アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

高中 正義 / TRAUMATIC 極東探偵団5

TRAUMATIC 極東探偵団-1 レコード会社移籍が先なのか? 音楽性の変化が先なのか? 『TRAUMATIC 極東探偵団』で「タカナカ・サウンド」の“夏サウンド”が変化した。

 『TRAUMATIC 極東探偵団』も高中正義の基本である,夏は夏なのだが「灼熱」でも「トロピカル」でもなく「哀愁の夏」へと変化した。
 『TRAUMATIC 極東探偵団』が「寂しい夏の終わり」のBGMの一番手である。

 管理人の抱いた「時期遅れの夏」のイメージ。9月と10月の「誰も遊んでいない海」。これって【渚・モデラート】1曲の印象なのだろう。
 『TRAUMATIC 極東探偵団』は1曲1曲の個性が強い。しかし他のトラック全部をブッチギッて【渚・モデラート】1曲のインパクトがアルバム全体のイメージを支配している。

 『TRAUMATIC 極東探偵団』のテーマは「東南アジアの夏サウンド」。だから9月や10月でもまだまだ熱い「時期遅れの夏」のイメージがするのだろう。
 『TRAUMATIC 極東探偵団』で高中正義が目を付けたのは「極東とは危険な場所」→「波止場・埠頭」。その香港マフィア?系の危うさのエッセンスが見事に“デジタル・ファンク”の大仕事で散りばめられている。

 ズバリ,高中正義が『CAN I SING?』『夏・全・開』で打ち込みを採用してきたのは,来るべき『TRAUMATIC 極東探偵団』のようなブラコンとかダンス・ミュージックへとシフトするための布石であったと思う。

 『TRAUMATIC 極東探偵団』のキーワードはデジタル・チックとヴォーカルヴォイス)である。
 ザックリと分かりやすくイメージだけを書き記すと,過去に共演したオルケスタ・デ・ラ・ルスのようなサウンドであり,この後共演することになるマイアミ・サウンド・マシーンのようなサウンド,その中での「ギター1強」なのである。
 「ギター1強」と,ギターを補完する打ち込みとヴォーカルの「黄金のバランス比」が完成している。素晴らしい。

 高中正義と来れば,今となってはキティ時代の「初夏〜盛夏」の夏サウンドが大好きなのだが,学生時代には東芝EMI時代の「残暑〜晩夏」の夏サウンドがたまらなく好きだった。
 (ビジュアル的には)ダサイ系の高中正義が,見事に垢抜けて,都会的で,何となくオシャレになって,やんちゃな大人に背伸びしたイメージに共感していたのだろう。

 【渚・モデラート】に日本版シャカタクの【NIGHT BIRDS】や【INVITATIONS】を思い重ねていたりして…。
 あっ,シャカタクもこの時期『DOWN ON THE STREET』『CITY RHYTHM』でデジタル・ファンク路線を進んでいたんだっけ?

 『TRAUMATIC 極東探偵団』のレヴューを書いていて,初めて気付いてしまった?
 もしかして・タ・カ・ナ・カ〜。確信犯だったのか〜。

※ 『TRAUMATIC 極東探偵団批評ジャケット写真はミュージック・カセット・テープ版です。

  01. Teaser
  02. China
  03. The Line Is Busy
  04. 渚・モデラート
  05. Traumatic
  06. Jackie's Trail
  07. Chase
  08. Struttin' on Broadway
  09. Lagoon Music

(東芝EMI/EASTWORLD 1985年発売/ZH28-1545)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エバーハルト・ウェーバー/ヤン・ガルバレク/パット・メセニー/ゲイリー・バートン / オマージュ5

HOMMAGE A EBERHARD WEBER-1 エフェクターで加工したアコースティックベースの独特な響きがトレードマークのエバーハルト・ウェーバー

 エバーハルト・ウェーバーECMベーシストとして重要な位置付けにあるのは事実だと思うが,個人的にエバーハルト・ウェーバーの演奏目当てでCDを買った経験がない者としては,生誕75周年記念のトリビュートライブが豪勢に執り行なわれ,尚且つ,その場に“ギターの巨匠”のパット・メセニーサックスの巨匠”のヤン・ガルバレクヴァイヴの巨匠”のゲイリー・バートンが“揃い踏み”してしまったとは…。

 その上で『HOMMAGE A EBERHARD WEBER』(以下『オマージュ』)と題されたライブ盤としてリリースされてしまうとは…。

 実は『オマージュ』をパット・メセニー目当てで購入した管理人としては,エバーハルト・ウェーバーの偉大さ,人徳と言うものをこのアルバムで初めて認識した次第なのです。
 『オマージュ』にサブタイトルを付けるなら「ついに明らかにされたエバーハルト・ウェーバーの偉人ぶり」ってのはどうですか?

