アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN / STRUCTURE ET FORCE5

STRUCTURE ET FORCE-1 管理人はリアル・マイルス世代を羨ましく思ってきた。特に電化マイルスを体感した世代が羨ましくてしょうがない。ある日,突然,ジャズの世界が一変する。そんな衝撃をリアルに体験してみたかった。

 でっ「DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(DCPRG)」である。そして『STRUCTURE ET FORCE』である。
 『STRUCTURE ET FORCE』を聴いた瞬間,現在進行形の電化マイルスを体感したような気分がした。これだこれなのだ。

 「DCPRG」は菊地成孔であり菊地雅章である。分かっている。電化マイルスとは全く別物だということも100%承知している。でもその上で,これだこれなのだ。
 『STRUCTURE ET FORCE』のリリースで,少なくとも管理人のジャズ観が変わった。ジャズとは美メロが命ではない。ジャズの主役はクリエイトしたビートに楽しみがあるのだ。

 管理人がこれだけ言うには訳がある。『STRUCTURE ET FORCE』には聴けるメロディーなど1つもない。リズムについても聴けるリズムなど1つもない。ただ耳に飛び込んでくるリズム。脳内に入ってくるリズムと格闘するアルバムである。
 難度高めなのにポリリズムとは思えないほど聴きやすい音の洪水が快感である。雰囲気だけで盛り上がれるアルバムが『STRUCTURE ET FORCE』なのである。

 そう。『STRUCTURE ET FORCE』こそが菊地成孔流の『ON THE CORNER』。『ON THE CORNER』的なものは“突然変異的”に表われる宿命なのだった。
 だから「DCPRG」に,これ以上『ON THE CORNER』的なものを期待してはいけない。

 事実『STRUCTURE ET FORCE』以降の「DCPRG」は『STRUCTURE ET FORCE』の二番煎じ的なものばかりに聴こえてしまい,急激に関心を失ってしまった。『STRUCTURE ET FORCE』は罪なアルバムなのである。

 おおっと,このように書くと『ON THE CORNER』や『STRUCTURE ET FORCE』は支離滅裂で破綻し続ける即興演奏的なものをイメージするかもしれないので,ここで明確に否定しておく。

 実は『ON THE CORNER』というアルバム。全てが計算づくのアルバムである。そして『STRUCTURE ET FORCE』もまた計算された『構造美』が浮かんでくるアルバムだと思う。複雑な構成を聴きやすくするために完璧に構築した『構造美』が眩しい。

STRUCTURE ET FORCE-2 「DCPRG」のメンバー14人の音が「POPに,そしてダンサブルに」の統一感を持って迫ってくる。
 切ないムードをふんだんに溢れさせる一方で,演奏の不安定さ。そこに隙や崩れたところなどない。さらにジャズの煙った空気やフリーの危うさもない。ソロアドリブの探り合いや弛緩もなければ不穏さも敢えて抜いている。

 ズバリ『STRUCTURE ET FORCE』にあるのは鋭利で整ったビートだけである。3管のブラスがメロディー方面ではなくビート方面に厚みを持たせている。全てがきっちり完璧にまとまっている。ミニマルな整然さがある。

 「DCPRG」のメンバー14人の音が全方位的に鳴っている。踊れる要素をギリギリ残しつつも,異様に多い音数と分散した音の配置,殺人的な譜割によってポリリズムの快楽を追及したリズムの構築。打楽器パートの音に焦点を合わせる度,頭がグラグラと混濁する。

 狂ったリズムに最初はノレナイ居心地の悪さがポリリズムを掴んでくるとどんどん居心地の良さに転換していく。テンポも高速一辺倒ではない。刻むビートと並行する複雑なリズムに慣れるとハマル。グルーヴするポリリズムが超気持ちいい〜。

  01. Structure 1:LA STRUCTURE DE LA MODERNE
  02. Structure 2:LA STRUCTURE DEL' AMERIQUE MEDIEVAL
  03. Structure 3:LA STRUCTURE DU SOLIDE ROTATOIRE ET DE
     LA PROSTITUTION

  04. Structure 4:LA STRUCTURE DU TEMPLE ET PARADIS
  05. Structure 5:LA STRUCTURE DES LIEUX DE PLAISIR ET DU
     PORT

  06. Structure 6:LA STRUCTURE L'EXTRACTION DU D'UNE
     BOUTELILLE DE CHAMPAGNE


(Pヴァイン/P-VINE 2003年発売/PCD-18508)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フレッド・ジャクソン / フーティン・ン・トゥーティン4

