アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

ANDY'S / ANDY'S4

ANDY'S-1 『ANDY’S』とは安藤まさひろTED NAMBA難波正司)と組んだロックギター・ユニットである。

 『ANDY’S』での活動が,後のT−スクェア名盤中の名盤」『GRAVITY』へと繋がることは事実であるが真実ではない。
 ズバリ『ANDY’S』の活動は難波正司が正式メンバーとして参加した『GRAVITY』ではなく,安藤まさひろの「ハードロック・プロジェクト」である「T−スクェア・プラス」名義の『TRUTH 21CENTURY』へと繋がったと思う。

 そう思う理由は発売順を前後して『ANDY’S』を『GRAVITY』の後に聴いてしまったから,というのがあるのかもしれない。
 『GRAVITY』が気に入ったので『GRAVITY』の原石を『ANDY’S』の中に見つけようとした天罰なのかもしれない。

 しかし『ANDY’S』を聴けば聴くほど『GRAVITY』との距離が広がっていったのも事実。自然と『ANDY’S』から手が遠のいていったのも事実。

 『ANDY’S』は駄盤である。ついでに言うと『TRUTH 21CENTURY』『BLOOD MUSIC』『HISTORY』などの「ハードロック・プロジェクト」は全てダメ。

 う〜む。管理人は本来,スクェアの中で安藤まさひろロックギターを弾きまくる曲は大好きなのだ。【PRIME】とか【ARCADIA】とかが流れると,エアギターしてしまう。これは自分でも不思議な現象なのである。

 『ANDY’S』にヴォーカルが入っていたので気付いたことがある。安藤まさひろの“歌もの”に合うのは,伊東たけしなり本田雅人なり宮崎隆睦なりの“歌う”サックスが合うのであって,シャウトするヴォーカルとは相性が悪い。

ANDY'S-2 これは『VOCAL2』の時にも感じたことだが,安藤まさひろの作るメロディー・ラインにはどんな歌詞がつこうとも曲として様になってしまう。
 ただし歌詞がついたからと言って名曲にはならない。

 例えばサックス奏者であれば,曲の世界観を考えてこの曲にはサックスなのか? フルートなのか? EWIなのか? サックスであればアルトなのか? ソプラノなのか? を選択している。
 『ANDY’S』や『VOCAL2』のような,本当の“歌もの”に臨んだ時の失敗は多分に,ヴォーカリストの「声」とか「歌い方」での選択ミスの要因が大きいと思う。

 ロックギターの【MOON OVER THE CASTLE】→EWIの【KNIGHT’S SONG】へと変わってスクェア・ナンバーに昇格した理由は,本田雅人EWIという「声」の選択が〇!

  01. MOON OVER THE CASTLE
  02. SECOND CHANCE
  03. GREEN MONSTER
  04. LIKE THE WIND
  05. A MAN OF THE WORLD
  06. NOBODY
  07. MORE THAN LOVING
  08. FREEDOM TO WIN

(ソニー/SONY 1996年発売/SRCL 3722)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ヒギンズ・トリオ / 魅せられし心5

HAUNTED HEART-1 ズバリ,エディ・ヒギンズの快進撃は全てこのアルバムから始まった。そしてエディ・ヒギンズ個人としての快進撃にとどまらず,VENUSというレーベル全体の快進撃は全てこの『HAUNTED HEART』(以下『魅せられし心』)から始まった。
 そう。『魅せられし心』は,言わばエディ・ヒギンズの“出世作”にしてVENUSの“象徴”なのである。
 
 具体的にはジャズスタンダード中心の選曲であり,ジャズの基本であるピアノ・トリオであり,適度にスイング,適度にメロディアスなミディアム〜スロー・テンポの演奏中心である。
 そしてジャケット良し。録音良し。初心者もとっつきやすい間口の広い演奏にしてマニアをも唸らせる「いぶし銀」な演奏と来れば,ジャズ・ファンの間で話題にならないはずがないし,売れないはずがない。

 エディ・ヒギンズを,そしてVENUSを悪く言うジャズ・ファンは本当のジャズ・ファンではない。
 そのような人たちは,ジャズとは4ビートである,ジャズとはアコースティックであるべき,と普段は声高に唱えているにも関わらず,口の根も乾かないうちに,ただオーソドックスすぎるという理由だけでエディ・ヒギンズをけなしている。やっかみである。

