アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

エリック・ドルフィー / アウト・トゥ・ランチ4

OUT TO LUNCH-1 エリック・ドルフィー唯一のブルーノート盤『OUT TO LUNCH』(以下『アウト・トゥ・ランチ』)を世評とは異なり管理人は評価していない。

 こう書くと駄盤だと思われるといけない。『アウト・トゥ・ランチ』の演奏は素晴らしいし,リハーサルをこなしたセクステット編成が細部までが練り上げられている。ブルーノートらしい音だと思う。
 しかし,そのカチッとした構成ゆえに音楽のレベルが高いのを認めるとしても,聴いて楽しいとは思えない。だから好きとは公言できない。

 管理人はエリック・ドルフィーはメロディーの人ではなくアドリブの人だと思っている。『アウト・トゥ・ランチ』のアドリブはそれほどではない。アドリブなら『アット・ザ・ファイブ・スポット』を聴くべきだろう。

 要するに『アウト・トゥ・ランチ』は,美味しいところがなくなった芸術作品であり,エリック・ドルフィーが「こじんまりとまとまっている」。アブノーマルな「お行儀の良さ」が鼻につく。
 そのせいか『アウト・トゥ・ランチ』でのエリック・ドルフィーって,結構,理知的なアドリブを吹いている。単なる激情の人ではなかったのだ。

 ゆえに『アウト・トゥ・ランチ』でのエリック・ドルフィーの演奏は新主流派のクインテットに迎えられた客演のようだ。サイドメン的な異色のアルトサックスが一音鳴れば,新主流派が“ひっくり返る”感じがする。

 暴言を吐けば『アウト・トゥ・ランチ』の音楽性の主役はボビー・ハッチャーソンの硬質で幾何学的なヴァイブであろう。ボビー・ハッチャーソン「世紀の大名演」の1枚として推薦したい。

OUT TO LUNCH-2 管理人の結論。『アウト・トゥ・ランチ批評

 『アウト・トゥ・ランチ』は,アウトローのエリック・ドルフィー最大の優良盤が裏目のアウトロー。
 まったく隙のない内容なのに,メロディーどころかハーモニー,リズムに至るまでその全てがことごとくアウトしまくりで,聴いてるこっちが吐きそうになるくらいのアブストラクト感。

 フリージャズ〜新主流派の名手たちが,こぞってエリック・ドルフィーの特異な音を共鳴させている。なんだか嗚咽が聴こえてくる気分になる。

  01. HAT AND BEARD
  02. SOMETHING SWEET, SOMETHING TENDER
  03. GAZZELLONI
  04. OUT TO LUNCH
  05. STRAIGHT UP AND DOWN

(ブルーノート/BLUE NOTE 1964年発売/UCCQ-9228)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/A.B.スペルマン,原田和典)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

テザード・ムーン / エクスピリエンシング・トスカ4

EXPERIENCING TOSCA-1 管理人のジャズ人生。キース・ジャレットトリオを選ばなかったなら「テザード・ムーン」を選んでいたのかもしれない。

 それくらい大好きな「テザード・ムーン」の『EXPERIENCING TOSCA』(以下『エクスピリエンシング・トスカ』)が難解である。
 『エクスピリエンシング・トスカ』はきっと名盤なのだろう。演奏は素晴らしいジャズ・ピアノである。でもどうにも感情移入できないでいる。

 理由は『TOSCA』にある。『TOSCA』とはジャコモ・プッチーニオペラのことである。
 だからオペラなど興味のない管理人でも『エクスピリエンシング・トスカ』を理解したいと思い『TOSCA』を見ました。しかもオペラのことに詳しい音楽仲間の解説付きで…。

 …で,オペラDVDを見た感想は『エクスピリエンシング・トスカ』とはつながらないなぁ。
 ちなみに『TOSCA』の終わりに,その友人T氏に『エクスピリエンシング・トスカ』も聞いてもらった。彼はジャズも嗜めるのだが「テザード・ムーン」の演奏は難しいそうだ。

EXPERIENCING TOSCA-2 だから管理人は『エクスピリエンシング・トスカ』を『TOSCA』とは無関係な菊地雅章ピアノ・トリオの1枚として楽しもうと努めてきた。

 でも薄々気付いている。『TOSCA』を超えなければ『エクスピリエンシング・トスカ』の凄さを見ることなどできないことを…。

 えっ,ジャズの次はオペラなのかっ!? オペラにハマってしまう前にどなたか『エクスピリエンシング・トスカ』の楽しみ方のご教授を!?