HOOTIN' 'N TOOTIN'-1 『HOOTIN’ ’N TOOTIN’』(以下『フーティン・ン・トゥーティン』)について語る時,第一の枕詞は大抵,フレッド・ジャクソン唯一のリーダー作という言葉であろう。

 それは事実であって事実ではない。なぜなら『フーティン・ン・トゥーティン』のリーダーは,テナーサックスフレッド・ジャクソンではなくアール・ヴァンダイクオルガンだからである。

 アール・ヴァンダイクオルガンテナーサックスをリードしていく。そしてこのダークな音世界こそがアール・ヴァンダイクオルガンの世界そのまんま。
 アール・ヴァンダイクオルガンが「漆黒の闇」に粘着している。べったりと張り付いている。

 しかしそれだけではない。オルガンソロとなれば軽やかにスイングしていく。ブルージーで押してくる。
 そう。モータウンのオルガニストとして活躍していたアール・ヴァンダイクの真骨頂が鳴っている。だから『フーティン・ン・トゥーティン』のリーダーはアール・ヴァンダイクオルガンなのだ。

 ではフレッド・ジャクソンテナーサックスはというとメインとして担がれただけのことはある。男らしいテナーサックスの“らしさ”たっぷりの大ブロー。「漆黒の闇」に粘着しているテナーサックスのイメージ通りな名演である。

 そう。『フーティン・ン・トゥーティン』の第二の枕詞=ブルーノートの「幻の名盤」の所以は2人のリーダー,フレッド・ジャクソンアール・ヴァンダイクの「せめぎ合い」と「譲り合い」の妙にこそある。

 『フーティン・ン・トゥーティン』は,70%がアール・ヴァンダイクオルガンで出来ているが,これぞ『フーティン・ン・トゥーティン』という特有の色を付けているのは,わずか20%フレッド・ジャクソンテナーサックスの方である。
( 残り10%はギターウィリー・ジョーンズドラムウィルバート・ホーガンが奏でるオルガントリオ )

HOOTIN' 'N TOOTIN'-2 うむふむ。この構図。管理人が連想したのはウェザー・リポートにおけるジョー・ザビヌルキーボードウェイン・ショーターテナーサックスとの関係である。
 ウェザー・リポートウェザー・リポートとして聴こえるためには,ジョー・ザビヌルキーボードウェイン・ショーターテナーサックスの両者が揃わなければならない。どちらか一方では絶対にウェザー・リポートの音とはならない。

 『フーティン・ン・トゥーティン』をよくよく聴くと,これが実は先進的なジャズ・アルバムだという気分になってくる。ブルースだがソウルではない。R&B調の展開には重さを削った都会的な新鮮な響きが感じられる。

 もしや,ジョー・ザビヌルウェイン・ショーターウェザー・リポートの1st『WEATHER REPORT』のモチーフとして「せめぎ合い」と「譲り合い」の『フーティン・ン・トゥーティン』をイメージしていたりして?

  01. DIPPIN' IN THE BAG
  02. SOUTHERN EXPOSURE
  03. PREACH BROTHER
  04. HOOTIN' 'N TOOTIN'
  05. EASIN' ON DOWN
  06. THAT'S WHERE IT'S AT
  07. WAY DOWN HOME

(ブルーノート/BLUE NOTE 1962年発売/TOCJ-9034)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/ダドリー・ウィリアムス,原田和典)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN / MUSICAL FROM CHAOS4

MUSICAL FROM CHAOS-1 『REPORT FROM IRON MOUNTAIN』は,1曲を除いてスッキリした楽曲ばかりで結構好きだったのだが,菊地成孔が第二期「DCPRG」が目指すスタイルとして選んだのは,その1曲の嫌いな難曲【CATCH 22】であった。

 『MUSIC FROM CHAOS』は,第一期「DCPRG」の2枚組ベストライブ集であるが,実にそのうちの1枚丸々が【CATCH 22】の5テイク! それくらいにライブで演奏するとこの難曲が豹変する!
 いや〜【CATCH 22】っていい曲だったのですねっ。そしてこの5テイク全てに5通りの楽しみ方がある。菊地成孔にまんまとやられてしまったのだ。

