津美を見倣ってジャケット違いはLPで発売したらもっと売れると思います。

 で,時代先取りの『ガネシア』の3色発売で何が分かるか? つまり渡辺香津美が超BIGだったということ。そして『ガネシア』はそれくらいの大名盤だったということ。
 よくあるでしょ? 1枚目は聴く用。2枚目は保存用。3枚目はサイン書いてもらう用。4枚目はプレゼント用。5枚目は1枚目の聴く用の買い直し…。

 幻のアイドル級のお宝画像ですから1枚ずつ見てみましょう。まずは赤の帯付き(左)と帯を外した状態(右)
赤_帯   赤_ネイキッド
 続いて青の帯付き(左)と帯を外した状態(右)
青_帯   青_ネイキッド
 最後に紫の帯付き(左)と帯を外した状態(右)
紫_帯   紫_ネイキッド

 コンプリートしてニヤついている?渡辺香津美マニアの主とはガッツさん。ガッツさんは筋金入りの渡辺香津美ファン。こちらの証拠画像もかなり貴重です。
ガネシア_スコア 左はガネシアのスコア。マニアですよねぇ。仙台_19870528(木) 右は仙台公演時のチケット,翌々日遭遇時の香津美先生のサインだそうです。

 管理人とガッツさんの最初のやり取りから約6年。すなわち2190日。この赤&青&紫のコンプリート画像が完成されるまでの血と汗と涙のストーリー(中古CD屋漁り)は 『ガネシア』批評 のコメント欄をご覧ください。

 ガッツさん! 見事3色コンプリート達成おめでとうございます! 香津美さんもおめでとうございます!

 アドリブをログするブログ,それがアドリブログ。


人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.