 『オマージュ』の主役であるエバーハルト・ウェーバー。実は2007年に脳梗塞で倒れ,せっかくの晴れ舞台でベースを演奏することはできなかった。
 ゆえに『オマージュ』のトリビュートライブは,過去のエバーハルト・ウェーバーの「テープ音源」を流し,その上に生演奏を被せるという変則のステージ進行。

 そんな「キワモノ」な企画だったのに『オマージュ』のステージに上がったジャズメン全員が,非常に真摯でクリエイトしているのが素晴らしい。エバーハルト・ウェーバーへの“リスペクト”がそこはかとなく感じられる。ECMらしくない?温かい音がする。

 そうは言っても『オマージュ』のトリビュートライブの主役を張ったのは,ECMに久しぶりに帰ってきたパット・メセニーであった。
 『オマージュ』でのパット・メセニーの出演は【HOMMAGE】1曲のみ。でもこの1曲が完璧であって,見事にエバーハルト・ウェーバーの過去の演奏テープとシンクロしてみせている。
 エバーハルト・ウェーバーのテクスチャーを彷彿とさせる響きが,31分を超えるメセニー・サウンドの文脈の中で結実している。素晴らしい「長編小説」としてのオマージュなのだと思う。

HOMMAGE A EBERHARD WEBER-2 いいや,パット・メセニーの演奏がここまで光っているのはパット・メセニー1人の力量ではない。
 『オマージュ』のトリビュートライブのステージに上がったヤン・ガルバレクソプラノサックスゲイリー・バートンヴィブラフォンの演奏が相当にいい。

 そんな全ての“お膳立て”の上に乗ったパット・メセニーギター! そしてその頂点に祭り上げられているのがエバーハルト・ウェーバーベース・ヴァーチャル〜!

 ECMのかつてのスター・プレイヤーが再集結してエバーハルト・ウェーバーへのオマージュを奏でる。ビッグ・バンドの雄大なアンサンブルがシンフォニーしている。

 全編統一感のある『オマージュ』の「音の香り」の好感度が非常に高い。新旧ECMの空気感を堪能できる『オマージュ』の至福に聴き入っていると「夢の中を彷徨っている」ような豊かな気分に満たされる。

 『オマージュ』はECMレーベルの長い歴史が産み落とした,名盤ライブの1枚だと思う。

  01. RESUME VARIATIONS
  02. HOMMAGE
  03. TOUCH
  04. MAURIZIUS
  05. TUBINGEN
  06. NOTES AFTER AN EVENING

(ECM/ECM 2015年発売/UCCE-1151)
(スリーブケース仕様)
(ライナーノーツ/パット・メセニー,エバーハルト・ウェーバー,原田和典)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

高中 正義 / タカナカ・カクテル5

TAKANAKA'S COCKTAIL-1 管理人が中学高校時代に高中正義を聴いていたのは7枚のLPと1本のカセット・テープと2枚のCD。で,就職で上京してからはLPは聴けなくなってしまった。つまりはキティ時代の名盤は全部聴けなくなってしまった。

 …で,CDを買うことになるのだが,高中正義のアルバムばかり7枚も買い替える気などさらさらなし。で,普段は買わないベスト盤で手を打つことを考えた。
 これがキティ時代のベスト盤『TAKANAKA’S COCKTAIL』(以下『タカナカ・カクテル』)の購入の経緯である。

 本当はLPで所有していたキティ時代のオリジナル・アルバムをCDで買い替えるつもりだったのに,実際に買い替えたのは,どうしても聴きたくなった『夏・全・開』と紙ジャケットになって再発された『SAUDADE』と『CAN I SING?』だけである。

TAKANAKA'S COCKTAIL-2 えっ? 怠慢ですって? そんなことは断じてありません。『タカナカ・カクテル』の選曲のセンスが素晴らしいだけなのです。

 もう30年も『虹伝説』と『ALONE』は『タカナカ・カクテル』で聴いていることになるんだなぁ。
 買い替えそびれた『TAKANAKA』と『JOLLY JIVE』はもう30年も聴けていないんだよなぁ。

 って『タカナカ・カクテル』の選曲理由は,アルバムからピックアップされた人気曲のベスト盤というよりも「シングルとカップリングのベスト盤」でしたねっ。ちゃんちゃん。

  01. JUMPING TAKE OFF
  02. 我ら星の子
  03. SEVEN GOBLINS
  04. THE MOON ROSE
  05. PENGUIN DANCER
  06. TO YOU
  07. CHILL ME OUT
  08. RETURN ACE
  09. SAUDADE
  10. NEPTUNE
  11. SUMMERTIME BLUES
  12. CRY BABE CRY
  13. EONA

