アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

JAFROSAX / JAFROSAX4

JAFROSAX-1 勝田一樹ソロ・プロジェクト「JAFROSAX」とは「JAZZTRONIK」方面の「クラブ・ジャズのポップス化」である。

 しかし「JAFROSAX」の『JAFROSAX』を「野崎良太サックスヴァージョン」と片付けるのは本意ではない。CDジャケットジャミロクワイの風貌だし?
 いやいや,そうではなくて『JAFROSAX』には小野塚晃の陰が大きいと思うからだ。

 ズバリ『JAFROSAX』を語る際,忘れてならないのはDIMENSIONの『15TH DIMENSION “INTO A NEW WORLD”』の存在である。

 『15TH DIMENSION “INTO A NEW WORLD”』とはDIMENSION最大の問題作。要はDIMENSIONの手による“リスニング系”のクラブ・ジャズ・アルバムであった。
 無機質なループに生楽器がアクセントをつけている。乾いている。COOLである。耳につくのは一定したグルーヴであってメロディーではなかった。

 だから「JAFROSAX」=「JAZZTRONIK」方面の「クラブ・ジャズのポップス化」に至ったのだろう。基本クラブ・ジャズにしてグルーヴよりもメロディー重視なのだろう。
 勝田一樹野崎良太=「JAFROSAX」とはならない。勝田一樹野崎良太小野塚晃が揃っての「JAFROSAX」なのである。

 それくらいに小野塚晃の熱量を感じる。管理人の『15TH DIMENSION “INTO A NEW WORLD”』への不満は(初めてハッキリと書くが)小野塚晃への不満であった。
 『15TH DIMENSION “INTO A NEW WORLD”』に,小野塚晃得意のJAZZYなアプローチがあれば。オルガン・ジャズなアプローチがあれば。DIMENSIONのその後も変わっていた?

JAFROSAX-2 小野塚晃の『JAFROSAX』でのリベンジとは「機械音と生音のバランス」にある。
 打ち込みの上に勝田一樹が吹き上げるテナーサックスと7人のゲスト・ヴォーカリストが,とことんPOPなのにJAZZYなアプローチで攻める小野塚晃のリズム・トラックと無邪気に戯れている。おお,これだこれっ!

 きっと野崎良太は『15TH DIMENSION “INTO A NEW WORLD”』が大好きなことことだろう。勝田一樹小野塚晃も『15TH DIMENSION “INTO A NEW WORLD”』を客観視できるまで聴き込んだことだろう。

 そう。「クラブ・ジャズのポップス化」=『JAFROSAX』で勝田一樹が掲げた「裏テーマ」とは『15TH DIMENSION “INTO A NEW WORLD”』のUPDATEアルバムなのである。

  01. Drawn 2 U
  02. In The Morning
  03. Going to the sky
  04. New Standard Of The Future
  05. Rollin'
  06. 真・空・感
  07. Wait & See
  08. Hi-Tech Jazz
  09. Just Like A Tiger's Eye
  10. Free
  11. Room In Your Heart

(コナミ/KMEWAVE 2004年発売/POCE-7318)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー・カルテット / チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン4

CHIM CHIM CHEREE〜TRIBUTE TO JOHN COLTRANE-1 『CHIM CHIM CHEREE〜TRIBUTE TO JOHN COLTRANE』(以下『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』)とは,エリック・アレキサンダーによる「ジョン・コルトレーントリビュート」。

 エリック・アレキサンダーにとってジョン・コルトレーンとは,目標でありアイドルである。そんなエリック・アレキサンダーがアルバムの中に数曲ではなく,アルバム1枚まるまるジョン・コルトレーンと対峙すると知った時,管理人はエリック・アレキサンダーの「得も言われぬ覚悟」に期待してしまった。

 だから過去の「ジョン・コルトレーントリビュート」の系譜に流れている,例えばブランフォード・マルサリスの『至上の愛 ライヴ』とか,ケニー・ギャレットの『追求〜PURSUANCE〜コルトレーンに捧ぐ』のような,全身全霊を尽くした,超硬派で「命を削るような演奏」を勝手にイメージしてしまった。