  01. Prologue
  02. Part I
  03. Part II
  04. Part III
  05. Homage to Puccini
  06. Ballad
  07. Blues for Tosca
  08. Part IV

(ウィンター&ウィンター/WINTER & WINTER 2004年発売/BOM-22197)
(☆直輸入盤仕様 ライナーノーツ/都並清史)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・ドルフィー / アット・ザ・ファイブ・スポット Vol.25

ERIC DOLPHY AT THE FIVE SPOT, VOL.2-1 エリック・ドルフィーのメインの楽器はアルトサックスなのだが,世間的にはフルート奏者,あるいはバスクラリネット奏者のイメージが強いように感じる。

 そんなフルート奏者のエリック・ドルフィーバスクラリネット奏者のエリック・ドルフィーの強烈なイメージ形成は『ERIC DOLPHY AT THE FIVE SPOT,VOL.2』(以下『アット・ザ・ファイブ・スポット VOL.2』)によるところが大きい。

 『アット・ザ・ファイブ・スポット VOL.2』でのエリック・ドルフィーは本職のアルトサックスを吹いていない。
 【アグレッション】ではバスクラリネットを吹き【ライク・サム・イン・ラヴ】ではフルートを吹いている。このアルトサックスからの持ち替えで名盤を作ったエリック・ドルフィーの凄さが伝わるだろうか?

 エリック・ドルフィーの吹くフルートバスクラリネットがまぁ凄い。怪物の登場のようである。ドスンと重いフレージングが軽やかに流れ続ける。何度聴き返しても本職のフルート奏者,バスクラリネット奏者以上の演奏力に驚愕してしまう。

 いいや,やっぱり聴き返すと,フルートバスクラリネットの細かな表現力はそれほどでもない。ただし,エリック・ドルフィーの伝える力,発信しているメッセージがメガトン級に重いのだ。

 どうしても耳から頭から離れないエリック・ドルフィーの驚異のフレージング。管理人はエリック・ドルフィーの吹くフルートバスクラリネットの奇抜なフレージングがどうやっても忘れられない。

 【アグレッション】の何分何秒とか【ライク・サム・イン・ラヴ】の何分何秒と言うわけではない。『アット・ザ・ファイブ・スポット VOL.2』はイメージとしてミニマル・ミュージックっぽいのだ。

 そう。エリック・ドルフィーは1曲1曲を大きなキャンバスに見立てて,そこへ木管楽器を筆として画を描いていくような芸術家に思う。エリック・ドルフィーの筆遣いは早い。瞬間的なタンギングが斬れ斬れで,サッササッサと筆を運んでいく。
 でも出来上がりを見てみれば,完璧な1枚の画が書き上げられている。右と左。上と下。前と後ろが非対称のようで調和しているのだった。常人には決してできない芸当であろう。

ERIC DOLPHY AT THE FIVE SPOT, VOL.2-2 管理人の結論。『アット・ザ・ファイブ・スポット VOL.2批評

 『アット・ザ・ファイブ・スポットVOL.2』のエリック・ドルフィーの魅力は,持ち替えのエリック・ドルフィーである。
 つまりアルトサックス奏者としては見せることのできなかった別の一面が解き放たれている。そしてそれこそが実は本当のエリック・ドルフィーなのではないか?と思わせるくらいに重く軽く強烈。決して脳裏から離れることのない衝撃波を放っている。

 エリック・ドルフィーアルトサックス奏者である。しかし,エリック・ドルフィーという名前を聞いて鮮明に思い浮かべてしまうのはフルート奏者のエリック・ドルフィーの方であり,バスクラリネット奏者のエリック・ドルフィーの方なのである。

  01. AGGRESSION
  02. LIKE SOMEONE IN LOVE

(プレスティッジ/PRESTIGE 1961年発売/VICJ-23512)
(ライナーノーツ/ロバート・レヴィン,悠雅彦)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

山中 千尋 / ユートピア4

UTOPIA-1 山中千尋ジャズ・クラシック・アルバムの第2弾が『UTOPIA』(以下『ユートピア』)。
 前回の『モルト・カンタービレ』が大好評。個人的にも『モルト・カンタービレ』の続編を期待していたので,今度は更に過激なアレンジで攻めてくるかと思いきや『ユートピア』には5年前に体感した“衝撃”があまり感じられなかった。

 勿論『ユートピア』もいい演奏ばかりである。特にモータウンな5拍子のビートがノリノリの【白鳥】には心底ヤラレテしまった。凄い&凄い。こんな【白鳥】を聴けるのは,世界中で山中千尋だけ!