(キティ・レコード/KITTY RECORDS 1984年発売/3133-24)
(ジャケット一体型帯仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ボブ・ジェームス / フォクシー4

FOXIE-1 サントリーTVCMと来れば,今でも“我らが”ザ・スクェア“我らが”伊東たけし出演の「サントリー・ホワイト」。【TRAVELERS】と【ALL ABOUT YOU】での「ネシロ」である。

 しかし,今でも忘れられない映像のインパクトで語るなら「リザーブ」の方。伊東たけしTVCMの前バージョンで放送されていたボブ・ジェームスの【マルコ・ポーロ】の方である。
 今でも【マルコ・ポーロ】が流れてくると,ホウキでエア・ギターを弾きながら踊り出すメイドさんの妖しい雰囲気の記憶がよみがえる〜。


 とにもかくにも【マルコ・ポーロ】なのである。自分の中で【マルコ・ポーロ】に関してはボブ・ジェームスというよりも,あの踊り子さんだし,サントリーなのだった。
 だから【マルコ・ポーロ】目当てで【マルコ・ポーロ】収録アルバム『FOXIE』(以下『フォクシー』)を買った。

 『フォクシー』収録の【マルコ・ポーロ】のフル・バージョン。これってマーカス・ミラーの後半,大盛り上がりするベースを聴くためにあると思う。
 名プロデューサーでもあるボブ・ジェームスが,マーカス・ミラーのために作ったベース・ラインの大名演として捉えても良い。管理人がマーカス・ミラーを初めて意識したのが【マルコ・ポーロ】であったと思う。

 多感な青春時代に【マルコ・ポーロ】に出会えて良かった。ボブ・ジェームスマーカス・ミラー伊東たけし〜。でもでも一番はあのメイドさんで決まりである。
 ( サンボーン・フリークとしてはデヴィッド・サンボーンソプラノサックスが貴重なのは当然! )

FOXIE-2 さて,肝心の『フォクシー』の評価であるが,正直『フォクシー』には【マルコ・ポーロ】以外にいい曲がない。
 平均点を超えてはいるが『フォクシー』の時点では,アナログ・シンセフュージョンからデジタル・シンセフュージョンへとサウンドも中身も変革しようとしているイメージが根強い。

 誰かとボブ・ジェームスの過渡期について語る機会があるならば,管理人は持ちネタとして“鉄板”【マルコ・ポーロ】1曲で語りきろうと思う。

  01. LUDWIG
  02. CALABAN
  03. FIREBALL
  04. ZEBRA MAN
  05. MIRANDA
  06. MARCO POLO

(CBS/ソニー/CBS SONY 1983年発売/35DP 92)
(ライナーノーツ/上田力)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

20170730 T-SQUARE LIVE NO.2

 「T−SQUARE CONCERT TOUR 2017 『REBIRTH』」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。

 『REBIRTH』が好きになって,再び安藤正容が大好きになってしまった管理人。本編もアンコールも最高のLIVE
 『REBIRTHツアーの詳細については,管理人以上に大興奮していたブロ友の LIVEレポート をどうぞ。

 …ということで,アドリブログでは『REBIRTHツアーの「おまけ」=管理人初めての「anmi2」の生演奏。
 ズバリ「T−SQUARE & anmi2 CONCERT TOUR 2017 『REBIRTH』」について書く。

 「anmi2」とは,安藤正容みくりや裕二によるギターデュオ。おおっと,福岡公演は淡谷のり子とクリヤ・マコトのユニットのことでしたね?

 管理人のスクェア・ファン歴は『LIGHT UP(BEST SELECTION)』からだから,既にみくりや裕二は脱退後。
 その後の「T−SQUARE SUPER BAND」にもみくりやさんは不参加ですから,今回のオープニングアクトが,管理人の人生初の生・みくりや裕二だったのです!

 …って,これを書いたら全部終了です! 後は事務所OKの(Wアンコール代わりの)「公式撮影会」でのお写真をどうぞ!
( 個人的に記念写真を撮れてそれはそれでうれしいのですが,伊東さんの「福岡最高〜」を叫ぶチャンスがなくなったのは微妙です )

T-SQUARE 2017 アンコール・公式撮影会-1

T-SQUARE 2017 アンコール・公式撮影会-2

T-SQUARE 2017 アンコール・公式撮影会-3


 「T−SQUARE CONCERT TOUR 2017 『REBIRTH』」の感動は言葉では言い表わせません。ということで田中晋吾のように「ちゃちゃっと終わらせて」もらいます? ← この発言にネギ臭かった晋吾くんへ会場から大ブーイング〜。
 いえいえ,そういうことではなくて,青木さんらが「SNSにUP可」→「SNSで宣伝してほしい」を全うしただけですから〜。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ後半のセットリストを報告しておきます。

続きを読む

20170730 T-SQUARE LIVE NO.1

 行ってきました! 7/30「電気ビルみらいホール」での「T−SQUARE CONCERT TOUR 2017 『REBIRTH』」!