 本当のジャズ・ファンはオーソドックスな演奏スタイルの中に,その人の個性を聴き分けられる人たちである。
 『魅せられし心』の素晴らしさとは,全方向志向で派手さがないので上の下ぐらいに感じるから,リラックスして「オール5」に接することができる。『魅せられし心』を聴き込めば,必らずやジャズの何たるかが理解できる“叩き上げの”ファンへと成長できる点であろう。

HAUNTED HEART-2 リリカルで美しく知的でほんの少しセンチメンタル。悪態をつくことのない,いい感じのJAZZY。要するに優等生で万人向けのベタな1枚。崩さなくったって,いいものはいい。
 美メロの一番美しい部分が際立っている。老舗の名店的な“エディ・ヒギンズ特有の味”が沁み出ている。

 聴き馴染みのスタンダードのオンパレードなのに何回も繰り返し聴きたくなる。ベースドラムも自然に鳴らすエディ・ヒギンズの麗しい歌いっぷり! くぅ〜!

  01. My Funny Valentine
  02. Haunted Heart
  03. Stolen Moments/Israel
  04. Lush Life
  05. How My Heart Sings
  06. Someone To Watch Over Me
  07. I Should Care
  08. Lover Come Back To Me
  09. Isn't It Romantic?

(ヴィーナス/VENUS 1997年発売/VHCD-4051)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/寺島靖国)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MALTA / スパークリング5

SPARKLING-1 管理人の結論。『SPARKLING』(以下『スパークリング』)批評

 『スパークリング』は【SPARKLING FANTASY】【SEXY GALAXY】【SUMMER WAVE】の大ヒット神曲3曲を聴けば星5つ! これにて完結!

 以下はそれでは読み足りない読者のための管理人の雑感である。

 管理人は『スパークリング』をCDで購入したのだが『スパークリング』はLPでの購入を前提に制作されていた。
 『スパークリング』のLP盤はA面が「パワー・サイド」でB面が「クール・サイド」と名付けられている。パワフルで都会的な演奏とゆったりしたリゾート気分の演奏と盤面の個性別に編集されている。

 さて,何でこんなことを書いたかというと『スパークリング』のA面とB面=MALTA自身のA面とB面。すなわち“ジャズフュージョンの両睨み的”なMALTA自身の陽気な性格とつながっている。学生ながらそのように分析?(思い込み?)しながら聴いていたからだ。

 繰り返すが,管理人が聴いていた『スパークリング』はCDメディア。CDにはA面もB面もないし,LPには入っていないボーナス・トラック2曲(【FLASHING GIRL】【OVER THE RAINBOW】)収録。
 そういうわけで,管理人は『スパークリング』を聴いていても「パワー・サイド」と「クール・サイド」の違いを感じない。感じるのはラスト2曲でブチ込んできた【OVER THE RAINBOW】【ALL OF ME】での“JAZZYなMALTA”の存在である。

 MALTAのファンの間では,MALTAフュージョンサックスへの転向時期として『スパークリング』を挙げる人が多数である。

SPARKLING-2 しかし『スパークリング』のMALTAジャズ・サックスを吹いている。
 【OVER THE RAINBOW】【ALL OF ME】の熟成された名演は,フュージョンサックスでは表現できないビブラート・ヴィンテージ・サックス

 ただし,もうMALTAは決心していたのだろう。【OVER THE RAINBOW】【ALL OF ME】の2曲は“ジャズ・サックス・プレイヤー”MALTAとしての最後の青春セッション

 『スパークリング』こそが“ジャズ・サックス・プレイヤー”MALTAとしての最終作。最高の置き土産を残して“フュージョン・サックス・プレイヤー”の王者へ向かって邁進していく…。

  01. SPARKLING FANTASY
  02. SCRAMBLE AVENUE
  03. BAD BOOGIE
  04. SEXY GALAXY
  05. FLASHING GIRL
  06. SUMMER WAVE
  07. COOL SHADOW
  08. FREE BREEZE
  09. MOON FLOWER
  10. OVER THE RAINBOW
  11. ALL OF ME

(ビクター/JVC 1986年発売/VDJ-1030)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ダスコ・ゴイコヴィッチ / ハンドフル・オブ・ソウル4

A HANDFUL O' SOUL-1 「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」名義による『A HANDFUL O’ SOUL』(以下『ハンドフル・オブ・ソウル』)を聴いてみて,管理人がダスコ・ゴイコヴィッチになぜにそこまで惹かれてしまうのか,その隠された理由が分かったように思う。