 クラシックをカヴァーしたジャズ・アルバムと来ると,ジャズの特長であるリズムを変えるのがセオリー。『ユートピア』も山中千尋得意の「変拍子」の多投でガラッと印象を変えている。
 激変したリズムに耳も慣れ,いざメロディーに注意を向けていくと,ほぼオーソドックス。ここが何とももどかしい。山中千尋の個性であろう“遊び”の部分が薄いのだ。

UTOPIA-2 山中千尋の本気度を評価できるのは,曲の途中でピアノソロキーボードソロへの攻めた展開にある。ピアノキーボードによる語法の違いやズラシはあるが,1つの同じ世界なのに別々の世界が同居している感じがちーたんらしいのだ。

 弾き始めは有名クラシックを演奏しているつもりだろうが,やっぱり山中千尋は自身のオリジナル気分なんだよなぁ。そう感じるくらいにピアノキーボードを弾き倒している。
 これはアドリブではないよなぁ。全てが事前のアレンジであって計算されている。ここまでクラシックの所謂スタンダードを骨格の部分と上物の部分に分解し,壊してはならない柱には触らず,いじれる部分だけをいじり倒している。この「線引きの才能」が本当に素晴らしいと思う。

 一聴すると奇想天外なアレンジなのだが,何回も聴き込んでいくうちに実は緻密にアレンジされていることが伝わってくる。『ユートピア』はそんなアルバムだと思う。
 その視点で聴き返すと『モルト・カンタービレ』にも,クラシック出身の山中千尋ならではの教養の深さに説得されたことが分かるのだった。

UTOPIA-3 管理人の結論。『ユートピア批評

 『ユートピア』はクラシックも聞くジャズ・ファン向き,あるいはジャズも聞くクラシック・ファン向きであって,山中千尋ファンとしては,想定の範囲内での「なんでこうなるのっ」!的なアルバムである。

 …って『ユートピア批評も『モルト・カンタービレ批評の続編になっちゃいました。すみません。
 もっとちーたんのような深い解釈ができると良かったのですが『ユートピア』には正直,入れ込みが足りません。

PS 「UTOPIA-3」は販促用のクリアファイルです。

   CD
  01. Utopia
  02. La Piere D'une Vierge
  03. Mambo -from West Side Story-
  04. Rhapsody In Blue〜Strike Up The Band
  05. Le Cygne
  06. Piano Sonata No.4
  07. Orchestral Suite No.2 -Badinerie〜Ricochet
  08. Arpeggione Sonata
  09. I Loves You, Porgy
  10. Shinda Otokono Nokoshita Monowa〜Hope For Tomorrow
  11. Hungarian Dance No.5
  12. Songs My Mother Taught Me

   DVD
  01. La Piere D'une Vierge
  02. Rhapsody In Blue〜Strike Up The Band
  03. I Loves You, Porgy

(ブルーノート/BLUE NOTE 2018年発売/UCCJ-9215)
★【初回限定盤】 UHQCD+DVD

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー・カルテット / 真夜中のブルース4

BLUES AT MIDNIGHT-1 管理人はハロルド・メイバーンが大好きでエリック・アレキサンダー絡み以外でもハロルド・メイバーンソロ・アルバムも結構な枚数所有している。 ← ってハロルド・メイバーンピアノを一番聴いたのは矢野沙織ちゃんのアルバムで〜す。

 そんなハロルド・メイバーン・フリークとして自信を持ってお勧めできるのが,エリック・アレキサンダー名義の『BLUES AT MIDNIGHT』(以下『真夜中のブルース』)である。
 そう。『真夜中のブルース』は,エリック・アレキサンダーではなくハロルド・メイバーンを聴くためのブルース・アルバムなのである。

 『真夜中のブルース』でのエリック・アレキサンダーの出来は悪くはない。ブルースを題材に黒ノリの新境地にチャレンジしている。
 ただ悲しいかなエリック・アレキサンダーに感情過多は似合わない。オールド・スタイルは似合わない。自然発生的な極上のアドリブは吹き切れていない。

 いいや,エリック・アレキサンダーの出来が悪いのではなくて,ハロルド・メイバーンの出来が良すぎるのだ。
 …って,このままハロルド・メイバーン絶賛レビューを続けようかとも思ったが『真夜中のブルース』のリーダーはエリック・アレキサンダー“その人”であ〜る。

 ひとくちにブルースといっても,そこには様々なテイストがある。『真夜中のブルース』の選曲の中には,例えば12小節の繰り返しのテーマを持っていない,すなわち厳密なブルースではなく,ブルースっぽい曲も取り上げられている。