 【CATCH 22】は,メンバー全員がバラバラのリズムを演奏する怒濤のポリリズム・ファンクにして,ライブのたびにテンポやリズム・パターンが現在進行形で変わっていく。
 【CATCH 22】は“変態集団”「DCPRG」にとって格好の素材であって,聴く度に新しさを感じさせる即興演奏がズラリ。全員が違うループ演奏を施すマルチ・ビート1曲の5テイク集なのだが,1×5ではなく1×10のようなパワーに圧倒されてしまう。まるで毎回新曲を演奏しているかのような実験的な演奏集だと思う。

 …とこのように余裕で【CATCH 22】を見直すことができたのは「DISC2 IRON MOUNTAIN MENU」の存在があったから!
 無類の【】好きとしては,正直,DISC1の【CATCH 22】の5連発が【】の5連発だったらよかったのにとも思うのだがDISC2に【】が入っていたので許すことにした?

MUSICAL FROM CHAOS-2 DISC2は【】以外にもアグレッシヴだがPOPな美メロに引っ張られてライブだけど惹かれる演奏集になっている。流石に同じ曲のテイク違いだけではセールス的に勝負できないと考えたのかも?

 『MUSIC FROM CHAOS』の発売当時も【】ばかりを聴いていたが,ある時からマイルス・デイビスの【SPANISH KEY】からのビージーズの【STAIN ALIVE】という『ビッチェズ・ブリュー』からのディスコ・チューンの流れが【】と合っていることに気付いた。そうしたら【ホー・チ・ミン市のミラーボール】と【】も合っていることに気付いた。

 そもそも「DCPRG」とは電化マイルスの『ON THE CORNER』だった訳だし『MUSIC FROM CHAOS』とはライブ盤なのだから,ただただ音を浴びるように聴いて気持ちのよい瞬間を感じられればそれでよい。じわじわと興奮が高まればなおよい。「考えるな,感じろ〜」。

 【SPANISH KEY】〜【STAIN ALIVE】〜【】〜【ホー・チ・ミン市のミラーボール】への怒涛のごった煮ファンクの,しかし計算されたリフ回しがカッコイイと思える瞬間がポツポツ。

  Disc 1 Catch 22
  01. CATCH 22
  02. CATCH 22
  03. CATCH 22
  04. CATCH 22
  05. CATCH 22

  Disc 2 Iron Mountain Menu
  01. PLAYMATE AT HANOI
  02. SPANISH KEY
  03. STAIN ALIVE
  04. CIRCLE/LINE〜HARD CORE PEACE
  05. S
  06. ホー・チ・ミン市のミラーボール

(Pヴァイン/P-VINE 2003年発売/PCD-18506/7)
(CD2枚組)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デクスター・ゴードン / ダディ・プレイズ・ザ・ホーン5

DADDY PLAYS THE HORN-1 『DADDY PLAYS THE HORN』(以下『ダディ・プレイズ・ザ・ホーン』)と来れば,デクスター・ゴードン・ファン以外にとっては,とってもチャーミングなジャケット写真の名画であろう。管理人もこのジャケット写真が大好きである。

 しか〜し,デックスのマニアにとって『ダディ・プレイズ・ザ・ホーン』と来れば,麻薬禍→仮釈放中のお小遣い稼ぎ→なのに名演→どうなっているの!?であろう。

 それくらい『ダディ・プレイズ・ザ・ホーン』におけるデクスター・ゴードンテナーサックスが強い! 刑務所から出て1・2の3で吹いてこの名演デックスは並みのテナーマンとはレベルが違うのだ。その証明となる1枚なのだ。

 数年前に体操の内村航平が金メダル候補として騒がれていた頃のエピソードを聞いた時,なぜだか頭の中で『ダディ・プレイズ・ザ・ホーン』がシンクロした。
 内村航平が金メダルを取るための練習について「寝起きでも普通と変わらぬ演技ができる」「寝起きでも『6種目やれ』って言われたらできるくらいの安定感」というコメントを聴いて,思わず出所直後に録音されたのに,いつも通りの“威風堂々”デクスター・ゴードンな『ダディ・プレイズ・ザ・ホーン』が脳内の倉庫から飛び出してきたのだ!