 管理人はダスコ・ゴイコヴィッチの「哀愁漂う美しいトランペット」が大好きだ。しかし,それはダスコ・ゴイコヴィッチの魅力のほんの一面に過ぎない。
 ズバリ,管理人がダスコ・ゴイコヴィッチを愛する理由は,ダスコ・ゴイコヴィッチの“徹底的なセクション・プレイヤー気質”にある。

 「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」とは,世界10カ国からダスコ・ゴイコヴィッチ自らが人選した18名のジャズメンが結集したビッグ・バンド
 元々,ダスコ・ゴイコヴィッチメイナード・ファーガソンウディ・ハーマンケニー・クラークフランシー・ボラーン等のビッグ・バンドを渡り歩いた経歴を持つ。その後も自身のビッグ・バンドを率いて『バルカン・コネクション』を録音してもいる。

 ビッグ・バンドへの愛着を有し,セルビア大統領の前面バックアップを受け,自ら望むメンバーを選出した“夢のビッグ・バンド”「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」こそが,ダスコ・ゴイコヴィッチの真骨頂のはずである。

 ゆえに管理人は『ハンドフル・オブ・ソウル』には「哀愁漂う美しいトランペット」とか「バルカン気質」とか,ダスコ・ゴイコヴィッチの代名詞的な演奏が繰り広げられていることを予想していた。が,しかし…。

 『ハンドフル・オブ・ソウル』とは,ストレートなアンサンブル・アルバムであった。「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」が目指したのは,ジャズ・ファン向けのマニアックなビッグ・バンドではなく,もっと間口の広いPOPなビッグ・バンドである。
 これはいい。ビッグ・バンドを聴く楽しみがいっぱい詰まっている。ソロイストが無理をしていない。素敵なメロディーを奏でることだけ考えている節がある。

 逆に言えば,ダスコ・ゴイコヴィッチの代名詞的な演奏は登場して来ない。最初はそのことに管理人もガッカリした。ダスコ・ゴイコヴィッチがリーダーシップを発揮して,これぞバルカン的でエキゾチックな香りのビッグ・バンドを期待していたからだ。

 でも,それでも『ハンドフル・オブ・ソウル』は「お蔵入り」しなかったんだよなぁ。これがっ! 聴けば聴くほど味が沁み出て来るんだよなぁ。これがっ!
 主役であるダスコ・ゴイコヴィッチソロイストではなく1stトランペッターとして大活躍する。これが「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」の聴き所なんだよなぁ。これがっ!

A HANDFUL O' SOUL-2 ビッグ・バンドにおける1stトランペッターの役割は2つある。その1つはトランペット・セクションのリード役であり,もう1つはビッグ・バンド全体のリード役である。

 そう。1stトランペッターに求められる資質とは高い音楽性である。1stトランペッターの歌い方ひとつでビッグ・バンド・サウンドががらりと変わってしまう。
 その点でダスコ・ゴイコヴィッチこそが最適任者である。あの哀愁の音色一発でバンド・メンバーの心と唇を鷲掴みできているのだから…。

 「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」の17名のメンバーがダスコ・ゴイコヴィッチの演奏を聴いている。
 これってダスコ・ゴイコヴィッチが“セクション・プレイヤー”に徹すればこそできること。実に17名がダスコ・ゴイコヴィッチ“っぽい”演奏でまとまっている。

 ズバリ,ダスコ・ゴイコヴィッチジャズメン・シップの響きこそが『ハンドフル・オブ・ソウル』のハイライト。
 正しくダスコ・ゴイコヴィッチの音楽を愛するジャズメンが結集した「心と心の触れ合い」の音が聴こえてくる。

 うん。ここまで書いてきたことは全て真実なのだけど,正直,本音を書くと【I FALL IN LOVE TOO EASILY】におけるダスコ・ゴイコヴィッチミュートトランペットを聴いてしまったが最後,やっぱりダスコ・ゴイコヴィッチは氏のルーツであるビッグ・バンドの“セクション・プレイヤー”としてではなく,ソロイストとして「哀愁漂う美しいトランペット」を吹き鳴らす方が最高だと再認識してしまったのも事実なのです。

  01. A HANDFUL O' SOUL
  02. I FALL IN LOVE TOO EASILY
  03. YUGO BLUES
  04. DON'T GET AROUND MUCH ANYMORE
  05. REMEMBER DIZZY
  06. JEEP'S BLUES
  07. BALKAN BLUE
  08. SUMMERTIME

(エンヤ/ENJA 2005年発売/MZCE-1065)
(ライナーノーツ/都並清史)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1994年度(第28回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1994年度(第28回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