 そう。形式としてのブルースを基軸にすることによって,かえってエリック・アレキサンダーの持っているコンテンポラリーな個性がくっきり浮かび上がっている。
 ハロルド・メイバーンピアノ・トリオが生み落とす,大らかなスケールで絶妙なGROOVEに乗りまくるハロルド・メイバーンテナーサックスが『真夜中のブルース』の聴き所であろう。

BLUES AT MIDNIGHT-2 『真夜中のブルース』が証明するエリック・アレキサンダーの類まれな個性。エリック・アレキサンダーは保守的なテナーサックス・プレイヤーに違いはないが,ジャズのルーツやモダン・ジャズの伝統を大切にしながらも,様々な音楽的アイディアを盛り込んで,きわめて今日的な感覚で料理してみせる。

 ハロルド・メイバーン基準であれば星5つだが,エリック・アレキサンダー基準としては星4つの『真夜中のブルース』。それでも現代の「テナー・タイタン」エリック・アレキサンダーを「アレキサンダー大王」と呼ぶことに躊躇はない。

 個人的には『真夜中のブルース』から20年後のブルース・アルバムを早くも楽しみにしている。

  01. Sayonara Blues
  02. Hittin' The Jug
  03. Willow Weep For Me
  04. Dis Here
  05. Is It You
  06. Caribe
  07. Dance With Me
  08. St. Louis Blues
  09. Edward Lee

(ヴィーナス/VENUS 2013年発売/VHCD-1124)
(ライナーノーツ/岡崎正通)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 2000年度(第34回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は2000年度(第34回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ウィスパー・ノット★【金賞】. ウィスパー・ノット
キース・ジャレット


----------------------------------------------------------------------------

トリオ99→00★【銀賞】.トリオ99→00
パットメセニー


----------------------------------------------------------------------------

ローマからの手紙★【日本ジャズ賞】.ローマからの手紙
ケイコ・リー


----------------------------------------------------------------------------

ホールディング・バック・ジ・イヤーズ★【ボーカル賞(海外)】.ホールディング・バック・ジ・イヤーズジミー・スコット


----------------------------------------------------------------------------

KIMIKO★【ボーカル賞(国内)】.KIMIKO
伊藤君子


----------------------------------------------------------------------------

コンプリート・スタジオ・レコーディングス・オン・サヴォイ・イヤーズ Vol.4 (紙ジャケット仕様)★【編集企画賞】.サヴォイ創立60周年アニヴァーサリー・シリーズ


----------------------------------------------------------------------------

ベッドで煙草はよくないわ★【製作企画賞】.ヴィーナス・ミレニアム・ピアノ・トリオ・シリーズ


----------------------------------------------------------------------------

エラ・フィッツジェラルド〜サムシング・トゥ・リヴ・フォー〜 [DVD]★【最優秀ジャズ・ビデオ賞】.サムシング・トゥ・リブ・フォーエラ・フィッツジェラルド


----------------------------------------------------------------------------

BIRDLAND★【最優秀録音賞(ニューレコーディング)】.バードランド笹路正徳&LAオールスターズ


----------------------------------------------------------------------------

ブライト・アンド・ブリージー★【最優秀録音賞(リマスタリング)】.“ヘリテッジ・オブ・ジャズ”シリーズ(Riverside他)


----------------------------------------------------------------------------

ヨーロピアン・クインテット★【ニュー・スター賞(海外)】.ヨーロピアン・クインテットジェシ・ヴァン・ルーラー


----------------------------------------------------------------------------

ジャスト・ユー★【ニュー・スター賞(国内)】.ソー・ナイス/ジャスト・ユー小林桂


----------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットの『ウィスパー・ノット』が【金賞】受賞。

 キース・ジャレットが『ウィスパー・ノット』で“完全復活”ののろしを上げた。
 実は管理人のキース・ジャレットトリオの1枚は『マイ・フーリッシュ・ハート』が出るまでは,体調や季節の変化に合わせ『アット・ザ・ディア・ヘッド・イン』な時期があるにしろ,長らく『ウィスパー・ノット』が鎮座した。
 それ程までに強烈なスイング感と疾走感。キース・ジャレットが大爆発し,ゲイリー・ピーコックジャック・デジョネットキースに離されまいとして前がかりになって攻め上がっていく感じが素晴らしい。

 ところで今回は今までの1年1枚の掟を破っての【銀賞】『トリオ99→00』もお奨めする。パットメセニージャズ・サイドの活動の主軸であるギター・トリオの集大成。
 マニアックすぎないパットメセニーのポピュラリティーが素晴らしい。【銀賞】にして【金賞】と同格である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.