 それがどうだろう。『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』は,ゴキゲンに楽しい「ジョン・コルトレーントリビュート」であった。
 いや〜,またしてもエリック・アレキサンダーにヤラレテしまった。『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』の印象はジョン・コルトレーンの手から離れて,完全に「アレキサンダー大王」の世界観に染め上げられてしまったのだ。

 そう。『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』におけるエリック・アレキサンダーは,ジョン・コルトレーンの模倣者ではない。
 ジョン・コルトレーン名演で知られる愛想曲をエリック・アレキサンダーが自分流に料理している。それでいてエリック・アレキサンダーの朗々とした表現力は,確かにジョン・コルトレーンに通じるものがある。

 ブランフォード・マルサリスケニー・ギャレットエリック・アレキサンダーのアプローチの色合いを聴き比べる限り,80年代を代表するブランフォード・マルサリス,90年代を代表するケニー・ギャレットではなく,2000年代を代表するエリック・アレキサンダーそれぞれの「ジョン・コルトレーンへの思い」に時代の違いを感じ取る。

 ジョン・コルトレーンの音楽像をキャッチする感覚は時代と共に変化している。「コルトレーン派・第三グループ」のエリック・アレキサンダーに『至上の愛』のコピーを期待するには無理があるし,シリアスな「ジョン・コルトレーントリビュート」では意味がない。

 でもでもちょっぴり,他の誰にでもなくエリック・アレキサンダーご指名で,超硬派な「ジョン・コルトレーントリビュート」を演奏してほしかったなぁ。
 ぶっちゃけ『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』は,これじゃあ,ただの演奏集じゃん。

CHIM CHIM CHEREE〜TRIBUTE TO JOHN COLTRANE-2 管理人の結論。『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン批評

 『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』のエリック・アレキサンダーカルテットに,現代に甦るジョン・コルトレーンカルテットを思い重ねてはいけない。

 ジョン・コルトレーンカルテットに色濃い「精神性」などエリック・アレキサンダーカルテットには感じない。
 エリック・アレキサンダーカルテットに感じるのは,ウキウキ・ノリノリ・ワクワクな現代のハード・バップだけである。

 『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』は全曲名演であるが,個人的には【ON THE MISTY NIGHT】である。
 【ON THE MISTY NIGHT】を選曲するとは,エリック・アレキサンダーさん,ジョン・コルトレーンの大ファンだと認めます!? 「アレキサンダー大王」は分かっている!

  01. You Don't Know What Love Is
  02. Dear Lord
  03. On The Misty Night
  04. Chim Chim Cheree
  05. Pursuance
  06. Afro Blue
  07. The Night Has A Thousand Eyes
  08. Wise One

(ヴィーナス/VENUS 2010年発売/VHCD-1038)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

山本 剛 トリオ / スピーク・ロウ5

SPEAK LOW-1 “山ちゃん山本剛は根っからの“ジャズ・ピアニスト”だとつくづく思う。
 何が書きたいのかと言うと音楽家とか作曲家ではなく“完全無欠のプレイヤー”だと言うことである。

 山本剛と来れば,代名詞は【MISTY】である。VENUSからリリースした『SPEAK LOW』(以下『スピーク・ロウ』)でも,やっぱり【MISTY】を演奏している。
 もしや“山ちゃん”こそが世界一【MISTY】の演奏回数の多いピアニストなのかも?

 いいや,回数の多さでは語らない。“山ちゃん”こそが【MISTY】を世界一輝かすことのできるピアニストである。
 もはや“本家”エロール・ガーナーを超えている。エロール・ガーナーの内奥の感情をエロール・ガーナー以上に感じているのだ。

 いいや,もっと言えば【MISTY】に限らず,有名ジャズスタンダードを最も輝かせることのできるピアニストの1人だと思う。
 そう。山本剛ピアノを弾けば,美メロが浮かび上がる。歌詞さえ聞こえてくる。歌そのものが実体となって鍵盤から飛び出してくる。