 『ダディ・プレイズ・ザ・ホーン』の特徴とは懐の深いスイング感。ゆったりした展開での大ブロウがスケールの大きな音楽を鳴らしているということ。
 こういう音楽は誰かに教えられても出来るのもではなし,真似など出来っこない。デクスター・ゴードンの強烈な個性が鳴っている。そして最高のリズム隊が鳴っている。

 思えばピアノケニー・ドリューベースリロイ・ヴィネガードラムローレンス・マラブルのリズム隊が参加できたのも,仮釈放中ゆえの急造レコーディングが生んだ偶然の結果だと思う。
 『ダディ・プレイズ・ザ・ホーンセッションのためにケニー・ドリューに声がかかった時,ケニー・ドリューはいつも共演していたリロイ・ヴィネガーローレンス・マラブルとのトリオを希望したという。

DADDY PLAYS THE HORN-2 このケニー・ドリューピアノ・トリオデクスター・ゴードンの“味”と相性バツグン。リロイ・ヴィネガーローレンス・マラブルウエストコーストジャズな香りが「パリッ」とした感じで,とぼけた感じのデクスター・ゴードンテナーサックスがブライトに響いて聴こえる要因だと思う。

 『ダディ・プレイズ・ザ・ホーン』のハイライトは【CONFIRMATION】。チャーリー・パーカー得意の高速ナンバーのセオリーを無視して,ややスロー(それでも結構早いと思う)ながらも「山あり谷あり」の見せ場を伴い吹きこなしていく。
 リロイ・ヴィネガーの重いウォーキング・ベースを連れ回す,豪快なブロウにチャーリー・パーカーの面影はないはブランクなど感じさせないはで超カッコイイ系の演奏の一つとして推薦する。

  01. DADDY PLAYS THE HORN
  02. CONFIRMATION
  03. DARN THAT DREAM
  04. NUMBER FOUR
  05. AUTUMN IN NEW YORK
  06. YOU CAN DEPEND ON ME

(ベツレヘム/BETHLEHEM 1955年発売/TOCJ-62026)
(ライナーノーツ/ジョー・ミュランイェン,小川隆夫,岡島豊樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN / REPORT FROM IRON MOUNTAIN5

REPORT FROM IRON MOUNTAIN-1 菊地成孔の2つのバンド。すなわち「DUB SEXTET」と「DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(DCPRG)」は共に電化マイルスを模倣するバンドである。

 ではなぜ菊地成孔は電化マイルスを模倣するバンドを2つも用意する必要があったのだろうか? その答えは「DUB SEXTET」と「DCPRG」との性格の違いにある。
 そう。電化マイルスを高レベルで表現するには性格の異なる2つのバンドを用意する必要がある。この意見に管理人も賛成である。

 「DUB SEXTET」の方は,ウェイン・ショータージョー・ザビヌルからのウェザー・リポート方面,ハービー・ハンコックからのヘッド・ハンターズ方面,チック・コリアからのリターン・トゥ・フォーエヴァージョン・マクラフリンからのマハヴィシュヌ・オーケストラ方面までを網羅する,菊地成孔が惚れ込んだ“カッチョヨイ”電化マイルスの後継バンド。

 一方の「DCPRG」とは電化マイルスの異端作=『ON THE CORNER』の世界を表現するためのバンドだと思う。

 それくらいに『ON THE CORNER』の演奏には代わりが利かない。つぶしが利かない。だから「DCPRG」でのツイン・ドラムを躍らせたポリリズムなのだった。

( ここでブレイク。これは後で知ったことなのだが,菊地成孔が「DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(DCPRG)」を結成した目的は電化マイルスではなかった。菊地雅章の『SUSTO』収録の超難曲=7拍子と4拍子のポリリズム【CIRCLE/LINE】を再現したかったからだと語っていた。なあんだ菊地雅章だったのか。電化マイルス菊地成孔とは同意語です。『REPORT FROM IRON MOUNTAIN』収録の4曲目で完コピできています )。

 『REPORT FROM IRON MOUNTAIN』のハイライトとは複雑なポリリズムである。ポリリズムを耳で追っていると大好きな『ON THE CORNER』の世界とダブッていく。リズムの多層性で空気を揺らす。しかし難解さは無い。
 いくつものリズムが混ざり合ったり合わなかったりしながら巨大なグルーヴのカオスが生み出されていく。脳が徐々に破壊されては新しい脳として修復されていくような錯覚と快感が素晴らしい。繰り返し聴き込むうちにポリリズムの構造が紐解かれてゆく…。
 そう。『REPORT FROM IRON MOUNTAIN』の聴き所は「混沌と秩序の芸術」なのであろう。