 まずはLIVEレポートの前にCD批評の訂正をしよう。『REBIRTH』はいい!
 実は『REBIRTH』が気に入らずにCD棚に放置して数カ月。気乗りしないがLIVEの予習のために数カ月ぶりに引っ張り出した『REBIRTH』が“熟成”したのか? 本当にいいアルバムだと思うようになったのだ。

 だ・か・ら「T−SQUARE CONCERT TOUR 2017 『REBIRTH』」の楽しみは,旧曲以上に『REBIRTH』の新曲がどう化けるか?である。こんなウキウキ気分で新作目当てに聴きに出掛けたのは『NEXT』以来のように思う。
 
 『REBIRTHツアーに対する管理人の意気込み&本気度が伝わりますかっ。前日の「荒江団地祭り」をキャンセルして向かった社員旅行(とうか単なる大酒飲みの大宴会:数名ダウン)をウコンで乗り切りブチぎって,当日は日田から朝6時起きで自腹で一人早めに帰宅しました。酷暑で連日すでにお疲れモードでしたが,LIVEの夜も「おばんざい・菜な」での打ち上げ〜翌日はNASで2時間トレーニング〜さらに翌日は14人で大濠花火大会〜さらに翌日は妻が〇添の妻より傷に塩を塗られての号泣を慰めながらこちらがダウン。予定外の予定通りの過密スケジュールで睡眠時間が削られていく中で,数年に一度の「這ってでも向かったであろう」それはそれは楽しみにしていたLIVEだったのです。

 それくらいに頭の中は『REBIRTH(リバース)』が「REVERSEリバース」で「Wリバースカセット・デッキ」。 ← このダジャレ。会場の物販コーナーに行ったマニアなら分かりますよね!? 5万円が5千円の伊東たけし〜! 安藤正容ギターの音が太く聴こえる〜!

 今回の福岡公演の座席は2列目。しかも中央ブロック。大分のスクェア仲間に感謝。いつもなら自分自身の備忘録として座席番号を記しておくのだが,今回は T-Square Staff & PAGE をリンク貼付けさせていただきます。意味の説明は不要ですよねっ。

T-SQUARE & STAFF PAGE-2

 さて,まずは恒例のメンバー紹介から…

 ★ 安藤 正容 : Guitar
 ★ 伊東 たけし : Alto Saxophone,EWI,Flute
 ★ 河野 啓三 : Keyboard
 ★ 坂東 慧 : Drums
 ☆ 田中 晋吾 : Bass

 『REBIRTHツアーの主役は,実は前座(オープニングアクト)の出演者であった。
 メインの(冗談)anmi2のステージが終わったのに,T−SQUAREのステージに居残ってくれた安藤正容が『REBIRTH』する,ロック・ギターフュージョンライブ

 anmi2のステージを含め,ギターソロがなかったのは【かわらぬ想い】だけだったのでは? それもちょいと短いギターソロではないのです。ガッツリと(多分新調した)「漆黒のギター」でのメロディアスなアドリブが素ん晴らしすぎ〜! 【THROUGH THE THUNDERHEAD】での“キレッキレなカッティング”に乗せられてしまった。
 あっ,安藤さんの「印象的な」フレーズに伊東さんもついついつられてしまったそうですよっ。

 そしてこれまた伊東たけしアルトの生音がビシビシ響く〜。
 バラードなしの『REBIRTH』だから,何がバラードとして演奏されるか期待していたのですが,期待通りに【かわらぬ想い】キターッ! そしてこちらは期待以上の,伊東たけしの感情が込めまくりの大名演がハイライト!
 本田期からは唯一の演目となった【PLAY FOR YOU】でのフルート・バージョンも良かった。毎回フルートも聴きたいものです。

 そんな“絶好調”安藤正容伊東たけしの「御大二人」の掛け合いは,昨日の名古屋と全く違っていたようで「一緒に演ってる僕も楽しい」と語ったのは晋吾くんでしたが,会場中が「持ってこーい」でしたよっ(あっ,これってお祭り好きの博多ではなく長崎でしたね)。

 そうして個人的に最高にうれしかったのは坂東くんの不安一掃(FAN一層)のドラミング! 伊東さんのフルートでの横槍に負けずに務め上げたメンバー紹介コーナーでの新MC。定着するといいですねっ。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ前半のセットリストを報告しておきます。

続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.