 このような御託を並べても伝わらない。まずは『スピーク・ロウ』に耳を傾けてみることだ。そこには“山ちゃん”のブルージィーでスインギーな音世界が待ち構えている。
 恐らくはジャズ・ピアノの何たるかを一発で教えてくれることだろう。とにかく分かりやすい。とにかく楽しい。

 その意味で山本剛が有名ジャズスタンダードを主戦場としてくれているのは実に有り難いことである。聞き馴染みのあるメロディーが「山ちゃん節」で奏でられた瞬間,身体が思わず横ノリしてしまう。

 『スピーク・ロウ』は山本剛の史上最高のブルース・アルバムだと思っている。スケールの大きなブルース・フィーリングを堪能できる。
 ズバリ『スピーク・ロウ』の成功の秘訣は岡田勉の大プッシュにある。  

 山本剛と来れば,代名詞2は「TBM」であろう。山本剛名演の宝庫が「TBM」にあることは間違いない。そんな「黄金期」の山本剛トリオの“ウォーキング・ベーシスト”こそが岡田勉なのである。

 VENUSの代表である原哲夫はそこのところをよ〜く分かっている。岡田勉のウォーキングに「TBM」以上の自由を与えている。
 20年以上の付き合いになるであろう山本剛岡田勉の関係が,生涯初となるであろう「ベース上位」で演奏されているのだ。

SPEAK LOW-2 『スピーク・ロウ』における岡田勉ベースは,もはや山本剛のサポート役ではない。そうではなくてピアノの先導役としてベースピアノにスペースを与えているような印象を受ける。

 そんな岡田勉ベースが心憎い。世界の誰よりも一番長い時間,一番近くで山本剛ピアノを聴いてきた岡田勉だから大プッシュすることの出来た「山本剛フィーチャリング山本剛」なアルバムなのである。

 “完全無欠のプレイヤー”山本剛ここに有り。ジャズスタンダードを最も歌わせることのできるピアニスト山本剛ここに有り。
 VENUSの考える山本剛の全てが『スピーク・ロウ』の名演にある。

  01. Cool Struttin'
  02. Black Is The Color
  03. Speak Low
  04. Misty
  05. Doxy
  06. Jealous Guy
  07. Yesterdays
  08. I've Never Been In Love Before
  09. Come In From The Rain
  10. Girl Blues
  11. Close To You

(ヴィーナス/VENUS 1999年発売/TKCV-35083)
(ライナーノーツ/藤本史昭)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー・カルテット / ジェントル・バラッズ III4

GENTLE BALLADS III-1 管理人の選ぶジョン・コルトレーンの愛聴盤は『バラード』である。「シーツ・オブ・サウンド」よろしく,アグレッシヴな演奏こそがジョン・コルトレーンの真骨頂だと認めたうえでの『バラード』である。
 『バラード』には,他のアルバム10枚分の魅力がある。代えのきかない魅力があるのだ。

 さて「コルトレーン派・第三グループ」の筆頭格であるエリック・アレキサンダーが,ついにバラード・アルバムを演る。このビッグ・ニュースに管理人が飛びつかないわけがないのだが…。

 エリック・アレキサンダーバラード・アルバム『GENTLE BALLDS』(以下『ジェントル・バラッズ』)を買った。ジョン・コルトレーンの『バラード』を期待して買った。
 だが違っていた。一番ガッカリしたのは『ジェントル・バラッズ』は企画先行だったのだろう。エリック・アレキサンダーが乗っていない。

 バラード集だし,それも名曲のオンパレードのスタンダード集なのだが,これってエリック・アレキサンダーが吹かなくてもよいのではなかったか?
 管理人お目当ての“エリック・アレキサンダー印”が消えている。乗れないエリック・アレキサンダーなんて「ただの人」なのだ。

 だから『ジェントル・バラッズ』はすぐに処分した。続編の『ジェントル・バラッズ 』もパスである。当然『ジェントル・バラッズ 』もパスである。

 今こうして『ジェントル・バラッズ 』を手にしているのは,エリック・アレキサンダーバラードが聴きたくなったからではない。
 偶然,ラジオで流れているのを耳にした【サマータイム】にある。ノリノリの【サマータイム】&ノリノリのエリック・アレキサンダーがいい演奏だと思った。