REPORT FROM IRON MOUNTAIN-2 個人的に「DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(DCPRG)」のアルバムを全部集めてみた時期があったのだが,その幾らかは売り払ってしまったし,新作も長年買ってはいない。
 第一期「DCPRG」の良さは第二期「DCPRG」にではなく「DUB SEXTET」に引き継がれているように思う。

 振り返れば1stの『REPORT FROM IRON MOUNTAIN』が一番バランスが良かったように思う。正直,アルバムが出る度に「DCPRG」の美味しい音世界が崩れていった印象を抱いている。

 『REPORT FROM IRON MOUNTAIN』にはアドリブも含まれてはいるが,かっちり明瞭にコントロールされたアドリブであって危うい即興の破綻や暴走はない。
 と言うよりもJAZZYなポリリズムの上に乗ったメロディーは完全にポップスのあれである。【】の甘さと展開力には感動で涙がこぼれてくる!

  01. CATCH 22
  02. PLAY MATE AT HANOI
  03. S
  04. CIRCLE/LINE〜HARD CORE PEACE
  05. HEY JOE
  06. MIRROR BALLS

(Pヴァイン/P-VINE 2001年発売/PCD-18502)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ファッツ・ナバロ / ノスタルジア

NOSTALGIA-1 老練なジャズ・ファンから何度も教えられた。「史上最高のトランペッターとはマイルス・デイビスではない。クリフォード・ブラウンである」。しかし先輩方の教えはこれだけでは終わらない。
 続く言葉はこうである。「そのクリフォード・ブラウンに影響を与えたのがファッツ・ナバロである。つまりトランペッターについて語りたいのならファッツ・ナバロを聴け。ファッツ・ナバロは絶対に避けては通れない」。

 至言である。頑固なジャズ・ファンの教えは正しかった。管理人は『NOSTALGIA』(以下『ノスタルジア』)を聴いてそう思った。

 正直『ノスタルジア』の音造りは,聞いていて楽しいものではない。録音は古いし,フレージングの構成や組み立ても難しい。ビ・バップ特有のウネウネとした旋律が耳に残る。でもそれでも“歌っている”ように聞こえる。普通とは「モノが違う」ことぐらいは誰が聞いても分かることと思う。

 それくらいに『ノスタルジア』の主役はファッツ・ナバロトランペット一択。黄金のトランペットの音色が光り輝いている。一聴すると高音が飛び抜けた派手な演奏に思えるが,どうしてどうして…。

 ファッツ・ナバロが“天才”と称される最大の理由は摩天楼を見ているかのような総合芸術。一音一音にインスピレーションを感じさせるが,曲単位で描かれる広大な音世界の完成度は他の追随を許さない。
 ズバリ,ファッツ・ナバロトランペットはエンタメ系ではなくアート系なのだと思う。

NOSTALGIA-2 管理人の結論。『ノスタルジア批評

 『ノスタルジア』に記録されている,哀愁とブリリアントを同時に放つファッツ・ナバロトランペットは,無機質な演奏が多いビ・バップの可能性と幅を広げた名盤だといえよう。

 『ノスタルジア』でのファッツ・ナバロトランペットは,流麗で淀みなく美しい。こういう特質はクリフォード・ブラウンにも確実に受け継がれている。
 そう。ファッツ・ナバロこそがビ・バップからハード・バップへの架け橋を作ったトランペッター。確かにトランペッターファッツ・ナバロ抜きには語れない。

  01. NOSTALGIA
  02. BARRY'S BOP
  03. BE BOP ROMP
  04. FATS BLOWS
  05. DEXTIVITY
  06. DEXTRPSE
  07. DEXTERS MOOD
  08. INDEX
  09. STEALING TRASH
  10. HOLLERIN' & SCREAMIN'
  11. FRACTURE
  12. CALLING DR. JAZZ

(サヴォイ/SAVOY 1958年発売/COCY-9015)
(ライナーノーツ/アラン・ステイン,瀬川昌久)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.