星影のステラ〜チック・コリア・ソロ・ピアノ★【金賞】.星影のステラ
チック・コリア


----------------------------------------------------------------------------

ビレッジ・バンガードの大西順子★【銀賞】.ビレッジ・バンガードの大西順子
大西順子


----------------------------------------------------------------------------

ブラウニー〜クリフォード・ブラウンに捧げる★【ボーカル賞】.ブラウニー〜クリフォード・ブラウンに捧げるヘレン・メリル


----------------------------------------------------------------------------

DUO★【日本ジャズ賞】.DUO
峰厚介〜菊地雅章


----------------------------------------------------------------------------

ラバー・マン★【制作企画賞】.ラバー・マン
ジャッキー・テラソン


----------------------------------------------------------------------------

MOODSWING★【最優秀新人賞】.ムード・スウィング
ジョシュア・レッドマン


----------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス (紙ジャケット仕様)★【編集企画賞】.マスターズ・オブ・ジャズ〜20ビットK2ハイ・クオリティーCDシリーズ [全90作]


----------------------------------------------------------------------------

ザット・シークレット・プレイス★【録音賞(海外)】.ザット・シークレット・プレイス
 パティ・オースティン


----------------------------------------------------------------------------

プレイ・バッハ・トゥデイ★【録音賞(国内)】.プレイ・バッハ・トゥデイ
ジャック・ルーシェ


----------------------------------------------------------------------------

JAZZ625ジャズ黄金時代の巨人たち★【最優秀ビデオ賞】.JAZZ625ジャズ黄金時代の巨人たち / ウェス・モンゴメリー


----------------------------------------------------------------------------

ジャズ・マスターズに捧ぐ〜VERVE50周年記念カーネギー・ホール・コンサート・ライブ★【最優秀ビデオ賞】.ジャズ・マスターズに捧ぐ〜VERVE50周年記念カーネギー・ホール・コンサート・ライブ


----------------------------------------------------------------------------

 大西順子の『ビレッジ・バンガードの大西順子』が【銀賞】受賞。

 “ジャズの殿堂”ビレッジ・バンガードに,日本人として初めてステージに立った大西順子の6日間連続公演のライブ盤である。

 これはジャズ・ファンにとっては「国民的なビッグ・ニュース?」に違いないのだが,いかんせん,新聞のスミで小さく取り上げられたにすぎなかった。
 「大西順子のにとっては小さな一歩だが,日本人ジャズメンにとっては大きな一歩」(by アームストロング風)…と,紹介したいが『ビレッジ・バンガードの大西順子』は単なる歴史のドキュメンタリーなどではない。これぞジャズのドキュメンタリーである。

ビレッジ・バンガードの大西順子』は,ジャズ・ピアニスト大西順子のドキュメンタリーであって,ジャズライブそのものである。

 そう。実力で“ジャズの殿堂入り”を勝ち取った大西順子は「J−ジャズ界の野茂英雄」である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第60回(2017年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2017年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ Can't Remember WhySara Caswell, soloist / Track from: Whispers On The Wind (Chuck Owen And The Jazz Surge)
☆ Dance Of ShivaBilly Childs, soloist / Track from: Track from: Rebirth
☆ Whisper NotFred Hersch, soloist / Track from: Open Book
☆ Miles BeyondJohn McLaughlin, soloist / Track from: Live @ Ronnie Scott's (John McLaughlin & The 4th Dimension)
☆ IlimbaChris Potter, soloist / Track from: The Dreamer Is The Dream

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ The Journey / The Baylor Project
☆ A Social CallJazzmeia Horn
☆ Bad Ass And BlindRaul Midon
☆ Porter Plays Porter / Randy Porter Trio With Nancy King
☆ Dreams And DaggersCecile McLorin Salvant

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ Uptown, DowntownBill Charlap Trio
☆ RebirthBilly Childs
☆ Project FreedomJoey DeFrancesco & The People
☆ Open BookFred Hersch
☆ The Dreamer Is The DreamChris Potter

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ MONK'estra Vol. 2John Beasley
☆ JigsawAlan Ferber Big Band
☆ Bringin' ItChristian McBride Big Band
☆ HomecomingVince Mendoza & WDR Big Band Cologne
☆ Whispers On The WindChuck Owen And The Jazz Surge

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ Hybrido - From Rio To Wayne ShorterAntonio Adolfo
☆ OddaraJane Bunnett & Maqueque
☆ Outra Coisa - The Music Of Moacir SantosAnat Cohen & Marcello Goncalves
☆ TipicoMiguel Zenon
☆ Jazz TangoPablo Ziegler Trio

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.