 バラード・アルバムにビート・ナンバーが入っていてもいいではないか! 【サマータイム】で感じる「抜群のテクニックと歌心」! これぞ管理人の大好きなエリックアレキサンダー大王」降臨である!
 【ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル】はラテンである。【やさしく歌って】はミディアム・リズミックである。エリック・アレキサンダーにとっては原曲がバラードであればノリノリであってもそれでいいのだ。
 ラストの【煙が目にしみる】のスロー・バラードが光る光る!

 一旦『ジェントル・バラッズ 』が気に入ると,企画ものだと分かっていても音がグイグイ入ってくる。テナーサックスの説得力ある響きに,ジョン・コルトレーンの面影が宿っている。

GENTLE BALLADS III-2 おおっと危ない。絶賛するにはまだ早い。VENUSのドル箱=『ジェントル・バラッズ』シリーズは第5集まで出ている。過去作も買い直してみようかなぁ。続編も聴いてみようかなぁ。

 『ジェントル・バラッズ 』は普通にいい演奏だと思う。しかしその一方で『ジェントル・バラッズ』シリーズの真価は今ではなく,50年後に定められるのがふさわしいのでは?とも思ってしまう。
 エリック・アレキサンダーバラード批評するのが特に難しい。

  01. Little Girl Blue
  02. Don't Explain
  03. All The Way
  04. Summertime
  05. You'll Be Mine Tonight
  06. They Say It's Wonderful
  07. Killing Me Softly With His Song
  08. Smoke Gets In Your Eyes

(ヴィーナス/VENUS 2005年発売/VHCD-1011)
(ライナーノーツ/岩浪洋三)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

KEEP / KEEP ALIVE4

KEEP ALIVE-1 『DG−581』と『ROCK’N ROCKED ROCK』の超名盤2枚を有する「KEEP」の,J−フュージョンのスーパー・バンドとしての認知度が低いのは『KEEP ALIVE』の存在にあると思っている。

 「KEEP」とは,バンドではなくセッション集団であると『DG−581批評の中ですでに書いたが『KEEP ALIVE』を聴くと,もう少し的が絞れてくる。
 ズバリ「KEEP」とは,ライブ・バンドではなくスタジオ・セッション集団というのが真実であろう。

 『KEEP ALIVE』の演奏は凄い。凄いんだが,残念なことに,それが目の前の観客には訴求していない。何となく内向きな演奏であって,何度聴いても共感を覚える一歩手前で白けてしまう。
 完全にマニアックで玄人志向のライブ演奏は,ヒリヒリするくらいの濃密なインタープレイの応酬であって,聴衆は置いてけぼりを喰わされている…。

 そんな「気合いの空回り」は『KEEP ALIVE』のために準備された「KEEP」10年振りの再結成が理由にある。
 『KEEP ALIVE』の名曲リスト。これは実に「KEEP」として10年振りの演奏なのである。そして全てが新曲のような響きをもっている。

 そう。「空白の10年」が「昔のようには演奏しない」という,深町純和田アキラ富倉安生山木秀夫の“ジャズメン魂”に火をつけた理由であり,それが『KEEP ALIVE』を(ライブ会場を舞台とした)スタジオ・セッションへと向かわせた最大の理由であろう。

KEEP ALIVE-2  管理人は思う。もしも『KEEP ALIVE』が“熱狂のライブ盤”であったなら「KEEP」は“伝説のフュージョン・バンド”として永遠に語られるユニットになったであろう。

 しかし,この全てが「完璧主義者」深町純の性分なのだから仕方がない。個人的には和田アキラギターにシビレ上がります。

 ですが,管理人は『KEEP ALIVE』での新アレンジよりも『DG−581』と『ROCK’N ROCKED ROCK』のオリジナルのスタジオ録音の方に愛着を覚えます。

  01. DEPARTURE IN THE DARK
  02. MODJA
  03. BATTERIA SOLO
  04. DANCE OF PARANOIA OPUS 3
  05. OWL FLIGHT
  06. MOON BEAM
  07. DANCE OF PARANOIA OPUS 2
  08. ROCK'N ROCKED ROCK

(イースタンゲイル/EASTERNGALE 1995年発売/EGCJ-8002)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

20180603 T-SQUARE LIVE NO.2

 「T−SQUARE コンサートツアー2018 『CITY COASTER』」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。

 電気ホールだけに“ビリビリに”盛り上がった「T−SQUARE コンサートツアー2018 『CITY COASTER』」のサブ・タイトルは「湯浅佳代子祭り」であった。コンサートの主役は“ボントロの歌姫”であった。間違いない。

 ライブ前は湯浅佳代子トロンボーン入りは『CITY COASTER』の楽曲だけだと思っていた。
 そこへelf51さんからのコメントが飛び込んできて,どうやら旧曲もやるらしいということが分かったが,過去にブラスが入っていた,例えば【DANS SA CHAMBRE】や【OMENS OF LOVE】は容易に予想できたが,今回の【SABANA HOTEL】での安藤正容伊東たけし湯浅佳代子ソロ廻しや【TWILIGHT IN UPPER WEST】での「かよボンです。たけサクです。(おぎやはぎですけど何か?風)」な伊東たけしとのデュオや【TRUTH】で見せたトロンボーンをコブシ代わりに振りかざした「ロック魂」など,大方のゲスト参加の枠を飛び越えて「スクェア6人目のメンバー=湯浅佳代子」参上であった。

 音楽的にもトロンボーンのまろやかで野太い音の厚みがアクセント・アンサンブルしている。途中で“かよボン”のトロンボーンからPA用のマイクが外れるアクシデントがあったのだが,動じることなく自分のパートが来たらそのまま吹き切ってしまった。2列目にいたのでマイクなしと変わりなしの大音量の生音が聴けたのだが,アサガオがこちらに向いた瞬間の音圧がハートに突き刺さってしまった!

 ズバリ“かよボン”の名演とは(名演奏+名演技)! キツネ目の湯浅佳代子の立ち振る舞いがクール・ビューティー!(お顔も美人な湯浅佳代子さんには土屋太鳳とか柴咲コウに似ている説有り)!
 私たちからしたら“舞い上がってしまう”であろう,両隣りに安藤正容伊東たけしですよ。肝が座っているというか度胸があるというか,変にサポート慣れしているのとは違う。こじんまりするのではなく「スクェア6人目のメンバー=湯浅佳代子」として威風堂々とステージに立っている。そんな感じがした。

 湯浅佳代子トロンボーンのスライドを振り下ろす度に「斬られた〜!」な電気ショックが走る。電気“ビリビリ”みらいホールで客席中が(特に私たちオッサン連中が)感電したような気分になる。湯浅佳代子の「殺陣」ショー・タイム。特に安藤さんがヤラレテいた!?

 終演後に青●社長にご挨拶できたのだが,その時の話から(オフレコです)残念ながら「6人組のスクェア」が見られるのはこのツアー限りとのこと。
 これだけの逸材。スクェアとの共演でソロとしてもますます人気でるわなぁ。可能なら田中普吾のように「スクェアの準メンバー」というさやにこのまま納まってくれたらいいのにぃ。来年訪れるであろう「かよボンロス」が早くも恐い?

 “湯浅佳代子入りスクェア”を見れるのもラスト2。東京近郊のスクェア・ファンなら絶対に見といた方がいいです。
 個人的には東京までは行けないからシューティング・ライブのビデオ撮影でもしてもらってDVDで発売してくれないかなぁ。伊東さんをあんまり見つめなかったことだし?

 真面目に書くと「T−SQUARE コンサートツアー2018 『CITY COASTER』」は“ブラス・ロック風のスクェア”がバンバンで音楽的にも貴重で面白い記録になったと思っております。
 そして,安藤正容が『CITY COASTER』で狙っていた「クルセイダーズっぽい」の意味がライブを見て少しは理解できたようにも思っております。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ後半のセットリストを報告しておきます。

続きを読む
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.